柑橘パッショナート

インプットとアウトプットを繰り返すごちゃまぜブログ

【香港・マカオ旅行】アジアと西洋が交わる場所・マカオを散策してみよう!

前回に引き続き旅行日記となっております。

9月末に友人とふたり「なんとかなる」という勢いでの旅をしてきました。

その流れについては過去2つの記事を参照。

amanatsu0312.hateblo.jp

amanatsu0312.hateblo.jp

 タイミングがハロウィンだったこともあり全体の空気があっちもこっちもハロウィン。

 

\ウェルカルムトゥハロウィン/

f:id:amanatsu0312:20190904151842j:image

ということでそんなこんなの旅の感想になります。

あんまり参考にならないとは思いますが自分たちが満喫した内容、ということで。

 

 

 

- スポンサーリンク - 

 

 

香港からマカオ

行き方を調べたらフェリーを使うものもあったのですが、せっかくなので新しく出来た澳門にむかえる「港珠澳大橋」を使ってみることにしました。

ディズニーホテルのベルボーイさんに道順を聞いたらタクシーの運転手さんに場所を伝えてくれました。

で、運転手さんも「俺はじめてここ来たわ」っていいつつ案内。とても優しくてかつ安全運転でした。お互い初めての場所とかめっちゃ緊張しますよね。カーナビとiphoneでの道案内の電話相手に色々頼ってアテンドしてくれました。ありがたい方でした。

f:id:amanatsu0312:20191002155059p:plain

めちゃくちゃ「大丈夫かな…?」となる三人の様子

ついたのはバスターミナル。

実際バスターミナルはめちゃくちゃ大きかったです。新宿バスタみたいなものかなっていうイメージがあったんですが、それ以上に大きくてわかりやすく言うと空港っぽさがありました。おしゃれ。なんかドームとかちょっとしたスポーツ競技場みたいなかんじでした。

f:id:amanatsu0312:20191002155245p:plain

想像より余裕ででかい

上を見上げなくてはならないこのなんともいえぬサイズ感。

中に入るとパスポートをみせるところがさらっと有るのですが人が少ないこともあって有人の所でやってほしいとのことでした。めっちゃあたふたしてたらマダムが非常に優しかった。チケットは有人のところでやっぱり買えます。

ちなみに中ではいろんなものが販売しているエリアがあって、いわゆる「薬局」タイプ(何故かわからないけど圧倒的日本語のものがいっぱいあった。贅沢ジュレがあったのは笑いました)、ごはん屋さんなどがありました。

f:id:amanatsu0312:20191002155416p:plain

しかし見覚えがありすぎる「サークルK」の文字やどっからどうみても日本食なおにぎり屋さんがあるのは流石に二人して「???」ってなっていたものです。

 

f:id:amanatsu0312:20191002155756j:plain

すっごい見覚えがあるあれでそれ



f:id:amanatsu0312:20191002155752j:plain

f:id:amanatsu0312:20191002155706j:plain

f:id:amanatsu0312:20191002155652j:plain

安心しかしないやつ

香港・澳門を見た感想なんですけれど、比較的サークルKが多いのかなって印象です。

以前北欧に足を伸ばしたときは圧倒的セブン-イレブン一人勝ちって印象だったんですが…ちょっと見てて面白かったです。



f:id:amanatsu0312:20191002155748j:plain

ぴぴっとするやつ。

これを押して開く、イメージするとsuica的な…?

f:id:amanatsu0312:20191002155739j:plain

チケットはこちら。お会計は香港ドル

QRコードをちゃんと合わせていってくださいって言われて「すごいな~ハイテクだな~」ってぼんやり思ってました。ペーパーレスにスマホとかからもいけるようになるのかなとも思ったり。

f:id:amanatsu0312:20191002155641j:plain

バスは2階建て

バスは2階建てでした。それにのっていくのですが驚いたのは「LCCより広いやんけ…」でした。おかげでうっかり熟睡しそうになった。

f:id:amanatsu0312:20191002155657j:image

ということでゆらり揺られて橋を抜けていきます。

f:id:amanatsu0312:20191002155859j:plain

広くない????えっ広くない??

所要時間1時間でいけると思ったら香港と澳門、そしてマカオと中国の近さってすごい至近距離だからうっかりちょっと買い物いってくるわ~でいける距離なんだなーっていう以外さ。こう、私がエスパルスの試合に東京から静岡いくのとそんなに変わらないのかなって思ったら「そっか~」の気持ち。片道5000円ぐらいだったらそりゃ行っちゃうのかもしれない。
f:id:amanatsu0312:20191002155644j:image

 

f:id:amanatsu0312:20191002155743j:image
f:id:amanatsu0312:20191002155648j:image

 

ということでマカオにやってきました。


f:id:amanatsu0312:20191002155702j:image

マカオタワーもあってなのかマカオのマスコットキャラクター。

国鳥なのかな。愛嬌ある顔をしていますね。


f:id:amanatsu0312:20191002155752j:image

ということでここから「どうやっていくんだ…」ということでオロオロしていました(笑)

 

シティ・オブ・ドリームスに港珠澳大橋からいこう

とりあえず「どうやっていくんだこれ」と首をかしげていたのですが、調べてみるとシャトルバスで無料で「タイパフェリーターミナル」というところまでいけるバスがあるようで、そこにまず行きました。

で、そこにいったら今度は各ホテルに向かうシャトルバスがあるようです。

「どれ?どれ?」ってなっていたのですが、シティ・オブ・ドリームスとでかでかと銘打ってるのですごくわかりやすかったです。
f:id:amanatsu0312:20191002155801j:image

大きく書かれていました。各自ホテルの名前が大きく書かれているバスがあるので、ぱっと見てわからなくても少しいるだけで「あっこれだ」ってさっくり乗れます。

 

ちなみに帰りもそれを活用させてもらいました。このとき香港→澳門の行き方はいろんなサイトにあったんですけれど、帰りのやりかたがぜんっっっっぜんネットでも見当たらなくて「なん・・・だと・・・」と混乱していたのですが日本語で体験されている方がいらっしゃいました。すごい助かりました……ありがとうございます…。

 

▽参考サイト

wisdom21.info

 

 

シティ・オブ・ドリームスに行きました

とりあえずシティ・オブ・ドリームスについてみたのですが、ビルがあまりにも派手。すごい派手。めっちゃ派手。言える言葉が「マカオ派手だなあ」っていう印象でした(笑)

我々はグランドハイアットマカオに宿泊すべく、とりあえずチェックインをさせてもらいました。

 

グランドハイアットマカオ

日本でもいろんな場所にあるグランドハイアットさん。日本語スタッフもいらっしゃるということで多分なんとかなるという理由でお伺いしてみました。

f:id:amanatsu0312:20191002162937p:plain

全面ガラス張り

反対側のビルがめっちゃ反射して見えるのが面白い。

f:id:amanatsu0312:20191002162027p:plain

派手!!!!

とりあえずシティ・オブ・ドリームスについて即荷物を置きに来たんですが、ロビーが早々にすごい派手だった。

上が雲で、そこから豊穣の雨?がばーっと落ちてきて、その一番下に雨だれの石があるようなかんじ。一番下には水があふれている形になってました。

f:id:amanatsu0312:20191002162205p:plain

何度見てもちょっとなるほどわからない

「すごいなー」「派手だな」っていいながら中に入りました。

グランドハイアットマカオは2つの塔に分かれていて、いわゆるクラブラウンジとかがある塔と、そうじゃない塔でした。

 

f:id:amanatsu0312:20191002163035p:plain

めっちゃ広い

ちょうど目の前のウィンマカオの噴水ショーが一望できるエリアでした。

もれなくなんか銃撃戦みたいなバーンバーンという派手な音が鳴りまくってて面白かった。

f:id:amanatsu0312:20191002163415p:plain

お風呂場

めちゃくちゃ大きな鏡がありました。後お風呂場ガラス張りになってるの「どうしてそれを選んだんだ」というツッコミを入れたくなるのは日本人だからですかね金持ちの発想がわからない…わからない…(笑)

f:id:amanatsu0312:20191002163516p:plain

アメニティ

こちらアメニティのボディーソープ、シャンプー、コンディショナー。ムスクで良い香りでした。非常に好みな香り!

 

f:id:amanatsu0312:20191002163642p:plain

ミニバーほか諸々

以前は出前一丁が置かれていたと聞いたのですが残念ながらおいてなかった。

このへん食べると後で請求されるのでそっとしておこうぜ!!っていう(笑)

なんか全体的にバッチバチに決め込んではいるけれども「派手!!」「金持ち!!」「ドーン!!」というかんじではなかったので居心地良かったです。過ごしやすかった。

f:id:amanatsu0312:20191002163813p:plain

廊下。落ち着いてる

また、クラブラウンジもあったのですが今回は利用せずにいきました。

しかしマカオのホテル調べたら皆大体贅をつくしまくっているので某友人に写真めっちゃ送りつけたら「金がありあまりすぎて斜め上いきすぎてる……」って言われました。ティーンズ小説で見るやつみたいな世界だなって言われたのは流石に笑いが止まらなかった。大富豪そのうち出てきちゃうやつだやめて差し上げて。

 

で、グランドハイアットの中には中華料理のお店が2つあり、ご飯もじゃ食べるか~となって早々にランチにいくことに。

 

グランドハイアット内「満彩堂~Beijing Kitchen~」

f:id:amanatsu0312:20191002164124p:plain

お伺いしたBeijing Kitchen

うっかり「べいじんぐ」って呼んでしまいますが「べいじん・きっちん」が正しい様子。ロビーの横にある中華料理屋さんです。

入ってすぐはずらーっとお茶が並んでいました。

f:id:amanatsu0312:20191002164349p:plain

見てるだけでも楽しい

お店の雰囲気としては非常に落ち着いていて(ランチ時は混んでそうだけど)夕食時はライヴ感を楽しめそうなお店だなって感じました。

 

f:id:amanatsu0312:20191002164431p:plain

お店の中

色合いは全体的に「赤」がメインでクラシカルな雰囲気。メニューは基本英語がちゃんと添えられているのでそれを見ながら確認が出来ます。

今回は「麻婆豆腐」と「酸辣湯」をチョイス。この人達また酸辣湯食べてる。

 

f:id:amanatsu0312:20191002164525p:plain

麻婆豆腐と酸辣湯

とりわけ皿をもらって二人でシェア。

麻婆豆腐がちゃんとぴりっと辛くて個人的に満足しっぱなし。友人も酸辣湯にニコニコしていました。しかし二人して酢の消費量がおかしい気がしないでもない。

f:id:amanatsu0312:20191002164834p:plain

こう…なんか…よくわかんないけど美味しかったやつ(?)

湯麺でいわゆるらーめん的なものを想像していたら違うものがきたけどお店的に推しの一つらしいお料理。

冷やし中華のようなでもあったかい、面白い味でした。「スープ」って書いていなかったから汁なしなのはそりゃそうだって話なんですよね(笑)でもタレと合わせて混ぜ合わせていくと非常に美味しかったです。名前なにか忘れたけど。

 

ここからシティ・オブ・ドリームスを散策しようぜがさらに始まるのですが、センターにどーーんと大きくカジノ!!ってあって「カジノどうするよ」ってなったんですが、昼間っからカジノはな~絶対初心者(笑)って持っていかれて終わるよなあって見送ってました。なのでせっかくなのでシティ・オブ・ドリームスを散策。

シティ・オブ・ドリームスはざっくりいうとホテルが連なっていてぶち抜いて歩けるかんじになっているので室内で物事が済むという楽さ。

 

カウントダウンホテル

ロビーの前にはカウントダウンをしている数字がどーんとありました。

f:id:amanatsu0312:20191002165518p:plain

カウントダウンしてる

3の人がひたすら動いている一方で5の人が暇そうに何度も書き足しているのが印象的でした。なんのカウントダウンなのかいまいち分かってないですけど見てて面白かったです。

 

ショッピングモール

ブランドのショッピングモールがずらーーーっと並んでいます。

百貨店で見るお店もあれば「いいなー」って見送るお店も多種多様。

こう…すごい元も子もない事を言うと「イオンショッピングモールの全部ブランドバージョン」みたいな。ららぽーと的な……あんなかんじ……。

歩いている人はプラダ!!!シャネル!!!どーん!!GUCCI!!!!とめちゃくちゃ全身どーんと華やかなブランドを身にまとっていて「すごい世界だなあ」「金持ちはいるんだなあ」っていうことを突きつけられたような気分でした(笑)

ただ、見てる分にも楽しくて、例えば「金塊のおもちゃをたんまり乗せた車」とかがおいてあったりしました。な、成金!!!!!(笑)人生で一度やってみたい成金ごっこができるぞ!!!ごめんなのび太、これ3人乗りなんだ的な!!

 

また、車のエリアの入り口が印象的。

f:id:amanatsu0312:20191002165947p:plain

オレンジ仕様。派手

あるものがスポーツカーだったり自転車だったり、色んなものがあったんですが「これ買う人いるの?」っていうのがずらっとあって。でもまぁ「SOLD OUT」のシールはられてるのもあったので買う人いるんだろうなあ…って圧倒されてました。フェラーリのコーナは実質徹子の部屋感があって面白かったです。

f:id:amanatsu0312:20191002170101p:plain

見てるだけで目がチカチカしそう

f:id:amanatsu0312:20191002172701j:plain

カラフルなエリアもありました。日本人?が作ったとかなんとか

また、このカラフルなエリアは色んな人がくるという意味が込められてるとかで多様性を象徴してあるらしい。だから和風であり洋風であり中華要素も入っているのかなと。作った方は日本人?らしいです。

モーフィアス

2018年にオープンしたばかりの新進気鋭の新しいホテル。

かかった金額聞いて「なるほど意味がわからん」ってなったんですが、エリアとして見ていても楽しかったです。

入った瞬間から「シャレオツ~~!!」ってなるこのかんじ。派手。

f:id:amanatsu0312:20191002170446p:plain

三代目さんが撮影したらしい

ちなみにフォロワーさんに「マカオです」って写真あげたらそれ多分三代目の撮影で使ってる所って言われて驚きました。三代目ならたしかにあのマカオの金塊の車乗っててもあんま驚かないと思う。

 また、モーフィアスの最上階はなんかこう…展示室みたいになってて見ることが出来ます。 

f:id:amanatsu0312:20191002172657j:plain

ぶち抜かれて下を見ることができるよ



f:id:amanatsu0312:20191002172648j:plain

これはピエール・エルメ・パリのカフェ


入っていったら早々に何故か川の流れのようにが琴アレンジされているものが流れてました。

多分「日本人だから」っていうサービスなのでしょうけど割と「違うそうじゃない」の気持ちになりました(笑)

f:id:amanatsu0312:20191002172652j:plain

最初「なんだこれ」とかいっててすいませんでした

f:id:amanatsu0312:20191002172644j:plain

すごいカラフルでした

こう…アートのことはよくわからない身ではありますが見てて楽しかったです。

見ごたえありました。インフルエンサーらしき(Weiboかもしれない)中国系のレディが写真撮りたそうにしてて中国語でお声をかけてくださったんですが大変申し訳無いんですが我々英語はかろうじてわかっても中国語はニーハオ、シェイシェイ、いーあるさんすーぐらいしかわからないという…。

f:id:amanatsu0312:20191002172637j:plain

プールが見えた

 

ちなみに降りていくさなかにプールが見えました。おしゃれ。

モーフィアス内「アラン・デュカス」でアフタヌーンティー

モーフィアスにはピエール・エルメ・パリのカフェがあるんですが、同時に上の階にはアラン・デュカスのバーがあります。今回は折角だからそちらのアフタヌーンティーを楽しんでみました。

二人で1つのアフタヌーンティーをすることも出来たのですが、まぁなんか折角だし(二度目)っていうことで一人1人前で楽しむことに。

f:id:amanatsu0312:20191002170901p:plain

スコーンと紅茶

スコーンが蓮の花のように折りたたまれたナプキンにくるまれているのが非常におしゃれでした。レーズンとプレーンとあったのですがそれぞれ暖かくて美味。ちなみにクロテッドクリームも一緒にありました。美味しい。

 

f:id:amanatsu0312:20191002171339j:plain

スイーツ

こちらはスイーツ。チョコレートのめちゃくちゃ濃いケーキやレモンタルトやレモンケーキが一口サイズで並んでいるのが特徴。個人的にこの中だと抹茶?なのかな。緑のやつが美味しかったです。

f:id:amanatsu0312:20191002171357j:plain

セイボリー

ちなみにセイボリーはなんかこう…まな板みたいな(語彙力)ものの上にずらりと並びます。個人的にアラン・デュカスの此方ではスイーツよりセイボリーのほうが美味しかったと思う。

とりあえずいいたいのは「なんかすごい懐かしい味するんですけど??」っていう明太ソースのホットドッグ?みたいなのあったのツッコミがすごい迷子だった。食べたこと有る。これなんか分かるぞっていうのが2個ありました。

f:id:amanatsu0312:20191002171342j:plain

すっごい明太ソース

まずこれ。前述したけどどう食べても明太ソース。美味しいところの明太ソースの味がする。こう…イメージとしてはソフトフランスの明太フランス的な……。

f:id:amanatsu0312:20191002171401j:plain

手前のものに注目

もう一つはこちら。なんかこう…めっちゃソースと青のりの…なんか大阪あたりで食べたことがありそうなやつ。コロッケなんですけどお好み焼きとたこ焼きの間みたいな感じがしました(笑)

f:id:amanatsu0312:20191002171354j:plain

はさみ焼き的なの

こちらはサンドイッチをプレスして焼いたかのようなもの。

一口でぺろっといける。グリルドチーズサンドみたいなイメージがわかりやすいかも。

f:id:amanatsu0312:20191002171336j:plain

手前のやつはサーモンでした

サーモンとアボカドソース的なの。小型でぱくっといけます。コーン部分に関しては比較的しっとりめ。個人的にはサクサクサブレ系でもいいんだぞ!!って思ってました(笑) 

f:id:amanatsu0312:20191002171350j:plain

並ぶと壮観である

見てると派手ですね(笑)

これでもかーっていうぐらいゆっくりできました。スタッフさんの対応もよくてほのぼのとした時間を満喫でき大満足です!

サービス料こみでもお値段は日本とそう変わらないかなってぐらい。シャンパン飲んでも5000円ぐらいだったので安いなあって驚きました。

 

お向かいのウィン・パレスについて

めちゃくちゃ噴水ショーが派手でなんかこうパーーーーんって音がしまくってるウィン・パレスにもちょっと行ってみました。もうなんか…こう…入った段階からゴージャス!!でした。なにせ入り口に入ってそうそうメリーゴーランドありました。なるほどわからん

f:id:amanatsu0312:20191006002738j:plain

流石に乗れなかった

みるだけにしたってなぜここにメリーゴーランド…?と思いましたがもうなんかすごかった。うっかり馬のなかにペガサス混じってるんですよ。派手だった…。

f:id:amanatsu0312:20191006002748j:plain

カロンショップ

ちなみにホテルの中なので、パティスリーもありました。その名もマカロンショップ。

えーーかわいーマカロンあるのかなーと思っていってみましたがマカロンは残念ながらなかった。かわりにカップケーキがあってその色が結構激しくて、パステル~~~のかわいいをダイレクトアタックするかんじでした。強い。

f:id:amanatsu0312:20191006002947j:plain

圧倒的カラフル感

 

MGMコタイにも行ってみました

あわせてMGMコタイ(グランドハイアットの近く)にいったんですけどなんか調べたらMGMコタイにはコンビニがあったらしい。

このエリアほとんどと言っていいほどコンビニがないので!!!!!!!!MGMコタイのコンビニ(サークルKだった)には感謝しかないです。お土産の出前一丁まとめて買わせてもらいました。

f:id:amanatsu0312:20191002175218j:plain

この安心感!!!!!

また、全体が宝石箱の中っていうイメージなのか(外側がだからすごい派手)、きれいな中でした。宝石原石まんまどーん!!ぼーん!!みたいな。

中のパティスリーもおしゃれ。なお値段は可愛くなかった。

f:id:amanatsu0312:20191002175221j:image

「ここ何??ホール??ホールなの???何??」ってずっと首を傾げていました。

f:id:amanatsu0312:20191002175237j:image

あと謎の西遊記のオブジェもあって、思わず見ていて面白かったです。天竺探してここまできちゃったのか…。

f:id:amanatsu0312:20191002175225j:plain

気持ちは最遊記のFOR REALだった

ちなみに白麒麟をみると遙かなる時空の中でを思い出してしまうタイプのオタクなのでソワソワしていました。

また、MGMコタイにはスターバックスのロースタリーがあるのが特徴。日本だとバカみたいに大変混雑しているので「うわ~~あるじゃん~~」となんか嬉しくなりました。

 

f:id:amanatsu0312:20191002175241j:image

ちなみにアフォガード食べましたが美味しかったです(笑)

f:id:amanatsu0312:20191002175233j:plain

アフォガード

こちらでも日本語が上手なスタッフさんがいらっしゃって「少し、話せる」と日本語でお返事してくださりました。優しいか…!!

MGMコタイについてもシティ・オブ・ドリームスに対してもとにかく「マカオ」という場所は全体を通して派手でした。


f:id:amanatsu0312:20191002175245j:image
f:id:amanatsu0312:20191002175229j:image

また、中になんでかわからないけれどキリンがいたりと此方も此方で「派手だなあ」と思うエリアでした(笑)

 

ベネチアンホテルには気をつけよう

恐ろしの軽い気持ちで入ったベネチアンホテル。

f:id:amanatsu0312:20191002173450p:plain

ベネチアンホテル

中のイメージはすごい俗的にいうと「ヴィーナスフォート」って感じでした。お台場で見たことが有る(?)

中をうろちょろしてると他のシティ・オブ・ドリームスに比べてだいぶ安価なものも取り扱っていました。まさかのゴンドラ乗れるあたりすごいこう…ディズニーシー感があった。

f:id:amanatsu0312:20191002173609p:plain

ここから入りました。

が、しかし。

あの…めっちゃ広いんですよ。ベネチアン。しかも結構香水の香りが強烈で「おお…おお…」と驚いたというか。全体的にマカオのホテルいくつか回らせていただいて感じたのは多分時間ごとに定期的に香水を巻いているんだと思うんですがその香りがなかなかに強かったです。タイミングなのもあるとは思うのですが…。で、加えて、全力で迷う。

f:id:amanatsu0312:20191002174018p:plain

すごく迷った(n回目)

「待って今ここきた、違うこっちじゃない」「ここどこだ!?」っていう有様になりました。多分2時間ぐらい迷子になってました(笑)

外に出たときにパリジャンマカオのあのネオンライトを見てなんでかわからないですがめちゃくちゃホッとしました…。いやあ良かった出られて。 

夕暮れ前にいったのになぜこんなに外が暗いんだ…?と首かしげていました。恐ろしく迷子になる場所だっていう印象だったんですが、同じようなコメントがたくさんあって「やっぱ迷子になる場所だよね」って痛感しました。

スタジオ・シティを楽しむ

次にウロウロしたのはスタジオ・シティ。8の字の観覧車が有名ですがバットマンショーやってたりと何かとアメコミっぽさやハリウッド系の印象があるホテルです。

中でいわゆるジョイポリス的な遊園地もあるのですが閉園時間が8時なのでちょうど見られず。

f:id:amanatsu0312:20191002174349p:plain

此方入り口

入りぐちに早々になんだか大きな銅像?があって見た第一声が「これタイガーアンドバニーで見たこと有る気がする」でした。 

オリオンをなぞる

オリオンをなぞる

  • provided courtesy of iTunes

 伝わってほしいこの…なんか…そういうかんじ…。

 

で、入ってみるとあちこちにオブジェ。オブジェ。そして中はハリウッド撮影所みたいなかんじの印象。コーナーに寄って雰囲気が違うのが面白いですね。

f:id:amanatsu0312:20191002174632p:plain

ジュラシックなんちゃらさん感

f:id:amanatsu0312:20191002174715p:plain

スーパーマンさん

スーパーマンの人形もありました。圧が強い。

f:id:amanatsu0312:20191002174756p:plain

バットマン。扉は割るスタイル

スーパーマンバットマンというとVS映画をみて突然現れたワンダーウーマンかな?に「誰だお前?!!」ってまったく知らずに見た結果だいぶ驚いた思い出があります。

全体的にフードコートもあるし、観光エリアとして見ても楽しい場所でした。

 

マカオのエッグタルトを食べ比べよう

マカオにいったらエッグタルトを食べたいよねということからエッグタルト探しをしてみました。といってもそんなにいっぱいは食べられないのでいくつかをチョイス。

鉄板はあえて外してみようというコンセプトでした。というかベネチアンホテルで迷子になったせいでもれなく探してる余裕がなかったのはいうまでもない(笑)

スターバックスコーヒーのエッグタルト

エッグタルトも多種多様。スタバは3種類くらい展開。

f:id:amanatsu0312:20191002174523p:plain

エッグタルトとラズベリーのフラペチーノっぽいの

ちょっと大きいのがポイント。

また、中にブルーベリーが入っているのでタルトっぽさがありました。ざくっとしている。美味しい。コーヒーとあわせたいという意味でスタバにあうのも納得。

 

「ELYSEE」

町中のベーカリー。多分あちこちにあるので、チェーン系らしい。

f:id:amanatsu0312:20191002175346j:plain

ミントカラーの外見が目印。

フレンチベーカリーとあるようにフランスのパンっぽいものが売っていました。店内はショーケースのような形でスライドしていくタイプのベーカリーで、でもトングとお盆で取るタイプ。日本でもそんなかんじだから和洋折衷なかんじだなって印象です。

しかしながら、販売しているものが「フランス仕様」のものもあれば「これどう見ても日本で食べるものに似ているのでは」というものもありました。

 

f:id:amanatsu0312:20191002175404j:plain

f:id:amanatsu0312:20191002175412j:plain

日本のベーカリーっぽさもありますね

f:id:amanatsu0312:20191002175350j:plain

こちらがパンの一部。

バゲットもあればクロワッサンもあったしパン・ド・ミもあるのがいいな~ってかんじがしました。日本のベーカリーさんと同じように冷蔵ケースにはずらりとドリンクもありました。また、ケーキ類もあるのでベーカリーであると同時にパティスリーでもあるようでした。マカロン美味しそうでした…。焼き菓子買えばよかったなとちょっと後悔。

 

購入したエッグタルトはこんなかんじになっていました。

f:id:amanatsu0312:20191002175356j:plain

ブルーベリーが入っているもの、チョコレートが入っているもの、シンプルなプレーンと3タイプ。

f:id:amanatsu0312:20191006000212j:plain

購入しました。

香港のエッグタルトとマカオのエッグタルトは生地が違うということでしたが、各店それぞれでも味わいが全然違います。

パン屋さんのエッグタルト(まぁスイーツも扱っていますが)なので何ともいえませんが、よりスタバより「ちょっと片手間にざくざく食べる」みたいな要素が強いかんじ。ひとつ、ぽーんと口の中に含めちゃうというか。ちょっとしたティータイムに丁度いい印象を受けます。スタバのはサイズ感が大きかったので「よし休憩しよう。これがな、今日のおやつ。なんとみんな大好きエッグタルトだ」みたいなかんじだとしたらこのエッグタルトは「コーヒーはいったよ、エッグタルトおまけしちゃうよ、ついでにセイボリーもいかが?」みたいなアフタヌーンティーにプラスアルファされていそうな…なんかもう一個あってもいいなみたいな印象でした。ドンクのミニクロワッサンに近い立ち位置に感じました。

正直今回食べたものの中では一番お手頃かつ食べやすいっていう意味でも非常に好きな味でした。

 

また、こちらでぼーっと見てたら「カレーパンある」ということに驚きました。

日本のは揚げているカレーパンが多い印象ですが、こちらのカレーパンはどちらかというと焼きカレーパンのようなものでした。揚げ物はあまりやっていないのかな?

f:id:amanatsu0312:20191002175400j:plain

カレーパン

紙袋で見てもそれでもやっぱり油を吸っちゃうからこそのしっとり要素がありました。

そこまでスパイシー!!!!辛い!!ってかんじでもなく、かといって甘いというわけでもなく、食べやすい味でした。

「RAMALHAO」

こちらも多分イメージ的にはチェーン店のお菓子屋さん?ぽいです。パブロみたいなものだろうか……?

f:id:amanatsu0312:20191002175302j:image
f:id:amanatsu0312:20191002175257j:image
f:id:amanatsu0312:20191002175305j:image
f:id:amanatsu0312:20191002175308j:image

 お店の歴史も長いらしく、ふらっと立ち寄ったのですがこちらも「プレーン」と「チョコレート」の2種類のエッグタルトが販売されていました。

また、サイズ感としてミニサイズも売っていてそのお値段が6マカオパタカだったので「えっ安い」とすごい驚きました。手のひらころりんサイズで、2個買って食べ比べをしても良い味でした。中にオーブンがあったのでその場での焼き立ても食べられるのがポイント。こちらのお店では他にチーズケーキ(チーズタルト)も販売しているのが印象的でした。卵感が一番強いように感じられたのはこちらのお店でした!

グランドハイアットロビーラウンジ

 「なんだかんだ言ってもホテルのエッグタルトが一番美味しいよ」と友人に教わったので「そもそもホテルにエッグタルトが売っているのか?」という疑問だったのですが、とりあえずグランドハイアットにいったら普通にどーーーんと映像が流れててそりゃそうだ~~って具合に販売していました。

f:id:amanatsu0312:20191002175516j:image

じゃあせっかくだから自室でコーヒーと一緒に食べようと持ち帰り。
f:id:amanatsu0312:20191002175512j:image
f:id:amanatsu0312:20191002175509j:image

お値段は他のお店に比べてホテル価格なのもあってちょいお高め。

サイズ感はスターバックスコーヒーより少し小さめだけど厚みがありそうな感じでした。
f:id:amanatsu0312:20191002175506j:image

断面図はこちら。

こう、ぷるっぷるでした。スタバが「しっとりとパリパリ」の共存だとしたらだいぶリッチというか、油感というよりもバターなのかな。まろやかで甘くて上品な味。

一個でもしっかりボリューム感でコーヒー1杯とバランスがとれた味をしていました。美味しい。


f:id:amanatsu0312:20191002175520j:image

ちなみにこれはホテルのロビーで「上でエッグタルト食べるなら下で酒飲もうぜ」の結果です。今日も今日とて酒のんでいる気配がするとかいっちゃいけない。

 

 

街中も散策してみよう!!

とりあえず町中を散策してみようとホテル街から市内バスを使用して違うところにいってみました。

 

タイパ住宅博物館

まず最初にいってみたのは「ミントカラーがものっそいかわいい」というタイパ住宅博物館。思いの外場所が近かったので驚きました。

この一角がまるっとミントカラーになっていたのでわかりやすかったのと朝一番すぎて人がいなかった(当然開いてなかった)ので、外観だけ。のちに水をまいたり掃除をされているスタッフの方がいて「あっまだ準備中だった・・・・」ということを知るという。そりゃそうだ。

f:id:amanatsu0312:20191006003432j:plain

外観はとても色鮮やか

中ではいろんな住宅に関する歴史的な勉強もできるっぽい。

f:id:amanatsu0312:20191006003429j:plain

いくつか建物が連なってる感じだった

いくつかに別れていてそれぞれに見応えがありそうで「いいなー」って羨ましい目を送っていました。

また、花壇とかもあって噴水前に座る場所とかもあったので観光客をベースに色んな人がくるんだろうな、という印象。

f:id:amanatsu0312:20191006003426j:plain

いつかまた来れたら…

なんだか見た目がドールハウスみたいだなあかわいいな~って思ってました。

 

アズレージョ探してえんやこら

雑誌を読んでたらいろんなところにアズレージョがあるらしいっていうことでまぁホテルにもあったっちゃあったんですがせっかくだからふらふらと歩いてみました。

f:id:amanatsu0312:20191006003119j:plain

標識がまずその傾向にあって「細かい」ってなりました

第一声「芸が細かいな」でした。標識っていうか…場所にたいしてのものさえもしっかりアズレージョになってんのって街全体なのですかね。こだわりだかなーってかんじました。

 

f:id:amanatsu0312:20191006002850j:plain

足元にも

ぷらぷら歩いていると足元にもデザインされていて、そのデザインも場所によって様々なのが面白かったです。フラミンゴとかタツノオトシゴとか、ものによってぜんぜん違う。

f:id:amanatsu0312:20191006002741j:plain

タツノオトシゴ

ポケモン世代なので「タッツーじゃん」って話していました。可愛いですよね。

で、町中歩いてたら壁にもがっつり使っているところもありました。

f:id:amanatsu0312:20191006002950j:plain

学校の壁

これはマカオポルトガル語学校の壁。マカオだと中国語・英語>ポルトガル語が現在主流になってるらしいんですけど、それでもちゃんとポルトガル語学校もあるっていうのがよくわかりました。おしゃれだな~~って思ってたんですがあのグランドリスボアとか派手~~なホテルが見える真横って思うのなかなかシュールでした。おしゃれなんだけど!!こう!!なんか色々派手で!!(笑)

f:id:amanatsu0312:20191006002915j:plain

なんかもう「すげえなあマカオ…」しか言えなかった

見上げながら「なんだこの…こう…ルパン三世とかペルソナ5でありそうな金持ちのいそうな家というかホテルというか…なかんじなのは…」って思ってました。

 

セナド広場に行ってみよう

観光のメインであろうエリアは「セナド広場」だよって言われたのもあって早速いってみました。しかしあまりにセナド広場と連呼しすぎてセナドなんだかセドナなんだかわからなくなったのはここだけの話。

f:id:amanatsu0312:20191006002943j:plain

散策

意外と坂道が多い。ゆるゆる歩いてみるとホテルエリアとは雰囲気が違ってアジア要素も散りばめられていました。

f:id:amanatsu0312:20191006002954j:plain

ぷらぷらと歩いていく結果

場所によっては日本のマンションのような雰囲気もありながら、カラーリングが全体的に淡かったり逆に黄色と赤とか「すごい色だな」っていうアジア感があったりと面白い場所でした。

f:id:amanatsu0312:20191006002918j:plain

広場

たどり着いたこちがらセナド広場。なんかめっちゃ派手なうさぎいるんですけど・・・・?!!ってなったんですが、どうやらなんかのお祭りのタイミングとかぶってたらしくてその飾りだそうです。すごいこう…ドールハウスに突然現れた特撮的な…そういうのを思ってました。このあとさらに巨大化フラグが!?(ない)

f:id:amanatsu0312:20191006002745j:plain

こちらもお店の一つ

中は薬局だったりお土産屋さんだったりしました。色合いが博物館と似ているという意味でもピンク・黄色・ペパーミントグリーンはよくある色なのかもしれないですね。

f:id:amanatsu0312:20191006002726j:plain

圧倒的兎の圧

見上げてみると更にシュール感が増しますね。兎の奥には装飾された通りがありました。これもおまつり仕様なのかな。

f:id:amanatsu0312:20191006002836j:plain

不思議な通り

なんかこう飾りも含めて色合いが本当そういうところ!!なかんじの派手さなのはマカオ特有なんですかね。「なんかすごい」ってずっと連呼していました。

 

タイミング的に改修中の教会

f:id:amanatsu0312:20191006002830j:plain

聖ドミニコ教会

残念ながら全力で改修中で入れなかった聖ドミニコ教会。広場のすぐそこには教会があるのがだいたい相場が決まってるらしい。

 

スーパーを回ってみよう

せっかくだしそのへんにあるお店も回ってみようとぶらぶらしてみたのですが、そのときに見かけたスーパーマーケットにもいってみました。イメージ的にはいなげやとかそういう系?ぽいです。

で、マカオだと結構日本にはない出前一丁が売ってるという話を聞いて「どんなのだ!!」とわくわくしながらいってみたわけです。めっちゃ日本語だらけで流石に笑いました。あたりめ普通においてあったり梅昆布もあったりとかとんこつラーメンとかそのまんまなんだなあと驚きました。

f:id:amanatsu0312:20191006002958j:plain

f:id:amanatsu0312:20191006002730j:plain

すっごい見覚えがある

スーパーのものの置き方はどっちかっていうとドン・キホーテ的なぎゅっと狭い感じがして日本のスーパーさん導線色々考えてあるよなあとありがたさをしみじみしました。

ちなみにここで数えた出前一丁は14種類。多くない???いや私こんなに味あるの知らんよ??て首かしげていました。お土産に買いましたが味の感想を聞いていないので聞きたい所存です。ちなみに一番おいしそうだなと思ったのは麻辣です。大きいサイズと小型と両方あるのこれだけだったので!!

 

O-MOONでお土産買いました

こちらも結構随所で売っているらしきお土産屋さん。アズレージョであるのが特徴。

f:id:amanatsu0312:20191006002722j:plain

デザインが可愛い

五つ星だなとかすぐ関係ないこと考えていたわけですが、お店に入るとサバサバしたマダムがお店をやっていらっしゃいました。

f:id:amanatsu0312:20191006002752j:plain

売ってるものも色々

最初に入って目についたのはキティさんでした。ハローキティさんマジ仕事が彼女を選びすぎて海外進出あちこちにしているとはいえ、こんなところにまで…。

f:id:amanatsu0312:20191006002853j:plain

写真撮影スポットもありました

あとお店入ったら早々に写真撮影スポットもありました。こう…フォトジェニック~~ってしみじみするばかりです(笑)

f:id:amanatsu0312:20191006002843j:plain

お店全体の内装

圧倒的にキティさんが印象的すぎるしキティさん販売しているものが一角のうちに結構大々的すぎてハローキティさん…って思わず笑いました。強い。

f:id:amanatsu0312:20191006002939j:plain

ちゃんと普通のコースターも売ってた

売ってるものはコースターだったりキーホルダーだったり名刺入れやカードケース、ブックカバーなど色んなものがありました。コースターはちょっと割れ物っぽいので注意が必要かも。

最終的にお土産も買ったりして、色々見て回って楽しかったです~。

f:id:amanatsu0312:20191006002922j:plain

外観もアズレージョでした

 

一息休憩にジューススタンドへいこう

セナド広場からすぐ近くにジューススタンドがあるらしく行ってみました。

ジュースバーだけどサラダとかもやってるお店らしい。

www.facebook.com

f:id:amanatsu0312:20191006002827j:plain

ミントグリーンただし濃いめ

こちらは同じようにミントグリーンではありますがイメージ的に初音ミクはやぶさ的な濃いめのミントグリーンをしていました。

 

f:id:amanatsu0312:20191006002856j:plain

ガイドブックにあったのでいってみた

めちゃくちゃ日本で紹介されていることもあってか日本語メニューがあったり、その冊子の紹介がされていたりするお店です。

とりあえずジュース買ってみるか~ということで友人は河合くんのファンだしな!ということでじゃあ応援している人の色にしようということになりました。

f:id:amanatsu0312:20191006002911j:plain

足元が可愛いから合わせて見るとすごいカラフル

めちゃくちゃフォトジェニックなカラーしていますよね。何が入っているのかの説明もされていました。緑やオレンジ、ピンクもあった。

ところでお店のメール?LINE(カカオかな?)が届く都度ドラえもんのタイトルコールのSEが流れるのでそれが気になって気になってしょうがなかったです。*1

ちなみに別のメール?かなにかの設定音がどう聞いても山手線がくる音だった。

品川1番線・田町2番線他(せせらぎ)

品川1番線・田町2番線他(せせらぎ)

  • 駅発車メロライブラリ
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 流石に私も友人も都内を中心に活動しているので「えっ…」「どういうこと…」とざわつくのは仕方ないと思うんですがあれ日本人だったからですかね。いやそれにしてはめちゃくちゃ鳴ってる…と二人でソワソワしていました(笑)

 

一息休憩パート2

旅行したこの日は本当に驚くべき暑さというか気温とプラスアルファで湿度でしんどいオブ・ザ・イヤー堂々受賞していたので、休憩をめちゃくちゃ入れていたわけです。

お伺いしたのは「comma macau」さん。

f:id:amanatsu0312:20191006002909j:plain

たまたま見つけたお店

偶然見つけたお店でしたがランチもやっている本当に最近できたばかりのカフェ。

www.facebook.com

おしゃれな雰囲気で、ご飯もやっているのでランチには会社員さんを中心にいろんな方が赴いているようでした。ヌードル系が特に美味しそう~!!

f:id:amanatsu0312:20191006002900j:plain

2階建てになっているのが特徴

お店にはブルーボトルコーヒーのロゴの入ったものがあったりと本当にオーナーさんがコーヒーがお好きなのかなーっていう印象を受けるお店でした。

f:id:amanatsu0312:20191006002833j:plain

レモネードも自家製の様子

死ぬほど暑かったのでコーヒーとレモネードをチョイス。自家製らしくとてもさっぱりしていて、かつほんのりとした甘みとの相性もよくってすーっと体を駆け抜けていく味でした。

本には書いていないお店にふらーーっとつられて入っちゃうのも良いですよね、非常にスタッフさんが気さくで素敵なお店でした。

 

全体を振り返ってみて

香港・マカオの2つを今回渡ってみたわけですが、香港がちょっと状況的なこともありディズニーしかいけなかったのが今回の残念なところ。

空港で食べたクリスタルジェードの担々麺と酸辣湯麺も美味しかったし、もうすこし落ち着くことがあれば香港ディズニーランドもリベンジしたいしまたお伺いしたいな~~としみじみ思う場所でした。マカオに関してはこう・・カジノがどん!とあり、カジノをやるやらないでもだいぶやることが狭まるというか「通行するにはカジノを通らないとだめだな」「ごはん食べたいけどカジノの中か~~」っていうのがちょっとあったのが残念(笑)いけばいいんですけど、いやこう気持ち的な意味で。

それでも文化がいろんなものと融合しあって、独自のものをまた編み出していっているという意味で両者とも大変おもしろい場所でした。

 

ちなみにマカオ料理についてですが、日本の東京・四谷にあるポルトガル料理のお店が定期的にマカオフェアをやっててそこがマカオ観光局がなにかとおすすめしているということもあり先日いってみました。そっちについての感想も後日あげられたらとか考えています。

ということでくなりましたが旅行記録はこのへんで!