人生日々ハイテンション

見たこと・好きなこと・楽しんだことの雑記&備忘録

横浜アリーナにいってきました

きたる8月8日、A.B.C-Zのコンサートで横浜アリーナにお伺いしてきました。

何があったかというと、戸塚さんの大きなハプニングがありました。

何がどうなってそういう結果に至ったのかは分かりませんが、双眼鏡や画面越しで見る彼の表情はたいへん険しく、脂汗が出ている(ように見えました)。

息が詰まるかと思いましたし、ああ、それでも対価を支払っている以上ショー・マスト・ゴー・オンでやらなければならないものなわけで、しんどいなと思ったり、思わなかったり。

それも踏まえてのんびりと感想を書きたいと思います。

ネタバレは相変わらずなのですが雑記として、また記録用として語っているだけなのであまり参考にならないかと。「こういうまとめを書いている人がいる」くらいでお願いします。

続きを読む

デストラップの大千穐楽を終えて感じること考える事

以前書いた記事が5万を越えた「バカかな!?!!本当バカかな!?!!」って怒られるレベルの文章量になってしまい、友人からページが開けない重たいふざけんなというクレームを頂き、分割すればよかったかとちょっと思いました……が、内心「でもそんな分割するほどでもないだろう」となんか悪いこと考えてて。

それで結局「じゃあどんなもんか」と自分で読み直したらアドリブについてとか色々書いたからこんなことになったんだな、と結論に至りました。

 

正直すまなかった。

 

だけどまぁ、私の好き勝手が少しでも何かしらでも読んだ人が「こいつバカみたいに長い記事を書いているなあ」「ばかじゃん」と笑い飛ばすきっかけになっていればいいです。

楽しいのが一番です。そうです楽しいです。感想をまとめるという行為が私は楽しくてしょうがない。

 

ということで、先日DEATH TRAP(デストラップ)が閉幕致しました。

千穐楽が無事に終わり、出演者、スタッフの皆々様お疲れ様でございました。

「サスペンスコメディって何ですか…」って思いながら、福田雄一氏の「小学生男子が好きなテンション*1」を読み解いて嗚呼ウンそういうことか~っていう風に思いながら、ときに笑ったり、ああ、なるほどねえと納得したり、いろんなことを感じさせてもらいました。

そのうえで、のんびりと全部終わったからこそ踏まえて考えてみようと思います。

 

amanatsu0312.hateblo.jp

その時々に感じたことは上の記事参照。

*1:ソースはヨシヒコ見ている男子フォロワーさんの反応から

続きを読む

【千駄ヶ谷・ほそ島や】藤井四段も愛好、将棋めし第1話の「カレー丼」を求めて

ドラマ「将棋めし」が面白いです。

最初のきっかけは120%キャストからだったんですが、だって内田理央ちゃん主演で、上遠野太洸稲葉友ってなんですか仮面ライダードライブですか?!ってレベルな訳で。けれどドラマを見たらいい具合にB級ドラマというか「ああー分かるー超おなかすくー!」ってなった上に千駄ヶ谷というまちなかを歩きたくなるような空気感ですね。

twitter.com

www.fujitv.co.jp

ということで第一話の感想と一緒に将棋めしぶらり旅してきました。

続きを読む

A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour - 大阪城ホールにいってきました

いろんなことを語りたいんですけど、どの点をとってもネタバレにしかならなくて頭を抱えています。

人生初のA.B.C-Zのコンサートです。

f:id:amanatsu0312:20170731123506j:plain

 

運動会はじめ何かと見にいかせていただいていたものの「A.B.C-Z」としてのコンサートは初めてで、彼らがどんな風に躍動するのか期待して、楽しみにして拝見させていただいてきました。

取り敢えず、セトリとか、細やかなネタバレは全然そもそも論覚えていないので役に立たないと思いますが、ひたすら初日の感想を書きなぐっておこうと思います。

でも一応やっぱりコンサートだし、知らないほうが楽しめると思うので、閉じておきますね。

続きを読む

橋本良亮24歳にあたり、かける想いを馳せる

映画みにいったのにそのレビューを書くこともなく先に橋本くんの誕生日について思いを馳せている時点で大分おかしいし(書き終わってない)、そもそも橋本くんの誕生日とっくに過ぎているという現実である。ごめん。

2017年7月15日、橋本良亮くんお誕生日おめでとうございます!!!

 

 

ということでひたすら、かける想い*1を馳せたいと思います。

今回のこちらのイラストは私が巻き込んだ五関担の百さんから。ありがとうございます。

……ってことで、たまには真面目に話したいときもあるもんだ。

*1:清水エスパルス06年ぐらいのキャッチコピーだったね

続きを読む