柑橘パッショナート

好きなことをアウトプットするためのビュッフェタイプブログ

映画

オシゴトガタリvol.11「”パラレルワールド・シアター”から感じるエネルギー」

オシゴトガタリ第ニシーズンといっても過言ではないわけですが、無事に2桁に入り、色んな方々に「やってくれませんか」と土下座したおしてイイヨー☆を貰って少しずつ時間を頂戴しながらお話を進めさせてもらっています。 ということで今回の内容についてです…

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を見ました

ドラゴンクエスト ユア・ストーリーが封切りになりました。 「ユア・ストーリー」として 総監督は山崎貴、監修に堀井雄二、音楽はすぎやまこういちと「スクエニが全面協力して作る映画版ドラクエ」っていう心持ちだったんですが、こう、イメージとすこしズレ…

語らぬ娘vs絶対言わせる母の仁義なき弁当バトル「今日も嫌がらせ弁当」感想

「今日も嫌がらせ弁当」という作品が公開されました。 本作の原作となったものについては以前TwitterはじめSNSで話題になっていて、まとめサイトで見かけて「お母さんすごいな~」って眺めていたわけですが、それが今回映画になったということで、”食べ物が…

僕らはみんな「生きている」の問いかけ/ポケットモンスター「ミュウツーの逆襲Evolution」感想

ポケットモンスター、縮めて「ポケモン」 人とポケモンが出会って交流を深めて、そしてさらなる高みを目指す。それが「ポケットモンスター」という世界。 この下りを聞いてイマクニ?のポケモンいえるかなを思い出す世代の私なわけですが、そんなこんなで今…

派手なアクションが見たくて「ザ・ファブル」を見てきました

「なんか猛烈にアクションがみたい」となった結果、先週金曜日からはじまっているV6・岡田准一氏主演映画「ザ・ファブル」を見てきました。 原作については未読の状態で、岡田さんに関してはつい先日「白い巨塔」での財前教授を演じていた印象が残る中でみて…

ウィル・スミスがジーニーの「アラジン」を見てきました/「人」になりたいジーニーを見た上で考える

昨今話題のディズニー実写映画「アラジン」を見てきました。 見てくる前に散々ウィル・スミス=山寺宏一氏ということがネタに…基話題になっていたので、しごく当然ながら山寺宏一=ドナルドダック=ジーニーという方程式がある自分にとって感慨深く逆に言う…

うたプリ映画をジャニオタ兼業の人が見ました/うたプリ「新時代」へ

うたプリこと「うたの☆プリンスさまっ♪」という作品があります。 アニメ化されて爆発的に人気が出た作品で「ドキドキで壊れそう1000%Love!」という導入曲に関しては2次元オタク界隈でそりゃもうネタになった。散々ネタになった。驚くべきネタになりっ…

ポケモンダイレクト世代が「名探偵ピカチュウ」を見てうっかり泣いた話

みんながみんな目下話題になっている今日このごろの「名探偵ピカチュウ」を私ものるっきゃないこのビッグウェーブにという感覚でいそいそと見てきました。 もともと予告編を見て「は~~シオシオぴかてうさん最強かよ可愛いか~???」ってなっていたのもあ…

「名探偵コナン紺青の拳」を見たらみんな人類やめてた件

毎年「名探偵コナン」は見に行こうとしているんですが、昨年の「ゼロの執行人」がめちゃくちゃ話題を呼び”安室の女”(※登場人物の安室透から由来)という存在がインターネット上に爆誕していたわけですが(実際のところは、それよりも前の段階で話題になって…

「キングダム」を見てきました/2.5のスケールの難しさと楽しさ

ちょっと時間があったのと見てみたかった気持ちがあり、映画「キングダム」を見てきました。 映画館は満杯で流石の注目作だなと感じつつ横でアベンジャーズやっていて、アベンジャーシリーズを知らない私でもすごい人気を感じていました。しっかり作品を追っ…

「少年たち」が伝えたかったこと、見せたかったことを考える

毎月1日は映画の日!ということもあり、映画を見るように出来るだけ心がけているのですが、今回ちょうど1日は平日だったので「さてどうしたもんかな~~と考えておりました。ら、結果。 「ちょうど“少年たち”やってるよ」と友達に教えてもらったので、それな…

「バンブルビー」にくすぐられるのは母性か冒険心か

トランスフォーマーシリーズでもおなじみ「バンブルビー」が日本でも公開されました。 それに伴い、今回友人に「舞台挨拶も合わせて見られる映画のチケットがここにあってな」と教えてもらって見に行ってきました。なので今回は吹替版で視聴。 映画はどちら…

「ベタ」は「王道」として、平成最後を駆け巡るにふさわしい「シティーハンター」を見てきました。

「お前何回アスファルトタイヤ切りつけるんだ…」って毎回毎回ネタにされるわけですが、それぐらいGet Wildという曲には魅力が詰まっているんだと思います。 ということで、話題になりすぎて久しい劇場版「CITY HUNTER」を見てきました。 シティーハンターに…

「ねことじいちゃん」の優しくて、穏やかで、ちょっと切ないかんじ。

2月22日(にゃんにゃんにゃんの日)に公開された「ねことじいちゃん」という映画が前々から気になってまして、映画好きの友人に「暇ならどうでしょう」と誘われたものを二つ返事で行ってまいりました。 猫よりも犬派なのですが、猫も勿論好きだし、穏やかな…

オールアジアンキャストで挑む「クレイジー・リッチ!」の王道と新しさの組み合わせ

先日ようやく「クレイジー・リッチ!」という映画を見終わりました。 前々から話題になってはいたものの何かとタイミングが合わなくて「今日こそは」を続けていたらこんなことに…。 設定を聞いたときは「なるほどラブコメかな」「シンデレラストーリーと思っ…

「フォルトゥナの瞳」を見る運命を選ぶこと

ちょっと用事があって2時間30分ぐらい時間潰さなきゃいけないことがあったんですけれど、カフェで2時間30分ってぶっちゃけTwitterするかソシャゲするか記事のんびり書くかあたりぐらいしか思い浮かばないわけで。 そういうときに「程よく時間が潰せて非現実…

「TAG」を見て「子供らしさが死んだとき、その死体を大人と呼ぶ」という名言を思い出す

ちょっと映画をみたいなと思っていたんですが、たまたまTSUTAYAにいったら「TAG」があって、説明見たら面白そうだなというノリと勢いで借りてみました。 で、せっかくなのでその感想をつらつらと。 鬼ごっこしよーぜー!!!って映画 ※いつものことだけど映…

「映画 刀剣乱舞」をゲームの二次創作として見てきた人の感想

刀剣乱舞についてどこまで知っていますか、という問いかけをされたとして「大体は」と私は答えると思います。 理由としては、もともと刀剣乱舞というゲームが出るというころ話題になっていたし、何より私はもともと二次元の民をしていたからです。 で、最初…

「マスカレード・ホテル」のフジテレビ感がすごかった

鉄腕DASHや帰れま10といった人気バラエティ番組に最近木村拓哉氏がよく出ているわけですが、木村拓哉氏といえば、SMAP、キムタクとして一時代を風靡したお人です。最近はお嬢さんも話題ですが、彼自身もよくよく耳にしたり、拝見したりしています。 ここ最近…

「アイ・フィール・プリティ!」を見てきました/自意識過剰なぐらいがちょうどいいのかもしれない

昨年12月中頃ぐらいに、とあるドラマのタイトルが炎上したわけですが(ちなみにそのメインを張る主演の方は朝ドラでもいろいろ大変だった記憶がある。なので個人的に頑張って欲しさがある)、そに対して「そんな自分を下げるような気持ちよりアイ・フィール…

「シュガー・ラッシュ:オンライン」は依存→自立の物語でした

今年の年明け一発目映画に「シュガー・ラッシュ:オンライン」を見てきました。 前作の「シュガーラッシュ」はじゃあ見たのかって聞かれると「いや見てない」って流れだったんですが、ざっくりの認識を知った上で見て来ました。 見た上で思ったのは「ディズ…

「ボヘミアン・ラプソディ」をフレディー・マーキュリーの命日に見てきました

昨今話題になっているQUEENの(というか、フレディー・マーキュリーの)映画「ボヘミアン・ラプソディ」を見てきました。 まっっっったく意図していなかったのですが、この日はフレディー・マーキュリーの命日(11月24日)だったらしく、前日にチケット取っ…

うっかり棚橋弘至選手に興味を持っちゃった話

唐突極まりないタイトルと内容です。このブログでプロレス話題になることめったにないのにこれである。 突然のデレマスはじめましたからの数日後、そこには「プロレス面白そう」とか言い出す甘夏の姿が!!また首を突っ込み始めたぞ! ということで、ここ数…

「カメラを止めるな!」が話題になりすぎてるので見てきました

映画好きの友人に「カメラを止めるな!」は見ていいと思う。良い意味でB級映画として楽しめると言われていたのですが、そのまま「まぁ予定調整しながらレディースデーにでもいくかな」と思っていたわけです。 思っていたらトントン拍子でえらいことになって…

「プーと大人になった僕」感想録/とても大切なものは近くにある

聞いてください弊サイト、なんとびっくりよくバズってる&お世話になっている方のブログに「お前のブログ読んでるからな」宣言をいただきました。 www.jigowatt121.com 正直めちゃくちゃ有名な方だし、特撮も好きだし映画も好きなもんですから「ア~~~その…

お腹が空く、美味しい作品を5つ紹介させてくれ

小説を読む機会が以前より減少傾向にあるのですが、もともと私は食いしん坊部類にカテゴライズされる人間なので(最早ブログで隠す気ない)、「私が読んでお腹がすいたわ~」な本を並べてみようと思います。 コミックスもアニメーションも小説もエッセイもい…

痛みを伴いながら彼らは進まざるを得ない/「わがチーム、墜落事故からの復活」感想録

サッカーワールドカップがフランス優勝で幕を閉じました。ちなみに私はベルギー推しだったので3位決定戦に一番湧きました。それはそれとして、先日から公開されている「わがチーム、墜落事故からの復活」がどうしても気になって まるでサッカーに興味ない友…

「羊と鋼の森」を見てきた感想まとめ

先日山﨑賢人主演の「羊と鋼の森」を見てきました。 ざっくりとその感想をこれから書こうと思っているんですけれど、とりあえず盛大にネタバレしているのでご注意ください。 言いたいことは「ほっかいどうはでっかいどう」ということは主張していきたいと思…

兎と人による仁義なき戦い「ピーターラビット」感想録

Twitterで「安室を100億の男にする」という単語を散見している中で、見たい映画があるのに梅雨入りでもうダメだーってゴロゴロしていたのですが「ピーターラビットのおはなしが想像以上にヤバイ」という口コミを聞き、なにそれ超面白そうというはやりに乗…

「ラスト・ホールド!」の良いところ気になるところ

様々な映画が封切りになっている中で、先日「ラスト・ホールド!」が始まりました。色んな雑誌やテレビで番組宣伝をしているおかげで塚田僚一さんを見る機会が多く、「金髪筋肉塚ちゃんです!*1」という言葉を耳にすることが増えたように感じます。 塚田僚一…