柑橘パッショナート

二次元、三次元、映画、アイドル、サッカー他諸々の多趣味の結果、好きなことをアウトプットするためのビュッフェタイプになったブログです

「Johnny's World Happy LIVE with YOU」で推し以外のグループの曲を知った雑感

ジャニーズ事務所がJohnny's World Happy LIVE with YOUと題し、コロナウイルスに対しての感染症予防動画とあわせてライヴ映像を配信してくれています。

少しでも皆さまに元気と笑顔をお届けしたい想いから、
「Johnny's World Happy LIVE with YOU」を配信しております。

その映像を見た上での感じたこと、考えたことを記しておきます。

まず、「他のグループの曲有名なやつ以外あんま知らないな」っていうことから始めているのでめちゃくちゃにわかしている雑感になります。

 

 

 

 

- スポンサーリンク - 

 

 

前提として

 私は事務所に精通しているわけではないので、「他のグループ」のことを知っているようで知らないところがたくさんあります。

大勢のグループが出たときに流れる曲ってある意味鉄板で「ああこの曲知っている」っていう有名なものは知っているのですが(例えるならデビュー曲とか)それ以外を見る機会、聞く機会というのは例えば「ザ少年倶楽部」とかで「ああーこれそういうのなんだー」っていうのを後輩の子たちの披露で聞くぐらいなんですよね。(そしてあれも選曲が絶妙に「みんな知っているもの」が多いイメージ)カウコンも鉄板のものをやることが多いので(何度目だナウシカみたいなのりになりやすい)、こういう機会があるのは嬉しいばかりです。

3月29日 16:00~

youtu.be

Sexy Zone / SixTONES / HiHi Jets】によるパフォーマンス。

セトリが「知っているぞ!この曲!!」っていうのもあれば「なんだこの曲は~~!」ってびっくりするのもの詰まっていました。ということで、初見のものも含めて聞いた感想を雑感として…。

 

Sexy Zone

  1. Sexy Zone
     し、知ってる~!!時代を作ろうの曲だ!セクシーローズの曲!!
    ということで、入り方がとても「はいここから始まりますよ!!」のスタートを感じられるのが良いなあと。そして多分とても回数を歌っていることもあって慣れていらっしゃる…(笑)さすがだなと思うばかりでした。

  2. RUN
     こちらはSexy Zoneのレーベルがポニーキャニオンからユニバーサルに変わっての1発めのシングルとなる「RUN」。まさに新曲中の新曲ですね!
    「止まらないで 止まらないで 僕らまだ始まったばかり」のサビ部分の歌詞とキャッチーなメロディ感が良いなと思います。お衣装はこの曲に合わせてのお洋服かな?爽やかでいいなぁ。大サビの感じてるだろう、のくだりはすごく背中をおすというか「見ないふりなんかするな」っていう突きつけてくるかんじが良い…歌詞が良い…曲も良い…。
    【参考】Sexy Zone ジャニーズ×ユニバーサルミュージック 新レーベル設立! 第1弾作品として、新曲「RUN」をリリース。 さらに、日本テレビ系土曜ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』の主題歌に決定! - Sexy Zone

  3. ~MC~
     新曲の説明と中島健人くんの「前を向いていくこと」についての言葉がいい。そして「エンタメを止めてはいけない」という佐藤勝利くんの考えもとてもいいですね。ごもっともだと思うし、エンターテインメントというものが一番最初に潰えていく・・・・という話も聞きますが、エンターテインメントがあることで楽しみがあって、こうして「楽しい」という気持ちがあるからこそ明日につながっていくのかな…と考えます。
    そして一番驚くのはマリウス葉くんがもう20歳になること。おめでとうございます。小さくて天使でかわいいかわいいってみんなから言われていた記憶がありますが、「自分」というものを失わず地に足をつけてまっすぐいくの素敵だと思います。

  4. MELODY
    POP × STEP!?の中の一曲。PVがめちゃくちゃかわいい印象なのと「ポニキャです」って言われたら「それっぽい」って頷くようなかんじの心地よさがあります。
    「メロディが 君と僕をつないでる 見えないけどね」のフレーズがとてもいい。
    月島(かな?)でもんじゃ食べているのが可愛らしかったです。なんというか、4人合わせて「こういう企画Hanakoとかでありそう」っていうのが詰まっているPVなんですが、それを踏まえた上で歌がすごく良い。そしてこの番組で歌うというのもめっちゃいい。私銀髪のイメージが菊池風磨くんに対して強いのですが(それだけ似合ってるということだと思います)、中島健人くんがこのタイミングで銀髪だったのなんというか、「エモい」って言われるあれだな~~って感じました。
    ふまけんもマリウスくんと勝利くんのやり取りも好きです。優しい歌い方が良い…。

    www.youtube.com

  5. メドレー(Cha-Cha-Cha チャンピオン 勝利の日まで 勇気100%)
    鉄板!!!!!っていうのが詰まっていて凄く良い。ライヴか…?これはライヴなのか…?っていう疾走感というか。「勝利の日まで」は聞いたことがなかったのですがリオ五輪のバレーボール予選曲だったんですね。
    バレーボールの曲っていうとSexy Zoneのイメージが強いのもあって、ポジティブなかんじが良いなぁと。「チャンピオン」で「勝利の日まで」で必要なのが勇気100%っていうタイトルがつながっていくのがいいな~~となります。そしてこれが「マリウスくん10代最後の曲」っていうのが…ええ…めっちゃいい…。
    勇気100%って「あなたの世代はどれ?」でぜんぜん違うと思うのですが(ちなみに私は光GENJI SUPERが流れているものが一番印象的)その上で「語り継がれる」「歌い継がれていく」曲の代表格だと思います。
    それをとても大切そうに歌っているのが素敵でした。

 

 POP×STEP!?のアルバム、全体のクオリティが高くて聞いててずっと楽しい。

 

手洗い動画こと「Wash Your Hands」(A.B.C-Z/SixTONES/HiHi Jets

話題の新曲…新曲?

www.youtube.com

馬飼野康二さんによるもので、振り付けは屋良朝幸くん。

私がみたのはアーカイブだったのでひとしきり話題になっていたのは知っていたのですが実際に見てみると「!?」ってなりました(笑)

こう…なんというか…みんなのうたぽさがありつつ、これをアイドルの人たちがやっているのが面白いな~と。もっと色んな所で見られる機会があったらいいなぁ。

A.B.C-Zに関しては「法務部の人たちっぽい」っていう意見を見かけて「あ~~」となんか納得しました。こう、農水省の人たちが花いっぱいプロジェクトをやった時の動画に似ているなぁと…*1あとこう、絶妙な恋するフォーチュンクッキー感というか。良い意味で安定感があるように見えました。めちゃくちゃ本人たち歌ってそう(主に河合さん)っていう…。塚田僚一さん良い笑顔だった。歌のお兄さん感。
SixTONESの子たちの「お祈りし手(て)」のときのグーの仕方がみんな違うのが個性だな~ってしみじみします。ジェシーくんがずっとニコニコしてるのが印相的でした。そして髙地優吾くん安定の表情。私彼のニコニコ顔好きです。あとにぎにぎのときの森本慎太郎くんが「はいどうも!どうも!どうも!」みたいな表情でやっているのが印象的でした…(笑)1回目と2回めでだんだん自由度がSixTONESはましていくかんじが楽しい。
HiHi Jetsの子たちは元気があってとても良いですね!こちらはみんな自由に行き来しているかんじがあって、こう、絶妙な少クラで見たことがあるニコニコ笑顔だなーってかんじ。HiHi Jets詳しくないのですが、作間龍斗くん見るたびに「福山潤さんと顔のパーツが似てる…」とデジャヴを感じます。そして最後のわーっと前にいくかんじがとてもいい。みんなもそれについていく感じも良い。
ちなみに私は猪狩蒼弥くんの「K-POPが好きです!!!!!」って全身で訴えていそうなかんじが好きです(笑)赤い髪とか派手なお洋服とか、トリッキーなのが似合うのと、彼ダンスキレがあっていいですよね…。井上瑞稀くんはABC座の動画でみたぞ…!!となんというか見ながら進研ゼミ体験でした。

 

HiHi Jets

  1. HiHi Jets
     Mステでも歌っていた曲!彼らのグループの「名刺代わりの曲」だと思います。ジャニーズ銀座2018の動画を見たあとに見ると改めて「おとなになったなあ」と感じさせられます。良い意味でコールアンドレスポンスしているのがいいなっていうのと、グループを「認識」するっていうのってとても大切なことで、見てて「ああ、こんな人達いるんだ」と、傍目から見るとあまり認識できなかった最初からの「なんかHiHi Jets!ってコールしてた子たち」って覚えてもらえるのって大きな第一歩だと思うのです。それを最初の段階で「覚えていってくれ」っていうのがいいなーって思います。
    また、「声だせ声~!!」「もっとこいやー!!」って画面の向こうの「あなた」へ呼びかけるのってとても(無観客であるからこそ)恥ずかしさとかもあるであろう中で、振り抜けてやろうとするのが好感でした。
    【2018ジャニーズ銀座/参考】https://www.youtube.com/watch?v=JKq8iStQs_Y
  2. baby gone
     初見の第一印象は「K-POPぽいな~」でした。個人的にK-POPも聞くの好きなのでイントロと入りがすごい好きです。
    カメラ抜かれたときに個性が違っているのが面白いです。ライヴで見たら多分一気に盛り上がる曲だと思います。手クラップしたくなるかんじの曲ですね!井上瑞稀くん(かな?)の声の高さが印象的な曲でした。

    www.youtube.comダンス動画見直すと「ああここでこう動いているのか!」っていうのがわかるのとダンス動画でもローラースケートしてるあたり細かい・・・!

  3. ZENSHIN 
     少クラで聞いたことがある曲だ~!ってなりました。
    なるほど…なるほど?と歌詞に首を傾げながらも(ジャニーズあるある)明るいかんじと、良い意味でジャニーズらしさが詰まっている感じ。爽やかさがあっていいですよね。あとメンバーの「自分が誰で、あなたに向けてるよ」というコメントがちょこちょこ入っているのがよいなと思いました。この曲では橋本くんでした。

  4. 情熱ジャンボリー
     入りに「なん…だと…?」と作間龍斗くんでなりつつ(いつもあんな感じのふわっと系男子なのだろうか)メンバーが崩れ落ちそうなほど笑いを浮かべているのが良いなぁと。C&Rがこちらもたくさんあってライヴで聞いたら楽しいに間違いない曲だなーって思いました。トロッコ曲ぽさもありました。
    また、改めてこの子達はローラースケートの系譜を踏まえてやってらっしゃるんですが、感じさせないスムーズに踊っているかんじに「すごいなー」ってなるばかりでした。
     HiHi Jetsは明るいものが今回のセトリで多かったので、聞いててポジティブになれるものがたくさんで良いですね。

  5. ~MC~
     凄くシンプル。そして彼らもライヴがなくなってしまった人たちなので、思うところがたくさんあったと思います。余儀なくされたっていうのは「仕方ない」とう気持ちと「お客さんの前で披露したい」気持ちのジレンマがあったと思います。それを「ポジティブなものにしてやろう」ってなるの凄く良い。このうえで「かける」っていうのはいいなぁ。

  6. 【新曲】
     「かける」なのか「駆ける」なのか「翔ける」なのかわかりませんがとても爽やかな曲でした。表情がみんな良い。ライヴ終盤でこれやられたらうっかり泣くやつでは……???手をあげてぐるぐるしている振り付け、ペンライトで一緒に揺れたらめちゃくちゃキレイそうだなぁ…となんだかしみじみしました。少クラも多分しばらく無観客でやらざるを得ないだろうけれど、いつかどこかでそういう「お客さん」と一緒にやれる機会があったらいいねえ…と願うばかりです。

マスクを作ろう~A.B.C-Z編~

なぜかわからないけれど突然のA.B.C-Z編が始まって二度見しました。

とりあえず手作りマスクの作り方を入れたほうがファンとしては「そうか~こうやるのか~」って勉強も一緒にできて良いと思うのでそっちも後日でいいからHow To動画作って欲しい…(笑)

カメラが早送りしている中で感じられるごちゃごちゃわちゃわちゃしていましたが、マスク出来上がってからのものがみんな自由。本当自由。個人的には五関晃一さんのベースのハンカチに土星にあわせてA.B.C-Zのメンバーカラーつけているのかわいい。良い意味でアイドルとしての選択肢で良い。

橋本くんのマスクで桜の下でくまがお団子食べているのは「お花見」が叶わなくなっている今日このごろっていうのとご自身のブログでサブスクでお花届くものをはじめたお話をされていたのを思い出したのですが、そのへんもあるかなと(桜がきたっていったので*2)あと「キッズ向け」ぽいかんじからして家族(甥っ子、姪っ子)が好きな彼らしいとも感じました。(とかいってたら3月29日のブログでやっぱりそんなこといってた)*3

「お花いっぱいプロジェクト」というものが農水省で推奨されているのもあり私もお花を買い続けていますが、サブスクもいいなぁと感じています。お花あると幸せになるよね。

amanatsu0312.hateblo.jp

 

また、橋本くんが選んでいた3色団子ですが、

●邪気払い説

紅白は魔除け・邪気払い、緑のよもぎにも邪気払いの意味があります。

日本人は昔から、食べ物でたくさん縁起をかつぎ、幸せを願ってきたのです。

「お花見団子の三色の意味は? | 一般社団法人 日本和食卓文化協会」より

という説もあります。お花見団子、だからこそなのでしょうが(ちなみに三色団子、配色もちゃんと決まっていて赤・白・緑なので橋本くんのあれはちょっと違う)そういう意味合いでも二重の意味があって「すごいなあ」と感心していました。多分知らないだろうし一説に過ぎないけれど、タイミングとして選んだのすごいなあというか。

 

f:id:amanatsu0312:20200331122901j:plain

花より団子

河合くんの「名前」方法に関してはこの後他のグループの方もされていて「みんな!!!!!!個人情報の保護していこう!!!!!!(笑)」と思わずツッコミ入れたくなったり。戸塚祥太さんは絶対ハートでくるなと思ったら安定のLOVEで安心しました。塚田さんのA.B.C-Zのグッズぽいマスクいいなぁと思ったんですが後ろ前逆なのも含めて「塚ちゃんってそういうところ!!(笑)」ってなるというおいしさもあって面白かったです。

 

SixTONES

  1. Imitation Rain

     いわずともしれた彼らのデビューシングル。
     曲の頭から残るかんじと「これデビュー曲なの?!」という驚きがあったのはつい先日のことのように思い出されますが、このライヴの際のファー(殺生丸様とつい呼んでしまう)をつけているお衣装が印象的。音楽番組でもたくさん見ているからか、知らずとして歌えてしまうかんじがとてもいい。
     あとカメラのカットが横から一列のものが多かった印象。個人的に「こういうフォーメーション横から見るとこう見えるんだ」っていう意味で見てて楽しかったです。

    www.youtube.com

  2. Telephone
     こちらはImitation Rainのカップリング曲。ファンの方の人気が高いイメージ。私の周りにもSixTONESのファンの方がいるので、その子に聞いたら「とりあえず聞いてくれ」とCDくれました。ありがとうそしてありがとう。
     ジェシー松村北斗くんの二人がぬかれている「お望みのまま」のくだりがハイパー色気を感じました。エクスタシーとかそういうやつ。あとその流れからの京本大我くんがこぶしというか力強さを持ったかんじの歌い方をしたのが新鮮でした。彼、どっちかっていうとミュージカルよりの歌い方をしている印象だったので…おお!と良い意味でびっくり。あとサビの最後ぶち抜かれている松村北斗くんのかっこいい顔に「決まってる!!!!かっこいい!!!!」となったというか。あれはオタクが息を呑むやつだ。
    あと夜の終わりには~の髙地くんとてもいい。なんというか、食えない感じのSixTONESの「ゴリゴリ!」「キメキメ!」っていう雰囲気よりもマイルドっぽさそうなのにゴリゴリこういうかっこいい曲を髙地くんもまた歌うことで「SixTONES」なのだと改めて見せつけられるかんじがするというか。
    また、田中樹くんのラップやっぱり上手だな~!!!としみじみしていました。表情つくるのも上手。KAT-TUNの上田くんのソロ曲ラップバトルとはまたディビジョンが違うかんじがあって楽しい。全チームラップバトル対決見てみたさある。
  3. NEW WORLD
     こちらもカップリング曲。Telephoneよりも爽やかなかんじがします。応援曲…というか、背中を押してくれるというかぐいぐい引っ張ってくれる曲としていいですね。
    ”たとえ暗闇でもその手を離さないで”のパートが好きです。こう、言い方がうまいものが出てこないんですが、良い意味で冒険譚とか、少年漫画の主題歌ぽさがありますね。EDぽさもあるというか、疾走感がどこか聞いててワクワク感があるのと「夢の先へ」「まだ続く」かんじがいいなあと…。おーおーおー!のはもりがいい。入りが全員背中を向けている流れも含めて時代が時代ならMADで作られてそうだなあ…なんてしみじみ(笑)
  4. =MC=
     楽しんでいます、という確定事項としての言い方をするジェシーくん印象的でした。SixTONESの回しはやはり田中樹くんなんですね。「歌って踊って楽しめる」をベースに、彼らが最後に選んだ曲に向けたMCとしていいなぁと思ったのと全員汗だくなのがよく分かる(笑)お衣装が重たそうだもんなーと感じつつも気にすることなくというか「感じさせることなく」動いているのに改めて感服するばかりです。

  5. "Laugh" In the LIFE
     こちらは中止になったコンサートでアンコールにも使われていた楽曲。昨年のホールツアー(ラフスト)とはRとLでスペルが違うけど何か関係しているのかな?そこらへん詳しくなくてすみません。こちらはCD未収録の楽曲。
     最初の印象は「洋楽っぽいなぁ」って印象。そのうえでクラップしたり跳ねたりにこにこしているのがすごく良い。転調するところも好きです。まさにこのライヴのコンセプトである「人を笑顔にする」曲だなとも感じました。また、腕でクラップする松村くんの温度差が好きでした(笑)でもちゃんと楽しんでいるかんじが伝わってくるし、みんなそれぞれにそれぞれの思いがあるのだろうなあ…とつくづくと。
    このうたの上での「みんな、負けるなよ!!!!!!」っていうジェシーくんの力強さに「うおおお~!!!」っていったり「お前もな!!!!!!!!!!」ってなったり反応はきっとそれぞれだと思いますが、すごく「励まされた気」がして、ポジティブな気持ちになれました。よい「締めの曲」ってかんじです。
    もっともっと広がったらいいな、音源化ぜひしてもらいたいです。

    www.youtube.com
Imitation Rain / D.D. (SixTONES仕様) (初回盤) (CD+DVD-A)(特典なし)
 

 

3月29日 20:00~

www.youtube.com

こちらはなにわ男子、ジャニーズWEST関ジャニ∞の関西チームの披露。

関西チームに関しては私ほとんど知らなくてですね…。
だからこそ後追いという形とはいえ映像で拝見しつつ元曲も調べながら見てきました。
なにわ男子はドラマも決定ということでおめでとうございます。活躍目覚ましいな~!!すごいな~!!!

なにわ男子

  1. ダイヤモンドスマイル
     王道爽やか王子様系曲!!!!!
    「僕だけの君でいて」のフレーズが好きなんですが、一つ一つの歌詞がすごく可愛らしいと言うか、悩みとか考えてこんでしまう人に対して君が君だから美しい、という曲でいいなぁと。その上で今以上にステップアップしていけるというのがいいですね。あとお名前わからないのですが、「まばたきが終わる頃 僕だけの君でいて」と歌っている子の優しい顔が印象的でした。とてもいい表情だった…。
    あと道枝くんがすごくおとなになったなーーと未満都市を出ていらっしゃった時の印象があったのでびっくりしました。五代目金田一少年は誰がやるのだろうとざわつくことがままありますが、一度彼でも見てみたいな~というのが堂本剛さんのドラマが思い入れ強い原作網羅している1ファンとして思うことです(笑)
     西畑大吾くんは朝ドラのイメージがあるなかでこのなにわ男子としてアイドルしているときの雰囲気がまた大きく変わるのが面白い。ばちばちウインクしまくったり笑顔溢れている姿みて「すごいな―アイドルだなー」としみじみさせられるというか(笑)
     ジャニーズJr.の動画がアップされるようになっているからこそ、なにわ男子の動画も見られたらいいのになぁ…とひっそり思うばかりです。

  2. ~MC~
     初Youtubeということがここで発覚。なんでだ公式…各チームにあげてもいいだろう…と思う気持ちがありつつ。司会進行は西畑大吾くん。かっちゃん!かっちゃんの人!!(ごちそうさん強火オタクの発想)
     大西流星くんは…「りゅちぇ」って呼ばれているということを前に友人に教わったのですが、ほわっとした雰囲気なんですね。おめめがくりくりなかんじで「小動物感すごい…!!」としみじみ。
    道枝くんは未満都市はじめお芝居で見た記憶があるのですが「大きくなってる」(二度目)でした。確か今ソフトバンクで岡田さんと一緒に出てるな~って印象。高橋恭平くんは20歳になりたてと。ジャニーズみんな大人びてたり逆に年齢不詳なぐらい童顔だったりだから言われないと「えっ見えない!!!」っていうことが山のようにある。そして高橋くんも私は高校生ぐらいだと思ってました…(笑)たくさん美味しいお酒飲んだり社会経験してください…。
     長尾くんはお名前グーグル変換したらすごく難しい字で*4前に「杜って使ってるジャニーズはじめて見たかも」って驚いた記憶があったので「この子があの…」としみじみしました。こちらも最年長とは思えない(むしろ最年長おいくつなんだろう)柔らかな出で立ちでした。
     また、藤原丈一郎くんに関しては「ガンバサポ!!!吹田のこけら落とし試合にいった人だ!!!!!!」っていう印象です(笑)あとあすかなの飛鳥のお声も担当してるんですね。かなたーかなたーって呼んでる声が好き。
     藤原丈一郎くん、先日の野球のサポーター代表トークみたいなので中居正広さんと一緒に番組出ていらっしゃったのたまたま見てて印象に残ってます…。あれサッカーもいつかやってほしいな~~~とかも同時に思ってたから…スポーツ全般がお好きなんですかね?
     大橋和也くんがあの…あすかなの星空(かなた)のほうですね…?!たまに見ていて和やかな気持ちになっているんですが「ああーこの子かー!!」って把握。バーチャルアイドルである星空とはまた雰囲気が違いますが、あっけらかんとした雰囲気で見ていて楽しい子な印象です。ふったら全力でフルスイング返ししてくれそうなかんじが「関西!」ってかんじで素敵ですね(笑)

  3. アオハル ~with U with me~
     ツアーが「アオハル」だったからそこに合わせているのかな?という曲。
     すごい曲が爽やかで、夏っぽさも感じられるようなものですね。また同時にニュース番組?かなにかで見たときに制服を着ていらっしゃったのが印象に残っていてそれがまた似合ってんなあ~ってなった思い出があるので、こうやってパフォーマンス見てて楽しい曲ですね。「1から100まで風に乗せて」からの蹴り出しのパートが個人的に好みです

  4. 2 faced
     まったく知らない私からすると今の所「なにわ男子=キラキラ」っていう印象だったのでこういうタイプの曲やるんだ!と驚きました。何なら今回のYoutube動画のなにわ男子のセトリで一番好きです。
     道枝くん顔が半分隠れた状態でこっち見るのすごい反則技では…二次元でよく見る…それ…メンバー名前いってもらったのに覚えきれてなくて申し訳ないんですが「えっこの子の歌と声のトーン好き」ってなった…んですが…確認したら大橋和也くんでした。この2 facedのサビ前の彼のパートすごい合致していてかっこいいですね!良い!
    サビのゴリゴリっとしたかんじがいいですね。火か煙か…演出がどんなふうにもできるタイプのものだしバリバリレーザー飛ばしても良さそう。「かっこいい!!!!!」っていう映像に作ってもらってもよさそうだなあ。
    西畑くんの腰振ってるところめちゃくちゃアップにしているカメラにはちょっと笑いました(ごめん)曲がそういう曲なのでわからなくもないのですが、あまりエロスを求めていなかったものだから…(笑)
    サビも含めて、曲調がディズニーでいうところのヴィランズっぽくてとても良い。好きな系統の楽曲でした。
    間奏あとの道枝くんのニタァ…という笑い方がいい意味で強い!!!ってかんじでした。良い。

  5. 関西アイランド
    突然のバリバリアイドル!!!!!(アイドルです)
    もっとバリバリアイドルしているというか、楽しい、C&Rが詰まってるかんじがすごいしました。楽しそうに、これはお客さんも含めてみんなでやるからこその盛り上がる曲なんだろうなぁ。歌詞に関西弁めちゃくちゃ盛り込んでいるの関西~~!ってかんじでいいと思います(関西ジャニーズに対するイメージ)
    このお歌の中にあいうえお作文があるのは…あるのはもともとなんでしょうか…?!(笑)体当たりでやっているかんじがハッピーな気持ちにさせてくれそうですね。
    「ほな、またな!」という歌詞パートも含めてアンコールとか、ラストの曲としても良さそう。このライヴの最後に歌ったというのも納得。

手洗い動画(A.B.C-ZSixTONESHiHi Jets

まさかの二度目。大体の感想は16:00のタイミングで語ったとおりなんですが、この曲だんだん頭に残っていく。気づいたら「はじめまし手~よろしくし手~」と口ずさみたくなるかんじ。

もっとYoutubeだけじゃなくて他のところでも見られたら良いなあと思う動画ですよね。

 

ジャニーズWEST

お衣装はBIG SHOT!のものかな?バレーボールのやつですよね。なんどか見たことがある~ってものだったので、この衣装だから=BIG SHOTはやるのかな?って印象でした。

 

  1. ええじゃないか
     ジャニーズWESTといえばこれ!!っていう名刺代わりの曲。
    聞き覚えがあるし、キャッチーだし、明るいしとてもやっぱり聞いてて元気がでます。
    また、重岡くんが最初の段階で「ジャニーズWESTです!!!よろしくおねがいします!!!」っていう挨拶をされているのをみてすごい好感度上がりました。
    その上で歌詞が「手を洗おう」「うがいしよう」「マスクしよう」「健康第一」っていうふうにアレンジされているのにふふ…と笑いつつも確かにな~ってなれるしゴロが良かったのでちゃんとお歌として違和感がなかったのもいいなと。
    使い捨てマスクがそろそろストックなくなりつつあるので…本当みんなに行き届くといいですよね…「してない」じゃなくて「できない」が実際のところ多くあるの、わかります(だからこそのハンカチなどでマスク作ろう!のコーナーをやったりしていると思うのですが)
    ええじゃないか、という曲で「健康第一」とか「こういうことをしよう」の上で元気がもらえた上で口ずさみたくなるからこその良さが詰まっている。そして彼らも表情が楽しそう、っていうのが伝わってきていて良いな~と。
    そして濵田崇裕くんは年末たしか怪我されたと記憶しているのですがもう大丈夫なのでしょうか…お大事に…。

  2. Big shot!!
     こちらは先程いってたバレーボールの曲ですね!
     聞き覚えがめちゃくちゃあった。そしてジャニーズWESTキャプテン翼の曲も歌っているのでスポーツ作品のお歌を歌う印象が個人的にあります。バスケものとか歌わないんですかん?!(笑)

    印象的だったのは「時代に選ばれし者になれ」のサビパート。
    自分自身がスポーツ観戦が好きだからかもしれませんが、こういうところ入れてくれるのいいなーって思います。また、ラップパート(といっていいのかな)の神山智洋くん似合ってていいですよね。彼もすごいトリッキーな色とかお衣装が似合う印象なので今黒髪ですが以前の赤い髪また見られたらいいなって思います。そしてそれが似合うのすごいですよね。
    歌詞に「グレートだろう」っていうのがあって「ジョジョ4部…」とざわついたのはここだけの話(笑)
     

  3. YSSB

    この曲初めて聞いたのですが、WESTさんの先程の「にぎやか」さからのギャップが激しい曲。
    巻き舌が映える曲というか。Big shot!!ではないならそれこそシンプルな黒い細めのスーツとかでも似合いそう。バリバリレーザー使いまくってほしい。
    中間淳太さんのぶち抜き流し目が印象的でした。そしてみんな容赦なくウインクぶちかましまくる。セクシャルな雰囲気が溢れている曲でした。
    個人的に神山くんの力強くこぶしきかせたかんじが好きです。そして桐山くんの歌が安定にうまいな~~って感じました。彼がいるとお歌に力強さが付与されてもちろん全員必要なのわかるのですがバランスがとれるかんじがして好きです。

  4. ~MC~
    明らかに疲れてる!!!!!(笑)
    終わった瞬間の表情が見えて「あっ疲れてる!」ってなりました…画面画面ー!!!でもそれぐらいハードな踊りをばしばし決めてくれたということで、改めてお礼を申し上げたいくらいですよ。
    ありがとうございます、お疲れさまです。
    そして「はじめまして」の人のためのケアがあっていいなぁと。
    話を「全員にしよう」っていうのがちゃんとあるのが良いですね。どこのグループに対してもそうなのですが、1人一言ちゃんとどういうことを考えているのか、どういうことをしていこうか、みんなで頑張っていこうか、っていうのがあるの、統一できてて良いな~。

  5. 青空願ってまた明日
    こちらは「プリンシパルの君へ」のカップリングの一つ。
    藤井流星くんがここで髪の毛結んでいらっしゃることにようやく気づいたのですが(それまで随分短くしてるんだなぁ…と思ってた)、何かの役作りなんですかね?この前確かなにかの出演が決まった報道を見かけたのを記憶しているのでそれでかなーとか思ってます。
    プリンシパルというと小瀧望くんが乾巧*5に似ていると話題に(一部で)なっていたのですが、このライヴではだいぶ雰囲気が変わったなーと改めて役柄に対して思ったり。(当時本当に似ててざわついてた)

    この曲はとても穏やかな曲で、で、あると同時に「愛が溢れている」と伝え、そばにいることを教え、「大丈夫」と背中を撫でていてくれるようなかんじですね。素敵な曲だなあ。多分どこかしらで聞いたことがあるはずなのですが(それこそ少クラとか?)「君の声がきっと誰かを笑顔にする」のパートが印象的でした。大丈夫、と繰り返されるかんじが「信じろ」っていってるみたいでいいですね。お前を信じる俺を信じろ、みたいなかんじで!ライヴの最後に流れて一度幕が落ちてアンコールくるやつだこれ…!!!となったり(笑)

マスクを作ろう~Sexy Zone編~

A.B.C-Zから今度はSexy Zoneへ。早回しがえびより少なかった(笑)

デザイン凄く真剣に考えている中で「おい皆…」って中島健人くんがふってるのが印象的でした(笑)しかしそこからのマスク出来上がりましたからの突然のバロンドールみたいなことをされている中島くんに一同「どうしたのどうしたの笑」ってなってましたが視聴者も「どうしたどうした」ってなったのは言わずともがな。

  • マリウスくん

星マスクかわいい!!シンプルにかわいい。
星をオレンジにしつつ、スタンプもはっているかんじがよくて、ぱっと見たら「手作り」だけど誰もが使えそうなかんじで安定感がありました。

  • 勝利くん

「すごくないですか」「作ってない」っていう流れが面白かったです。
Sexy Zoneの柄であるハンカチ(手ぬぐい?)を使ってそのまま使っているのがいいなーと。何よりオシャレ。くまかわいいのと、柄そのものをうまく使いこなすっていうのがいい。その間マリウスくんが落としそうになっているのが和んでました(笑)

  • 風磨くん

「予防」
そういうところだぞ菊池くん!!!!!(笑)
グレー×ピンクという色合いいいなーと思うんですが予防ということなんとも…こう…紫はそういう系譜なのだろうか…!?全力ネタにふっていくスタイル、でも大事な「予防」を主張しているところも「まぁ…わからないことも…いややはりわからない」感があって面白かったです。

  • 中島くん

黒マスクだ!!!!!!!って思ったんですが、その上でハートを自分で切ったり貼ったり一番実は手がこんでいる。
遠巻きでみているとあまり違和感がないあたり考えられてるというか…。

同じグループでもそれぞれ雰囲気が違うのが面白い。

 

関ジャニ∞


  1. 爽やかでおなじみの関ジャニ∞さんの「今」
    「今」に関してはそれぞれに何かしら思い入れがあると思います。
    この曲自体がすごい好きなので、改めて「ライヴ」として選んでくれたの嬉しいです。「知ってるこれ~!!好き~!!」ってなるというか。
    「未来を作る 今 今 今」のあのステップが好きです。個人的に今の丸山くんの髪型が好きです…。大倉くんはもうすぐ映画公開?ですよね。BLは自分の範囲外なので「すごいなー」って感心しているばかりです

  2. ~MC~
     おはようございます、こんにちは、もしくはこんばんは、を連呼する関ジャニ∞ののり好きです。元気というかにぎやかというか。
    また、その上で「人がいない」っていう状況についてお話して下った初のグループなので色々思うところがあるんだろうなあ、やっぱりお客さんのいる/いないって大きいんだろうなと感じつつ「かつてお客さんがあまりいなかった」頃のお話は…やっぱり彼ら自身にとっての傷というか、になってるのかなぁ…と思いつつも、そんな自虐しなくても!!と寂しくなりつつ。
    その上で「踊り方」も含めて2m感覚であけているというのをここで村上くんが大倉くんが調べてくれた上で実践している旨を教えてくれたので意識して見ることができました。

  3. 友よ
    安田くんからの入り。力強い曲だなーって印象。5人体制になってからの最初の曲だからこそ力強く自分たちの道としてお歌を歌っているのかなぁとかいろんなことを考えさせられました。あまり音楽番組を見ないからかもしれませんが…個人的には「なぁ友よ 人生って最高だろう だからやめられないんだろ」というノスタルジックながらも語りかけてくるかんじがすごく好きです。
    友よ (通常盤)

    友よ (通常盤)

    • アーティスト:関ジャニ∞
    • 発売日: 2019/11/27
    • メディア: CD
     

     

  4. オモイダマ
     ファンの人に教えてもらった歌だ!!という印象なんですが、のびのび歌っているのが印象的です。カメラに抜かれたときの大倉くんがふっと笑ったのが印象的でした。
    その一方で遠くを見ながら歌う横山くんの歌い方で「同じ歌でも表現しようとしていることは違って、でも集まるとまた印象が”関ジャニ∞”というものになるのかな」っていう。オモイダマの歌詞を見たら「なるほどなぁ…」って今の世間の状況を考えながら感じることがたくさんありました。また、終わってから一礼しているのがいいですね。

  5. ~MC~
    音楽があることの意味、エンターテインメントの意味。誰かに伝えること、考えること、健康であること。「あなたがいること」みたいなことを考えるというか…。一人ひとりのコメントが心に残ります。
    YouTube初ということで横山裕くんが「YouTuberってこと?」っていってるの面白かったです。デビュー組もチャンネル作ってもそろそろいいんじゃない…?と思ってるのでおえらいさんご検討くださいって願うばかりです笑

3月30日 16:00~

www.youtube.com

この日は山下智久さん、Travis JapanHey! Say! JUMPKis-My-Ft2の4組。

多分4組ともほとんど楽曲を知らないので、そういう意味で「一番何が飛び出してくるかわからないぞ!」とワクワクしていました(笑)

 

Kis-My-Ft2

  1. Make you mine
     キスマイのイメージがHiHi Jetsと同じくローラースケートで、えびばでぃごーとか、あとはキ・ス・ウ・マ・イ~KISS OUR MIND~の印象だったのでゴリゴリでかっこいいなーって思いました。入りとして音声加工も含めてかっこいい。
    こう…良い意味でエイベックスぽさが詰まっている楽曲だなと!エレクトリックというか、こういうガシガシライトばしばし使っているかんじの演出も含めて私は好きなので聞いてて楽しい曲でした。

  2. Mr.FRESH
     Aメロ?の進む夕日~の北山宏光くんの歌い方が好きです。そしてラップが始まって「ラップあるんだ?!」と驚いたというか。また、聞き取りやすくリズムが一定ではなく変則的だからこそ体を揺らしやすいというか。あと千賀くんの声質が私の好みだなーって改めて思いました。サビあとにMr.FRESHってみんなで歌っている部分とか好き。

  3. COUNT 7EVEN
     これ個人的にめっちゃ好きです。ジャジーで良い。ビッグバンド引き連れてやって欲しさ。お衣装がばっと変わる感じも良い。ゴテゴテ派手なお衣装なんですが、白シャツ黒タイとかシンプル極めてもよさそうな曲だなーって(単にそれで踊っているのが見たいだけかもしれない)ライヴで見たらまた絶対盛り上がる曲だな~!!っていう。
     そしていつも言っているけれど宮田俊哉くんがMAXアイドルしているのを見る機会が私は比較的少なくてどっちかっていうと「アイドルの宮田俊哉」っていうよりも「めちゃくちゃ楽しそうにヲタ活してる宮田くん」って印象が強いから、その上でこの曲の”共に時代に名を馳せ”(かな?)のパートがとっても良かったです。表情含めていいねいいねえ!!!ってニコニコしてしまった…。

  4. 〜MC〜
     キスマイのMCって実は見たことが殆どなかったので会話のトーンというか空気感ってこんなかんじなのか…とびっくりしました。少クラプレミアム*6との雰囲気とはまた違うな~と。
     また、彼らはツアーが中止になっているからこそのアルバム曲ひっさげているというのもいいなぁと。基本司会進行が北山くんなんですね!
     あと「千賀くん小野賢章みをかんじる……」と声優ファンの友達に話しているのですが、そのへんも最近見慣れてきたからなのかメンバーの顔と名前がだいぶ一致してきたなぁと感じます。覚えた順番が宮田くん、ガヤさん、北山くん…の順番だったんですが、全員多分…今の私なら多分言えるはず…!!!!!という希望的観測。


  5.  この曲、とても好きです。卒業式向けの曲といいますが、その上で寄り添っている感じでいいなぁと。調べてみたら最新のアルバムの通常盤にだけ入っている曲なんですね…。曲入りがすごくピアノがはえる。
     エイベックス*7のホームページみたら歌詞がありました。


    【参考】「種」歌詞 | Kis-My-Ft2 Official Website


    それを改めて読み解いていくと「このライヴをするにあたっての状況」「色んな人の不安を抱えた状態から笑顔になってもらいたい気持ち」から、彼らがこのセトリで最後にこの「種」という曲を選んだこと、すごくいいなぁと感じます。正直通常版のシークレットトラックの曲なんていわゆる「ファンではない層」である自分のような立ち位置の人間が聞く機会なんてそうそうないわけで…そういう意味で「聞けてよかった」と思うばかりです。

 

キスマイの雑感としては、最新アルバムTo-y2を中心に曲構成がされている(らしい)こと。

私が好きだな~!と思ったCOUNT 7EVENはこちらのアルバムに入っているし、種もこのアルバムのシークレットトラックとのことで。逆に言うと「今一番、ここからはじめたいキスマイ」っていう意味での訴求完璧だなって感じました。

www.youtube.com

こちらがそのTo-y2のアルバムリード曲。人形のCMのやつか!!と納得しましたが時計じかけの中で動いている映像見てて組み合わせ面白いなーってなります。 

To-y2(CD2枚組)(通常盤)

To-y2(CD2枚組)(通常盤)

  • アーティスト:Kis-My-Ft2
  • 発売日: 2020/03/25
  • メディア: CD
 

 

手洗い動画「Wash Your Hands」(Sexy Zone/Kis-My-Ft2/関ジャニ∞/ジャニーズWEST/なにわ男子)

www.youtube.com

マリウスくんが最初にぱっと勝利くんに手を出すところが可愛いなぁと感じました。アイコンタクトかわいい。

そしてチームごとによって色がぜんぜん違う。

前回HiHi Jetsがわーっと最後によってくるところが元気でいいなぁと思ってたんですが、Kis-My-Ft2全員がほぼ全パートで「うおおおお」とよってくるところも面白かったです。なんかこう、大人が全力で楽しそうにしているのいいですよね。そのうえで関ジャニ∞の人たちが黙々と(この段階では)しているのも面白い。

ジャニーズWESTの子たちはにぎやかだけど基本に忠実にしっかりやっていこうとしているかんじがいい。

なにわ男子の子たちはガヤガヤわちゃわちゃしてるかんじがして、16時からのパフォーマンスを見たからか「キャラクターの立ち位置」みたいなのがふわっとしながらも把握できてよかったです。

「みんな覚えたかな~!」っていうパートはSexy Zoneということはやっぱり「最初にやった子たち」がやるのかな。

そして最後の最後にもっていく関ジャニ∞さん強い。

よし、あれを言おう、からの突然の小学校の「せーの!」っていっているみたいで和みました。大人がこれをやっている姿というのもなんとも言えぬ微笑ましさがある。横山くんは「バイバーーーーイ!!」っていうのが今ブームなのだろうか。あれ塚ちゃんも同じテンションでよくおっしゃってる。そして何ならツアー始まって早々に言い出して「バイバイしないで!!!!!」ってネタになってた記憶もある。

山下智久

やまぴーさんは圧倒的に顔がいい。いや顔大事。様になる。

  1. With You
    こちらは山Pさんが作詞を手掛けた曲らしい。はじめて聞いたのですが、スタンドマイクよく似合うなあ。そして彼はアップがはえる。定点でスタイルや動きを見るのももちろんいいんですが、表情を見ていたい人だな―って印象です。あと背中がきれい。
    1億人に届かなくても、歌を歌うっていうのがすごく印象的な曲でした。

  2. 抱いてセニョリータ
    トラジャが出てきた~!!!と思ったら抱いてセニョリータ流れてきて「ダンス揃っているトラジャを引き連れてのパフォーマンス」がめちゃくちゃ様になってました。私山下くんの曲これが一番印象的なので(あとこの前出してた洋楽っぽいやつ)カメラワークがアップにさせるところがよく分かってるな~って印象。トラジャの踊りがやっぱりきれい。その上で山下くんが主役だからこその引き立つ感じもすごくしました。

  3. SUMMER NUDE '13 
    すごく爽やかな楽曲。イントロが好き。そしてトラジャのキレの良さからのハイタッチが良いなぁと。良い意味で山下くんは人との距離が主役な上で引き立っているというか。ジュニア引き連れてバリバリアイドルしている「ジャニーズ」ならではの良さを持った人な印象を受けました。だからこそ「ジュニアの見せ場」も出しつつ、ご自身の良さをちゃんと出していくのがいい。
    そしてこの曲いい意味でお手振り曲として盛り上がれそうなのが好きです。夏らしくていい曲ですね。アップになったときにふっと笑っている山Pさん圧倒的なイケメン感でした。強い。

 MCがあるようでなかったのがちょっと残念。もっとどんなこと考えてるのか知りたかったし言葉聞きたかったなぁ。

Travis Japan

  1. 夢のハリウッド
    トラジャの曲でも「生で見たこと有る!!」ってなるものだと個人的に思い入れがあって好きなので(えび座で見られたありがたさ)相変わらずの揃い方と、この曲めちゃくちゃ好きなのをあらためて実感しました。黒髪の川島如恵留くんがなんとなく新鮮で(金髪とかのイメージだから)見てて楽しいです。フォーメーションの動きがわかるカットが多かった印象。夢のハリウッドはいいぞ……しか言えない。

    www.youtube.com



  2. Talk it!Make it!
     こちらははじめましてのトラジャ曲。明るくて元気。みんなで盛り上がれるタイプのキラキラ曲なのがいいなー。七五三掛くんの蝶ネクタイかわいいですね。メンバーごとに実は服装がちょっとずつ違うのにここで気づきました(一緒だと思ってた)こういう「THE アイドル!」な曲をトラジャが歌っているのって何となく新鮮で(VOLCANOとかのイメージだったので)、爽やかで楽しそうで「引き出しが多いぞTravis Japan」感があっていいなぁ。
    ”信じてください”の下りで祈るポージングしているところがあるわけですが、そこが個人的にポイントとして好きです。調べたらオースティン・マホーンのライヴでも披露していたらしい。なにそれ強い。

    www.youtube.com

マスクを手作りしよう~SixTONES

テンションが自由。すごい自由。

「作り方」についての説明部分がきれいにカットされているので(これはどこのグループもしかり)「見て一緒に作れる」やつを出してほしかったな―てジャニーズ事務所に思うばかりです。

選んでいる手ぬぐい/ハンカチがみんなそれぞれ個性豊か。デコレーションのときにすごくみんな真面目に作っている印象。森本くんが「わぁーカメラ」っていう流れからのラジオ体操に笑いました。わざとなのかもしれないけれど、動きがちょこまかしてて和みます。

個別のマスクに関しては以下の通りの雑感。

  • 田中樹くん

「メンカラ青なのか!」っていうのと、SixTONESカラーを入れていくスタイルいいなぁと思います。貼り付ける細やかな作業が大変だろうなと。

  • 髙地優吾くん

星っていう意味では田中樹くんと同じタイプのものかな?この土星は五関くんが使ってたものと同じやつですね!プライバシー保護のためのぺろっと名前出るスタイル「なるほどな~」とうっかり感心してました(笑)

ズドンの濁点を飾りにするスタイル。文字全体は細め。黒マスクを選んでいるあたりSixTONESって感じがする(?)
SixTONESってモノトーンがよく似合うのでなんというか、チョイスにしっくりきたというか。ズドンに関して素朴な疑問なのですがいつ頃音源になるんですかね…。イメージあるのに中々音源で見られないの寂しいのではやくアルバムでたらいいのにな、と思うばかりです。

www.youtube.com

LOVE&PEACEで黒じゃなんくてハッピーということでメンカラのピンクのハートにしているのがかわいい。私彼のこと本当に余り詳しくないんですが(ご家族のことと、なんとなく「花があるなぁ」っていうのと、メインボーカルなのかな?ってぐらい)(2016年の滝沢歌舞伎を見に行っているので見たことはあるはず。ジェシーくんもしかり)改めて「普段なら黒」っていうあたりがSixTONESの傾向なのだろうか…?となりつつ。きれいなお顔だちなのに案外持ち方が雑だったり男の子らしさが詰まっている印象でした。でもラブアンドピース大事…。桐生戦兎*8も「ラブアンドピースのために戦ってる」っていってた…。

 

松村くんの持っているハンカチ(手ぬぐい?)はSixTONESのグッズでしょうか?赤くてかわいい。メンカラとかではなくて赤単色なのかな。Sexy Zoneの勝利くんも自身のハンカチを使われていましたが、こういう「グッズがそのままマスクとして使える」っていいなぁ。また、名前をつけている付け方がいい感じにこう…小さい子とかが名前を統一してつけるかんじがして、アンド髙地くんとの同じ「名前」の入れ方でもちょっとずつ違うの個性ですね。

 

白×黒で文字なためか一瞬麻布かりんとのロゴに見えました…(笑)

www.azabukarinto.com

 私は麻布かりんと大好きです。それはさておくとして、文字にぎゅうぎゅうっと「しんたろ」と入れるセンス私は好きです。彼の愛称は「しんたろう」ではなく「しんたろ」なんですね。言い方も含めてあえてトリの上で「かぶらせていく」スタイルなの笑いました。率先して「徹底的にネタとして落ちもつける」の面白いな―と。野生児(鉄腕DASHのイメージ)なのもあって楽しそうで彼みていると「元気でいいな~」って和みます。

Hey! Say! JUMP

ウィークエンダーは知ってる!UMPも知ってる!ぐらいのふわふわ認識ですが、改めておじゃんぷさんの披露しているのを意識して見る機会がそうそうないので改めてちゃんと見られたの嬉しいです。

とりあえずめちゃくちゃ忍者みたいなお衣装を着ていらっしゃるかたが居て「すごい気になる…誰だあれ…」とつぶやいたところ「それ多分薮宏太くんです」って教えてもらって(むしろ忍者のようでひらひらしてる…!で分かってもらえたことがすごい)、名前もお歌(Ya-Ya-yahの頃のだけど)も知っているのにちゃんと顔が認識できていなかったもんですから(なんならA.B.C-Zのツアーライヴのときに「今日はきてるよ~」って紹介されているので…知っているはずなんだけど……!!)ほほーってなりながら見てました。ターンが印象的。

そういえばSUITS2期が決まりましたね。のんびりこちらも見られる日を楽しみにしていたいと思います。

  1. ファンファーレ!
     明るい曲でいいな~と思ったらセミオトコの主題歌でした。聞き覚えがあると思った。山田涼介くんとV6の三宅健さんが出演されていたドラマですね。
     ”なんて素晴らしい世界なんだ、あれもこれもキミも”っていうフレーズが非常に良い。爽やかでドライブのときに聞いていたい曲なかんじがします。サビあとの「とぅーるるるっとぅとっとぅ~」の腰に手を当てて指をふるかんじのダンスがかわいい。もっと引いて全員みせてくれ…!Hey! Say! JUMPの方々も個性がすごく出る踊り方をしていらっしゃるなぁとここの部分を見ているだけでもよく分かる。中島裕翔くんめちゃくちゃ動いてる…!!って印象でした。
     あと見せ場が強いな~って印象は山田サマ(友達曰く)の山田涼介くん。やっぱセンターって強いな~ってなったんですが、にこっと笑うだけでぶわっと花咲く感じめっちゃアイドル。表情が瞬間瞬間で作れるの才能だなーって思います。

     

    ファンファーレ!  (初回限定盤1) (CD+DVD-A)

    ファンファーレ! (初回限定盤1) (CD+DVD-A)

    • アーティスト:Hey! Say! JUMP
    • 発売日: 2019/08/21
    • メディア: CD
     

     



  2. I am
    こちらは先程の曲よりも聞かせるタイプなのかな。
    一人ひとりのパートが先程よりも多い印象。
    サビがすごいジャニーズらしいジャニーズの曲で、有岡くんが抜かれているところの、指でトリミングしフレームをつくってる部分の振り付けが可愛いなって印象。その横で「叫べ」(っていってるのかな)の曲のギャップ。
    フォーメーションが人数が多い分いろんなことができそうで羨ましい。
    二人ずつのカットも多くて、「いろんな組み合わせもみれるよ!!」っていうのがおじゃんぷさんのいいところでもあるように感じます。ワイワイしててもいいし落ち着いてても良い。そしてサビのあとに中島くんの拳魅せるのとてもいい。オタクは拳に弱い。

  3. Muah Muah
     聞いてて印象に残った曲。率先して推しがハートマーク作るの良いですよね。
    あとこの曲サビがめちゃくちゃかわいい。横揺れしたくなるような、おしゃれソング。これは有岡くん?がすごい目立つ曲だなーって印象なんですが、上の音と下の音、それと間奏がいいから印象がインストゥメンタルだとまた変わりそう。ライトの色変えたようなやつでも見てみたいかも……!

  4. 我 I Need You
     まさかのMCなしでぶっ通し。ジャンプ忙しい。そして元気がいい。スタンドマイクいいな~楽しいな~!っていうのと突然のC&R系な曲。
     伊野尾ちゃんが「あざとい」とよく友人に聞かされていたのですが「あざといな~~」という頬の膨らませどや顔に「これはオタクが頭抱える」ってしみじみさせられました。こう、雰囲気的に現場でいくまえ「なん…なんかすごい曲きたな…」と思ってたのに現場いったら「めっちゃ楽しい!!好き!!!」ってウキウキするタイプの曲なんじゃないかな…ってかんじです。良い意味で女の子アイドルや声優曲っぽさがあって(私が通ってきた範囲内でのイメージですが)現場できてにぎやかになりそうな、そんな印象でした。

  5. MC
     ほとんどなかったに近いのですが、さらっと山田くんが曲について紹介。顔がきれい(それしかいってない)卒業式できなかった人が多い話を聞くたびに心が痛むばかりです。

  6. 桜、咲いたよ
     サビがいい。ラブソングだけど卒業式ぽい曲だからこその「一緒に居たからこその分かれ方」というか、進むかんじがいいのにほんのちょっとのほろ苦さみたいなのがいいな。ラップに対してのそれぞれの表情が印象的。全然みんな違う評定してる。
     あと背景が桜散ってるの好きです。桜咲いたのに散るの速いのとても演出あるある。思いを込めながら歌うのいいですよね。髙木雄也くんの表情が印象的でした。

  7. MCに近いかんじで終わりに
     ある意味「本日の総括」。話されているのは知念くん(であってますか…)なんですが、ジャニーズ事務所の人たちは自分たちのエンタメを誰かに届けていくことがお仕事で、そのエンタメで誰かが笑顔になって、また還元してサイクルが出来上がっていくのがいいですよね。楽しいが伝わって、またそれが他の人にも伝わって。感染予防はするけれど、そうじゃない「楽しい」「嬉しい」というハッピーな気持ちがぐるぐる回っていったら良いよな~~って願うばかりです。最後に「チャンネル登録」というキーワードが出てくるとは思わなかったYoutuberだ!!(笑)

3月30日 20:00~

www.youtube.com

この日はKAT-TUNA.B.C-Z、King&Princeの3組による披露。

発表されて「KAT-TUN火出るのかな!!?」ってまっさきに思いました。KAT-TUNのそういうところ好きです。火はボコボコ出してなんぼ。声ださないと命はねえぞの治安の悪さが好きです…!

 

King&Prince

 

そして本人たちも沢山歌ってきたからであろう、スムーズに歌っていらっしゃっているのがすごい見てて伝わってきました。堂々としていてとても良い。

 

  1. シンデレラガール
    キンプリといえば!!!な曲。何回も聞いているのでもうたぶん歌える。
    そして本人たちも沢山歌ってきたからであろう、スムーズに歌っていらっしゃっているのがすごい見てて伝わってきました。堂々としていてとても良い。
    シンデレラガールのあのキャッチーで聞きやすいかんじめちゃくちゃいい。「魔法が解ける日がきたって」のくだりの上がる感じが好きです。良い。
    今の平野くんの黒髪の髪の毛短めがすごく爽やかなかんじがいいですね。新しいドラマ楽しみにしております。王子様衣装じゃなくてこのお衣装でやってることが個人的にすごい新鮮(いつも見るのMVのやつなので…)

  2. Funk it up
     少クラで多分みた!!な曲。おしゃれ。「キンプリこんな曲もあるのか!」と友人がTLでいうぐらいに意外性が詰まっていたなぁと思います。
    おしゃれで好き。そして岸くんが「カモォン!!」っていうところがすごい好きなんですがおわかりいただけますでしょうか。
    これも多分現場で見るやつと音楽番組で見るので印象が変わりそうなかんじがします。余り大きな踊りではないからこその個性が出るというか、ちょっとした足上げとか、手を挙げるところとかがわかるというか。
    神宮寺くんが手を上げてもう一度おろしてあげて「にやっ」とするところをカメラが抑えているのよく分かってる~!!ってしみじみしてました。とてもいい。

  3. 勝つんだWIN
     少クラでこれも聞いたことがある!!!!!!!いわゆる「ダンス曲」なのかな。
    見れる機会がそれこそ「少クラ」「ライヴ」ぐらいしかないのかな~とも思うんですが一方で「ガシガシ踊っててほしいしガシガシ魅せてほしい」と思えるからこそ音楽番組で見られる機会があったらいいなーとも願う。
    未だにちょっとわからないんですがこれはJrの頃からの曲なのかな…?歌詞も把握していないのですがタイトルだけ「知ってるぞ!!」とかイントロで「わかるぞ!!」てなるんですが、いまいち時系列が……。
    この曲のとき表情がちょっとずつ違うのがいい。高橋海人くんの表情が個人的に好き。

  4. YouMC
     なんかこう…私が比較的にタイミングとして少クラはじめちょこまか見ていた頃合いもあるんですが「わかる、わかるぞ!」が強いというか。
    永瀬廉くんが実際にキンプリでも司会なのかな?最初に声を出している印象です。そして「全員」に話をふっていくかんじがいい。岸くんの反省点をさくさくしていくかんじがいい。はやい。はやい。
    アイドルとして100点なことをいう高橋くんもいいし、締めの言葉をしていく平野くんもいいなぁと。そして素朴な発見なのは「しょうさん」なのだなぁということ。こう、なんとなく「しょうさん」イコール櫻井くんのイメージだから「ああ、そう呼んでるのか~!」っていうのか。そういうかんじの印象で、新鮮でした(笑)

  5.  Mazy Night
     話題の新曲ですね!未満警察おめでとうございます。
    全体的にキレがいい。間奏の踊りがいいなーっていうのと疾走感が実に感じられるので、MVとかで見たらきっとまた印象が変わりそう。
    サビのキーがぐっと上がるところが良いのと、フォーメーションでたっと走り出すところの岸くんが好きです。この曲の本郭にあるところは平野くんだと思うので、そういう意味でも振り付けが最後に平野くんで終わるところとかもこってるな~って印象。

     

     

  6. Super Duper Crazy
    元気が良い曲。お手振りファンサ系曲なイメージ。少クラで見たときに「すごいお洋服着てるなあ」って印象だったんですが、サビの手振り方がすごい勢いで個性が出る。
    その上でC&Rがあるのが面白い。岸くんのも…岸くんのもコールしたいけどできないのはお家芸なのですかね…?(笑)平野くんが笑って歌えてないからそんなことはないのだろうか。みんなそれぞれニコニコしているかんじの、いわゆる「アンコール曲」っぽいのもいいなー。ステージを駆け抜けてほしい曲ですね。なんならタオマフもっててもいいようなかんじの…夏に聞いたらまた楽しそうというか。全員の「かっこいい」という部分から「かわいい」がにじみ出てるのがいいな~ってなりました。癒やし。

手洗い動画「Wash Your Hands」(Hey! Say! JUMP/KAT-TUN/King&Prince/山下智久氏)

グループの違いが出て面白い。

www.youtube.com


個人的に「にぎりしめ手」のときの永瀬廉くんのこれでもかーーってときの顔が印象的です。
また、KAT-TUNの3人が3人で全然表情が違う。中丸くんにっこにっこなんだけど、一方で上田君!!上田君のすごい一個一個確認してるのに謎のおらってるかんじが好きです(笑)
山下智久くんの「見本」となるかんじも好き。一つひとつを確認できるというか。

あとくるくるWashのときの上田くん「このまま喧嘩するんか…」ってどきどきしたのはここだけの話。(準備体操に見えた)(本当にすいません)

じゃんぷさんはみんなわちゃわちゃしてていいですね。キンプリさんはぎゅっと詰まっているかんじだからこその仲良しさが出てて楽しい。
全グループぜんぜん違うの本当見てて楽しい。

 

A.B.C-Z

自担グループ書き出すまでに3万字近くかかるとは思わなかった…(笑)軽率に書き始めたことを心から後悔したけれどまぁせっかくなので…知らないなりに触れていけるきっかけになれたし…と綴っています。

 

  1. ボクラ~LOVE&PEACE~
    正直このライヴをやる、A.B.C-Zが出る、というときに話を聞いて「この人達ならラブピ(この曲のことをそう略している)やりそう」って友達と話していたら案の定で、ざわつきました。やったぜ!!
    とてもいい曲なのと、本当に自然と元気がでるような曲です。また、背景に使われていた演出が昨年のジャニーズ伝説だったかライヴだったかで見たようなかんじの星が連なっている状態のやつだったんで「なんか見覚えがある…!」てなっていました。Going with Zephyrではなぞの新体操と言われていましたが…(笑)でも改めて聞くたびに「いい曲だなぁ」ってなりますよね。

    戸塚さんが今坊主にしているのは先日のいろいろがあったが結果なのだろうか…とかいろんなことを考えつくんですが、まぁそこらへんわからないのであくまで「そうなのかなー」って想像どまりにしておきます。この曲を歌っている5人の表情がすっごく好きで、橋本くんがしみじみ歌っていて、のびのびしているのを見て「は~~やっぱ楽しそうでいいなー」ってしみじみしてました。わかりやすいオタクです。どうも。
    その上での「オイオイオイ!」ってどっかで聞いたことが有る合いの手(河合さん)にちょっと笑いました。すぐ合いの手いれちゃうところ。そういうとこだぞ!!(笑)好きです!

    大サビのところで橋本くんに近づく塚田さんと五関くんがめっちゃ可愛かったです。
    ピースの仕方が人によってぜんぜん違うのが面白い。塚田さんのピースのしかたアイドルのあれだ…知ってる…女の子アイドルで見るやつ…!!っていう(笑)
    また、間奏でカメラによってくるかんじめっちゃ可愛かったです。全員個性が出ている。あっちいったりこっちいったり、全力で走っているの、にぎやかな彼らだからこその良さもあるというか。橋本くんの背中が好きです(n回目)

  2. チートタイム
     先日発売されたニューシングルになります。
    「この衣装でやるの…?!」とざわめきました。正直(笑)お値段お手軽500円のものからMV、メイキングも入った映像など色々入っているものまで出ています。今回はバラエティ面白かったからB盤が好きです。
    チートタイム(初回限定盤A)(特典なし)

    チートタイム(初回限定盤A)(特典なし)

    • アーティスト:A.B.C-Z
    • 発売日: 2020/03/18
    • メディア: CD
     

     改めてA.B.C-Zのなぜか足が揃う、なぜか手が揃うが好きだなぁと感じさせられました。よく揃う。クセの塊のような人たちなのに。
    あと、チートタイム比較的いろんな音楽番組で見る機会が多かったと思うのですが、「生で歌ってることが多いな~」って印象です(リップシンクなぶん安定して踊らせるっていうことについて私は別に否定的じゃないので…)
    これのときもそうですね。生歌だーって思いました。あと橋本くんと戸塚さんが脱いだときに素直に「脱いだ!!!」って口にしたのは言うまでもなく。
    踊りについては地味に疲れるでおなじみなので(振り付け動画で見て試してもれなく体力ないのでゼーゼーなりました)見ててやっぱすごいなって「彼らにとっては」当たり前なのでしょうが、すごいなーって思うばかりです。
    「こういうくらいで丁度いい」の手の動き方が好きです。あと橋本くんが今回本当に楽しそうでソロパートすごい楽しそうに歌ってるなーってつくづくと!!良いことですねいつもにこにこしててくれ!!頼む!!!(笑)全員がニコニコしているとつられてニコニコしてしまいますね。

    明日からファイトファイティーーン!の河合くんのアップダウンの激しさも好きです。河合君本当にクセが強い…!!

    A.B.C-Zの踊りをカメラが結構引いて撮ってくれていて、そういう意味も込で「いいぞ~!!!遠巻きで見るからこその良さある~!!」てつくづくなりました。もちろんアップも本人たちが「ここで決める!」がいっぱいありますが、足とか手が揃っているときとか、そういうのが見れる良さもたくさんあるので、「この角度!!その角度!好きです!」が私の中で今回の配信とても詰まっていました。スイッチャーさんありがとう…。

  3. Vanilla
     オタクが軽率に爆散すると言われている「Vanilla」。
    A.B.C-Zのなかでも人気の高い曲の一つです。それこそジャニーズJr.時代の頃から歌われており、多くの人から「この曲知ってる」って言われることが多いイメージです(当時のジュニア時代追っていないのであくまでも「らしい」程度での認識ですが)
    Love Battle Tourの追加公演でVanilla→砂のグラスの流れはあったので、その反響が大きかったのも含めて今回のセトリに入れたのかなって印象でした。

    くるくるイントロの円を描く踊りが好きです。好きなのはAメロの橋本くんのパートが終わってからの塚五(塚田さん・五関さん)の3ショット。とてもいい。色気がいい。表情がいい。そこから河合さん戸塚さんが前にくるくだりも良い。
    あと「君との距離を測れないまま」の河合さんめっちゃ楽しそうに歌ってるので個人的にいつ聞いてもいいパートだし表情もいいし好きなんですよね…あそこすごく良い。
    また、Vanillaは指先がすごくきれいに動く曲だとも思うので、そこ意識して見てると楽しいですよね。

     

  4. 砂のグラス
    はしパラ*9橋本くんがすーっと一人で無音で歌っていたときの印象がすごく強いです。
    最終日にファンに「Fooooooo~~~~!!!!!!」って声上げられてしー、ってしていたのを見たときに(他の日はそれがなくて最終日だけだったっていうのもまたポイントなのかな、とか)にこ、と笑ってたのが素敵だった思い出です。

    砂のグラスもまたジュニア時代の頃から愛されている曲の一つ。
    口に出せなくての口元を隠す素振りが好きです。また、なんとなく見ていたら左河合さん、右橋本くんの撮り方が多いのかなって印象です(よく一緒に抜かれている印象だった)

    あとこの曲の塚田さん男らしくて非常に色気があって良い。改めてチートタイムからVanillaやって砂のグラスやってるの体力的にしんどくない???って思う。
    しんどくてもけろっと踊れるあたりアイドルすごい…。五関くんと塚田さんさらっとアクロバット最後に入れるところもすごい。一体どうなったらそうなるんだ……どうしてできるんだ……体力とは…?概念なのだろうか…とか見ながらぼんやり思っているばかりです。

    戸塚さんの伏目がちな表情も好きなんですがばっちばっちに目を開いて「お前」を見るぞ、みたいなかんじも好きなんで…こう…色々詰まっていますよね…心境が忙しい…。

  5. MC

    A.B.C=Z汗だくで、どの曲がしんどいのかな…っていつもよりアクロバットが抑えめなのにだらっだらかいているのを見て思ってたんですけれどやっぱり「チートタイム」かな。ゼーゼー言ってるわけではないけれど顔の汗がすごい。

    「一緒に踊れる」のがA.B.C-Zのファンは踊れる、っていうのをお話していましたが体力づくりというか筋トレになるし、他のファンの方も興味を持ってもらえたらいいですよね。せっかくの配信ですし。「機会は多いにこしたことはない」と思います。

    また、ここでセトリが橋本くんによるものだということで「ああ~~(納得)」となりました。Vanillaと砂のグラスの組み合わせ、彼は好きなんだろうなあとここ数年見ながら思います。バリバリの「アイドル」「ジャニーズ」らしい曲が好きなのかな、というのと同時に「色んな人(ジャニーズに興味がある、他のグループの人のファン)が見るから」とお話していて、たしかにジャニーズが人が聞いて、見て「楽しい」と思える楽曲をチョイスするのは前者の「こういう曲が好きなのかな」という考えとちょうどマッチするのかな………とかなんとか。考えました。
    で、ここで話にようやく戸塚さんが参加。戸塚さんはどちらかというと「聞き手」に回ることが多いからこそ「現場の戸塚です」と塚ちゃんからの振りで返事をしている戸塚田(戸塚さんと塚田さんのコンビを指す)のやりとりはキャットファイトのような雰囲気のものもあればこういった和やかなやり取りもあるのいいですよね。魅力の一つだと思います。その上での「with you」を連呼するっていうのは、よく戸塚さんが「YOU!!!!!」っていうところが好きです。

    さらに、ここで橋本くんの「まだやるけど 手洗い うがいは絶対してほしい」というこのライヴの感染予防を伝えるためであるということを思い出させてくれる(これを絶対「言うぞ!」っていうのを前もって決めていたのかも知れない)内容で良かったなぁ。
    大事なことですね。てあらい、うがい。最近橋本くんブログをしっかり更新してくれてて嬉しいです。ありがとう橋本くん。(普段更新頻度低いので…)

     

  6. GAME OVER!!!
     し、新曲だーーーーーーーー!!!!!?!!!!
    曲がめちゃくちゃかっこいい!!ジャジー!とてもいい!!
    何よりダンスもいい!!おしゃれ!!今のお衣装でゴリゴリ踊っているのがわくわくしますね。
    一体全体どこの新曲だ…とどきどきしています。それこそA.B.C-Zの動きに関してはこの公開の後に「馬チャレ」がはじまり、(これは後日ブログにします)、さらにメーテレのデルサタテーマ曲にも新しい曲として別の新曲が起用されました。

    「もしかして、もしかしてだけど両A面…!?」
    「もしかして、もしかしてだけどアルバムフラグ…!?」

    そんなわくわくが蓄積されていくばかりです。応援屋の曲ではというお話もあるからこれも期待している。

    「コンティニュー!コンティニュー!」と歌詞の中にあり、GAME OVER!!!という曲名から察するにカジノっぽい雰囲気で持ってくるかなぁと(お衣装もそっちよりという印象でした)思っているのですが、まぁ一方でソシャゲーもやっている身としてはこの曲から感じられる「ガチャ爆死*10した結果のコンティニュー*11」というようにも見えてきて「やめてさしあげて!!!!!(経験ある人の悲しみ)」とかも思えたのが楽しかったです(笑)あるあるすぎてつらい。

    でもこの曲めちゃくちゃ好きなのでぜひとも!!はやく!!情報が!!!!!!ほしい!!!!ラストなげちゅーかわいい!!ダンス好き!!!演出も楽しみ~!!!

    「何かをスタートするのに遅いのはないよ」っていうポジティブなパートも好きだし、みんな楽しそうに踊っているのがすごい好きなんですよ。
    突然のラップパートにディビジョンはじまったな・・・とも思ったし、別の友人たちに「SMAPと嵐の要素盛り込んだかんじがすごいする」って言われて確かになーっても思ったんですが(笑)そのへんもこみこみで、どんな風に彼らがこの曲を大切にしていくのかな、大事にしていってほしいなーっていう気持ちです。いいものを見させてもらった。

 

マスクを作ろう~関ジャニ∞

公式~!マスクの作り方ちゃんとファンも作れるようにして!!(笑)

マスクできたーばいばーいっていう横山くんぶれない。そういうところすき。

基本横山くん遊ばずやってんなーって思っている横で「ばいばーい!!!!!」連呼なのめちゃくちゃ笑いました。本当にホットワード「ばいばーーーーーい!!!!」なんだなと。

こう全体的に関ジャニ∞さんわいわいがやがやしているかんじが見てて元気があるなあと。マスクのアレンジが他のグループに比べて「自分のでいい」っていうのが少なめなのが面白い。時間稼ぎする人としない人とみたいなのが…。

丸山くん「まるでやま」でマルヤマスクなのうっかりああ~ってなっていました。わかる。
そして最後まで「ばいばーーーーーい!!!」が元気いっぱいでよろしかった。ばいばーーーい!!!!!(笑)

 

KAT-TUN

  1. Real Face
     開始一発目で「花火は!?火は!?」ってなるのKAT-TUNやっぱつよい。すごい。
    スモークがしがしでヤンキー(ヤカラ)感がゴリゴリ出ているのが好きです。そういうところだぞKAT-TUNそしてかっこいいぞKAT-TUN
    今回のお衣装が三人とも違うのがいい。中丸くんのお坊ちゃんぽいのもいいし、上田くんがその上でずんずん歩いている感じも好き(強そう)亀梨くんやっぱセンター似合うなーって思うし。この曲についてジャニオタと呼ばれる部類の人間じゃなかった頃からも「これはわかるぞ」っていうのがあって、かっこいいな~~~って思います。KAT-TUNといえばやっぱこれ!!みたいなのがあって好き。

  2. GOLD
     海賊で話題の曲だ!と海賊の演出?のペンラで前に教えてもらった曲でした。演出がめちゃくちゃ派手で「ディズニーランドのヴィランズでやってそう」って印象だったのを覚えています。手下組…?(ディズニーシーでいっときやってたヴィランズの手下の皆さんのショーのやつ)10年以上たっているのもあってとてもソリッドにかっこよくこちらでは決めているイメージ。詳しくないけどキスマイとかA.B.C-Zがバックついてた時代だったはず(この頃はABCかな?)

    しかしこのお衣装でこの格好している上田君驚きの「少年漫画のライバルキャラみたいな格好されてる」って思ってました。なんかこう…絶妙にコロコロでもいいしガンガンでもいいんだけど人気の高いライバルキャラっぽさそう…。
    曲ちゃんと聞いたことがないのでベストアルバム借りてみたいと思えました。サビがめちゃかっこいい。

  3. ハルカナ約束
     これもなんか聞いたことがあるぞ~!!!
     曲作ってるのがアイシールド21でカミセンが歌っていた「BREAKTHROUGH」でおなじみの森元康介さんらしい。好きな曲調だったのでかっこいい~ってうっかり見入ってました。上から俯瞰してた状態からカメラワークがぐるりと動く感じが良い。中丸くんだけこっち見ての動き(二人が背中を向けている)とかいいなー。
     ライティングが仄暗いかんじなのも他の曲との差が出てて好き。からのギターが入っていくのがいいし、大サビにつながっていくのもいいな~。こういうかめらがぐるんぐるん回るの私は好きなので「かっこいい~~!!」でした。このあとぱーーんって銀テープでてもいいし、ゴリゴリ歌ってるままでもいいし。
    ライヴで聞くことで印象が変わるタイプの曲に感じました亀梨くんのそのまま「うぉい!!うぉい!!」に「出た出た治安がわるいやつ!!」てなるのがいいなー。好きです。

  4. MC
     温度差で風邪を引くタイプのあれそれ。中丸くんの喋りって落ち着きますよね。MCなれしているかんじがめちゃある。そして3人共腰が低いかんじのお辞儀に好感度上がります。
    しかし突然のHIKAKIN氏のネタである「ハローユーチューブ!!」(ブンブンハローユーチューブ)っていうのをぶっこんできたの笑いました。なんか聞き覚えがあるぞそれ。KAT-TUNはメドレー仕様を意識されているのがいいですよね。家の中でのライヴでのよさ、ヴォイヴォイしてほしいとかも詰め込まれているのがおもしろい。あとメドレーが「今まで」と「MC」でつないで、その上で「今」を見せるっていうのが良いコンセプトだなと思いました。
    KAT-TUNについて詳しくない(1つ2つ曲いえるぐらい)の身にとって”この曲知ってる~”からの”知らないけどかっけー!”が詰まっているのすごく嬉しかったです。色んな人が見るからこその考慮みたいなのを感じます。

  5. We are KUT-TUN
     去年のツアーでひっさげた曲というのは聞いていて、かつ、昨年のKAT-TUNのツアーでいうと「上田君が横浜アリーナでヨコハマディビジョンのごとくラップバトルお客さんとやった」っていうのを聞いたりとか(どんなヒプノシスマイク)って思ってたんですが…「まさかのC&R…」にびびりました。KAT-TUNのイメージなさすぎて困惑が隠せない。
     知ってるそれ…うりゃおいとか知ってる…ハロやアイドルの現場でやってるというの聞いたことがある…声優現場でもいる?って聞いたことがある…(でも私の知っているC&Rは田村ゆかりさんのYou&meぐらいしかわからない)現場によっては全面禁止になってるMIXだ…とびっくりしました。どこで一体これ作った人たちは「よっしゃKAT-TUNでやったろ!!!!」ってなったの…?????
     でも一方で「オープニングで衣装着込み3曲分の消費カロリー」とかこう…ご本人たちで…作ったのかな…?「あるある」が詰め込まれているのかな?とか。消防法ギリギリとかもうKAT-TUNについてのそういうネタはネットでも転がっているし私も知っているんだけど困惑していた。どういうことだってばよ…?
     あと「ペンライトがほぼ武器」っていうのめちゃくちゃ笑いました。KAT-TUNのペンライト一覧見るたびに「やっぱKAT-TUNすごいな」ってしみじみします。こう…中学生の男子の夢詰まっているかんじでそのままであってほしい。

     同じ振り付けでも全然みんな三者三様なのも含めて面白い。騒がないと命はないあたりとかもKAT-TUNだなと(印象の問題)ここでの中丸くんの顔が好きです。いい表情してた。からの「Wash up」のうがい連呼に「???」ってなりつつ(笑)多分Clap!なのかな?ってなりつつ、でも楽しそうだからオッケーです!!

    PPPHあったり本当になんというか私の知っているジャニーズとなんか違う・・と思うしガチ恋口上やってるのも「なるほど???なるほど??」ってなりつつ笑わせてもらいました。なるほど今のKAT-TUNエンタメ方向がゴリゴリ以外もあるんですね…?ライブでやったら楽しそうだな~ってなりつつ「女性の本気のC&Rちょっと聞いてみたい」って思いました(笑)

  6. DANGER
     KAT-TUNだし火はあってほしいよね!!!!といっていたらまじで火が出た。強い。やっぱりこうなんか見てると安心感がある(?)
     サビ前の「ゼロ距離で~」のところのアレンジがすごい好きです。かっこいい。
     さっきのWe are KAT-TUNとの温度差がやばすぎて「?????????????」ってなってからの安心感が強い。
    火柱ばしばし飛ばしているのを見ているの好きですし、このゴリゴリ感といえばいいのかなぁ。自分の好きな傾向として頭をふっていたくなるタイプの曲が好きなので、わくわくしてました(笑)

  7. to the NEXT
     新曲!らしい!!曲がアグレッシヴででも爽やかさがあるのがいい曲ですね。
    こう、ゲームのオープニングとかアニメのオープニング感がある。爽やかな疾走感?といえばいいのかな。
     ここで上田君アップになって「上田君めっちゃタトゥーシール入れまくってるなー」っていうことに気づきましたONE PIECEにいそう…(笑)強そう…。

 

 もうすぐライヴ映像も発売らしい!さっきのC&Rも含めてこれでなら見れる?のかな??

 

手洗い動画「Wash Your Hands」(Hey! Say! JUMP/KAT-TUN/King&Prince/山下智久氏)

2回め!!(笑)どのグループもわいわいしててみてて楽しそうだな~というほっこり感があるのがいいですね。楽しそうに越したことはない…。

 

ご挨拶と追加のお知らせ

もうフォントがしねきゃぷしょんにしか見えなくてそこにしか目がいかなかった。

fontfree.me

すごい見覚えがあるフォント(乙女ゲーとかのMVでよくある)ので、「多分これ…そうだよね…?」ってなったり。衝撃でした(笑)

また、総集編と何かしら追加がありそうだったので「今回出られていないV6とかも見られたらいいのになー」って思っていました。結果的に言うと嵐だったので(逆に言うと嵐は最初からあると思ってた)なんというかやっぱトリはそうだよね~となりつつ…ちょっと本音を言えば木村拓哉さんも私は見たかったぞ!!(笑)

 

総集編+手洗い動画作成シーン

どんなふうに手洗い動画を作ったのか、ということとメイキングが流れていました。

コメントの中で「ライトを客席に置いているからお客さんがいる見たい」っていうコメントを見かけてそうだよなーっていう気持ちと同時に「やっぱ見えてないのカー知ってたけどそうかー」っていうジレンマが生じつつ(笑)一方で「披露して熱いけど、一方でお客さんがいたらもっと熱い」というコメントを数日前にしていた人がいることも含めて「ライトで自分たちのモチベーションは上げてられている」けれど「普段とはやっぱりちょと違う」のがわかるのかなぁとか。お客さんがいる/いないのその違いはファンとしては「あまり変わらない」だとそれはそれで寂しいので(笑)違っていてほしいのと素敵なパフォーマンスがみたいジレンマが出来上がるわけです。

 

また振り付けの「こういうときはここにして」みたいなのもともと個性を出していくこと前提でやっているのが面白かったです。各チームぜんぜん違うからこその良さですね。

 

嵐の手洗い動画

嵐はご自身たちのお歌が入っているのですね。

 

www.youtube.com

 

そしてカットが全員個別であるのさすがだなぁと思うと同時に、こう、嵐の個性でいうと本当に「手本」だなと思いました。どういう動きなのか、っていうのがすごくわかりやすというか。

また、加えて「実際に手を洗うにあたっての順番についての説明動画が入っているのが良いですね。実際に「wash your hands」するにあたって、ただ流せばいいわけじゃなくて順番が必要というか。

以前インターネットで回ってきた手を洗うにあたって透明なぶん見落としがちというのがあって、黒いインクで洗って「あらいのこし」がどのぐらいあるかわかるよっていうのがあったので、それを見てみたら結構見落としがちなんだなーってなったので「こういうふうにやったらいいよ」が手本としてあるのありがたいですね。

 

「やっぱりトリは嵐だろう」っては思っていたものの、実際にMCなど話を聞いてみているとめちゃくちゃスケジュール組み合わせるの大変だったろうなと感じられました。

MCが全体的にやっぱりテレビ向けというかスムーズというか、お話聞いていてよく考えられているなぁと(あまりギャップを感じなかったというか)あと全員が話に参加しているようなMCをしているのが嵐の印象としてより強く感じられました。

  1. season
     嵐の曲は最近のものわかっているようでわからないからこそ「はじめて聞くやつかなー」って思っていたのですが…いやこれ聞いたことがあるぞ…?って思ったら2000年代に「もし僕が、嵐でなかったら」というCMをauでやっていて、そのCMの曲でした。
    道理で聞いたことがある、っていうのと同時にこのCMをこのタイミングでここで選んだということがちょっとなんか…こう…ファンじゃなくても頭抱えちゃうじゃないですか。
    例えば嵐じゃなかったら少なからずその場所に彼らは立っていないし、誰かを笑顔にするためにこの動画を取ることもできなかったし、なんというか「休止」という選択を選んだ彼らがこの曲を歌い、ここから訴求しているっていうの…えええ…めっちゃ胸に刺さる…ってなりました。穏やかそうな顔で歌うから余計にも~~そういうところ~!!!嵐すごいな~!!ってなるばかりです…。「もし僕が、嵐でなかったら」、今だからこそ見ると本当にこう…ささる…。あとこのCMめっちゃ好きなんですよね…風間くんが二宮くんの引っ越し手伝ってるやつが好きです…桜が綺麗なんですよね~!!!!ファンじゃないけれどとても思い入れのある映像だから見てほしい・・・・。

  2. A・RA・SHI
     ちぇけそうそう!!!!!もう「どうも!!嵐です!!」が詰まったこれやっぱり聞くと手が振り付けできるのはきっとジャニオタだからではないと思うんですよ。刷り込みかもしれないけれどやっぱり覚えちゃう。
     曲時代あらためて歌詞聞いてみるとすっごい今の時勢に感じるものがいっぱいあって、しんどいことも多いからこその明るい曲が聞きたくなることっていっぱいあるし、すごいささるなっていうのと「ここにきて花道使ってきた~!!!」っていうのにちょっとびっくりしました。あまり使っていなかったから…(笑)

     元気でポップで、明るくなれるのがいいですよね、A・RA・SHI。いっぱいいっぱい聞いてきた曲だけれど、多分ファンの人達からすると「ま た か」ってなるの絶対あるじゃないですか。私はせっかくの機会なんだから違うのも聞きたいぞっていうこと言う気持ちなるほうなのでわかるんですけれど、今のこのタイミングで、色々不安の中で聞いたらこう・・うっかり・・泣きそうになりました。良い曲だ。
    そして五人が五人としてニコニコしているのが、いいなぁ…と思うばかりでした。

  3. Happiness
     また懐かしい曲だ!と思うのと同時に「これを見ているあなたの笑顔が見たい」っていってくれるのいいですね。ファンじゃなくても嬉しくなるし、自分が

    嬉しくなるなーって思います。
    同時に、カメラパフォーマンスがうまい。さすがの嵐さんである。
    ぴょこぴょこして、元気に動いているのと同時に明るい曲なのに「な、なんか意味わからんが泣きそうになるぞ…」パート2でした。

    この曲に関しては私自身も散々聞いてきた曲の一つだし(嵐のファンになったことはなくてもCDはいくつか買っている)その上で、なんか有無を言わさない胸をさすかんじがいいなぁっていうのと。

    やっぱり嵐は派手にパフォーマンス決めているのすっごい似合うんですよね。ニコニコ笑っているのが似合うし、演出は派手であってほしい。なお紙吹雪(桜?)で顔が見えないのはちょっと笑った。

    でも彼ら自身が精一杯パフォーマンスしているのを見て、自分の中ではささるものがいっぱいあって、「やっぱ嵐すごいわ…」って結論に至りました。アイドルすごいわ…(n回目)

    今の彼らだからできる「Happiness」と、当時の彼らの精一杯の「Happiness」それぞれ違ってどっちもHappinessなんだろうなぁ、なんてそんなふうに思います。

    www.youtube.com

 

全体を通して

全然知らない曲もあれば「あっこの曲知っている」もあって、すごく楽しかったです。

私自身ジャニオタかって言われると「多分オタクというのはおこがましい」てたぐいのタイプの人間なんですが、いろんなグループをいろんなふうに楽しむことを「DD(誰でも大好き)」って言われてしまう部分もあるのは知っています。

その上で「各チームにメンバーそれぞれに個性があって、それを感じることができる良い機会」だったと思います。推ししか勝たん、という言葉も最近よく聞きますが私の中では「自分の推しはすごく特別で大切だけれど、勝敗うんぬんではない」という気持ちなので、みんなそれぞれの「推し」がきっといて、その推しを紹介してもらえるような、そんな機会であったと思います。

パフォーマンスで泣くこともできれば笑顔にすることもできる。アイドルってすごいなぁとつくづく感じました。

まだまだしんどいし、不安なことめちゃくちゃあるけれど、一人ひとりが「画面の向こうのあなた」「画面の向こうの私」へ、何かを訴求しようとしてくれたことがすごく感謝したいところです。

今回参加できなかったグループも、お人も、それぞれまた見る機会があったらいいなぁと願うばかりです。みんなそれぞれにそれぞれの気持ちがきっとあって、それを見せてもらえたら。その欠片をちょっとでももらえたら。そんなふうに思うばかりです。V6も木村さんも内くんもTOKIOも叶うことなら見たい…。

 

しんどいこと続きだけど手を洗ってうがいして、感染予防しながら踏ん張って明日も今日もこれからもがんばっていけたらいいですよね。そんな気持ちでしめたいと思います。

*1:参考:https://www.youtube.com/watch?v=Mlky1vJI0EY

*2:3月29日「いい家の過ごし方」としてのお話。

*3:3月29日えびブロ「姪っ子に上げた」宣言

*4:「長尾謙杜」と書くらしい

*5:仮面ライダー555半田健人氏の役柄

*6:月に一度の番組

*7:Kis-My-Ft2のレーベルはエイベックス

*8:仮面ライダービルドの主人公

*9:橋本良亮くんソロコンサートの話

*10:だいたい貯めていた石で10連ガチャ引いてもれなくほしいものが手に入らなかったときにこういうのを指す

*11:世の中ではこれを課金という