柑橘パッショナート

インプットとアウトプットを繰り返すごちゃまぜスタイル

文章を書く人の「準備運動」を模索中

絵を描く人の「ジェスドロ」「ワンドロ」が、文章を書く人にもないか。良い準備運動はないかを模索しました。

【東京・淡路町】カクテルじゃなく”モクテル”を「Low-Non-Bar」で

東京淡路町(秋葉原)にあるモクテルバー「Low-Non-Bar」でハイクオリティモクテルを楽しんできました。

【大阪中崎町】レトロかわいい「太陽ノ塔洋菓子店」のタイヨウノカンカン&スワンケーキ

大阪中崎町にある「太陽ノ塔」の洋菓子店でスワンケーキやタイヨウノカンカンなどレトロかわいいスイーツを堪能してきました!

給食が好きだったというエトセトラ

学校給食の昼食という時間が楽しみだった人の回想録。ただの思い出ともいう。

【6月17日:37歳】五関晃一さんの誕生日に合わせて『似合う酒とおつまみ』を考える

五関さんお誕生日おめでとうございます。37歳という転換期の中でアイドルとして10周年を迎えられ、いろいろなことを考えているのだろうな、と思いつつこのブログを記しています。 ということで、このブログでは例年なにかテーマに沿いながらせっかくだから記…

トイ・ストーリーホテルの予約を取って行ってきました

できてまだ間もないながら、予約が取れたのでトイ・ストーリーホテルに友人と泊まってきた感想です。

ミュージカル「スワンキング」初日感想/”認めているのは才能であり、その人個人ではない”というジレンマ

A.B.C-Z橋本良亮主演、バイエルン国王ルートヴィヒ2世のワーグナーとの出会い、そして逝去するまでの人生を日本初のオリジナルミュージカルとしてG2が描いた、その感想になります。

【東京お台場】チームラボボーダレスに行ってきました

「チームラボ」という単語を聞いたことがありますか。豊洲やお台場でデジタルコンテンツを駆使して会場全体でプロジェクションマッピングや「音」「光」などエンタメとして楽しめるステージにしている会社さんです。 そのお台場にある「チームラボボーダレス…

願わくば、大団円「Forever Plaid 2022」感想

2回の公演をふまえ、今回ついに大団円とばかりに華やかに好演されている「フォエプラ」ことForever Plaid。幻の公演になってしまった2021年を経て、ブラッシュアップして作られる彼らのハーモニーを楽しみにしていました。 www.forever-plaid.com フォエプラ…

【オシゴトガタリVol.35】”布施明”という熟成しながら進化する音楽

大物アーティスト「布施明」さん。 今回は、ファンのまっぷぅさんから色々あれこれ教えていただきました! お名前は知っているけれど詳しくない、を「少しだけ知っている」に変える企画。それがオシゴトガタリです。

【東京・中目黒】「HAUTE COUTURE・CAFE」の春~初夏限定、藤をコンセプトにした紫メニュー

季節はあっという間に初夏を迎え、じめっとした梅雨の足音が聞こえてきますね。大型連休は皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。あまりにも時差なのですが、私は趣味の友人と東京中目黒にある「オートクチュールカフェ」にてアフタヌーンティーをしてきまし…

にじJ1クラブコラボを契機に伏見ガクさんを応援したい清水サポの話

最近Vtuberを周りの人たちに教わりながら楽しませてもらっています。 私が知っているVtuberといえば友人(このブログのアイコンやアイキャッチを描いてくれている伊於さん)が好きな「社築」(やしきず)さんとかぐらいなもので、本当に「ふわっと」しかしら…

「next to normal」から考える「”普通”ってなんなんだ?」

「next to normal」がシアタークリエで上演されました。 本作について、自分は前知識がないまま「ブロードウェイで行われていた作品」としての認識で待っていたところ、幸運にも初日と他数公演を観劇することが叶いました。 ということで「前知識0」で見に行…

走り抜ける6人を目に焼き付ける「Guys」 写真展行ってきました

V6が解散して暫くが経ちました。世の中は着実にいろいろが動いていて、その波に揉まれながら「まるで何事もなかったかのように地続きで」続く彼らの様子も楽しませてもらっています。 そんな中ですが、岡田准一さんの写真集に合わせた写真展が行われました。…

年代を感じさせないパワー・布施明氏のライヴツアー感想

「布施明さんのライヴツアーがあるんだけど行きませんか」というお誘いを受け、丁度予定が空いていたこともあり二つ返事で友人と行ってきました。 今年のライヴ・コンサートの最初が布施明さんになるとは思っても見なかったです。丁度布施さんについて最近教…

【東京・等々力】パティスリー・アサコ・イワヤナギのホールケーキでお祝いしました

パティスリーアサコイワヤナギといえば言わずとしれた洋菓子店。岩柳麻子さんが2015年に東京都世田谷区等々力でオープンしたケーキショップ。最寄り駅は等々力駅です。いつか行きたいいつか行きたいと言い続けていたところ、やっと行く機会があってようやく…

いちご菓子専門店「AUDREY」でいちごのティータイムを!

東京駅の銀の鈴の前にAUDREYがオープンして以降一度はいってみたいと思いつつも、その人気度合いに大体お店にいったら完売ということを繰り返していました。 が、丁度人へのお土産を購入しなければならないタイミングがあり、ようやく購入できました! ざっ…

2022年2月1日 A.B.C-Z10周年への感謝の気持つらつら

「えびの10周年」こと、A.B.C-Zが10周年になりました。おめでとうございます

東京駅でご当地A.B.C-Zを見られるので行ってきました

普段広告が出ても「見に行こうぜ!!」とはならないのですが、今現在、東京駅の中央通路の各線へ向かう階段・エスカレーターにて、47都道府県のA.B.C-Zからのメッセージつきのパネルが飾られているということで、行ってきました。 その昔うたプリでそういう…

A.B.C-Z 「ミルクマジック」に倣ってミルクを使ったレシピをやってみました(K~R編)

12月から始まったミルクマジックシリーズ。今回はK~Rを全部やってみました!

【埼玉・大宮】自販機で買える「ショートケーキ缶 chou-chou」

PR TIMESグルメをフォローしていて、開店情報や新しい情報を見ては「行きたいなあ」ということを繰り返しているのですが、大宮で「ショートケーキ缶」を販売開始したというニュースを見たので行ってきました。大宮、案外都心からそんなに時間がかからないの…

【スターバックスコーヒー】生チョコを使った「トリプル 生チョコレート フラペチーノ」

スターバックスコーヒーが新作を販売開始しました。バレンタインシーズンだと必然的にチョコレート系になりますが、2022年は「トリプル生チョコフラペチーノ」だそうです。あわせて同シーズンには「ベイクド&クリーミー 生ホワイトチョコレート フラぺチーノ…

【東京・吉祥寺】芙蓉亭跡地に「ムレスナティー東京」オープン 紅茶とスコーンを楽しむティールームも

吉祥寺に昔からあるレストラン「芙蓉亭」が昨年クローズドしてしまいました。その場所に新たにオープンしたのはムレスナティーハウス東京。 ムレスナティーに関しては様々な場所で茶葉を購入することができて、その独自性あふれるお茶の煽り文句に「ラッパー…

【オシゴトガタリVol.34】オンラインゲーム「Among Us」で推理バトルを繰り広げよう!

2022年に入り、昨年ためにためていたオシゴトガタリも着実に話を聞いていた中でようやく形になりそうです。ありがとうございます。書籍化どうなったというお話はですねすでに400ページ突破しているせいでパソコンが悲鳴あげていて完全に動かせなくなってきま…

【東京・桜新町】小川珈琲が起こすコーヒーとのイノベーション「OGAWA COFFEE LABORATORY」

桜新町に京都の小川珈琲がやっているコーヒーとのイノベーションできるお店があるということを聞いて行ってきました。 いつも行くコーヒーショップの方に色々最近教えてもらっていて、興味はありつつも、「具体的にどのぐらいのものが好きかと言われると、酸…

スターバックスコーヒー「ほうじ茶meetsキャラメルクリームティーラテ」

毎月といっていい頻度でstarbucksさんは新作が出ますが、今季はちょうど「烏龍茶」や「ほうじ茶」といった「ティー」との組み合わせが主になっていました。 以前ほうじ茶フラペチーノを飲んだな、という記憶があったのですが(調べてみたら3年前でした……)、…

長野君発の番組「長野博の極めしモノ 羊肉編」に橋本くんが出た雑感

現在ひかりTVで放送されている「長野博の極めしモノ」にA.B.C-Z橋本良亮くんが出ました。そしてそれがテレビ東京でも放送されました! ラム、マトン、そして更に…!? 放送内容はひかりTVのほうが前後編と1時間となっていて完全版、テレ東は基本的には「呼び…

井ノ原くんと橋本くんと塚ちゃんの共演する「出没!アド街ック天国 川崎大師」雑感

年明けに橋本君のお仕事が続いているなぁと思っていたのですが、このリリースを聞いて飛び跳ねました。そう、私は井ノ原快彦さんがジャニーズ事務所の入り口の女です。今でこそ主軸になっているのは橋本くんではありますが、それでもやっぱり井ノ原くんのこ…

カテゴリー配置に悩む話

現在、弊ブログ「柑橘パッショナート」では大体をざっくりにわけたカテゴリを設置しています。 が、そのうちの一つ、わかりやすく言うとV6なんですが――……「V6」というグループはすでに解散しており、ただ一方で一人ひとり、森田さんはジャニーズを離れた形で…

音楽と騒乱で紡ぐミステリー・サスペンス再び!「Murder for Two」

以前「Murder for Two」が公演された時、有り難くもチケットを確保出来てお伺いしたのが何だか懐かしいです。 今回は坂本昌行さん、海宝直人さんの二人による形で、前回とはまた違う形で彩りを変えて見せてくれました。 今回は場所をBunkamuraに移しての公演…

TOP