人生日々ハイテンション

好きなものをビュッフェスタイルに楽しむ人の備忘録

うまいもん研究会/散策紀行(2)「”マスカレード・ホテル”ロケ地でアフタヌーンティーしようぜ」編

「マスカレード・ホテル」という映画が先日公開されて「御覧ください、左からHERO,HERO,HEROそしてHEROになっております」みたいなTHEフジテレビ感の映画だった~~すごい金かけてる~!!っていう印象になりまして(?)

見終わった後に「ホテルきれいだな~」「世の中のホテルマンの皆さん有難う~!!」という応援上映みたいな感覚に陥るという…びっくりするほどチョロさを発揮しました。

 

ちなみにマスカレード・ホテルの感想は次のとおり。

amanatsu0312.hateblo.jp

 

で、見終わった映画のテンションで「待って!!マスカレード・ホテルでマスカレードショコラ食べられる!!!」という斜め上テンションを発揮しました。

からの「乗るっきゃ無い、このビッグウェーブに!!!」と意気揚々と行くことにしました。

 

ということで、2月のそれゆけ!うまいもん研究会も意気揚々とやっています。またか まただ。

【うまいもん研究会】

「楽しいを可視化しようぜ」そう、研究会ならね

毎回振り切ってきたこともあって、食べ物いろいろ思い返せば食べてきたねえなんてことを話していた流れで「振り返ってみようか」となって新たなロゴに!!

みんなで「美味しそうな色はどれだろうか」「いやはんこスタイルも捨てがたい」「おにぎり主張していこうぜイエイイエイエイ」「赤もいいけど紺色はどうかな?」とかいろんなことをディスカッションしたんですけど、デザイン組んでくださったいちげさんに感謝しか無い。いや本当有難うございます。

色の修正とか背景作るとかいろいろご面倒だったろうに…感謝しかないし「ちょっと私の財布の用意をだな」といったら「いつもチョコくれるじゃないですか」って言われて私そんな餌付けしてたのかとハッとしました。たんとお食べ…(笑)

それにしたって、我々、めっちゃ食べてる(大事なことなので2回いいました)

続きを読む

【読書感想】トランクひとつだけで飛び出したくなる「スーツケースの半分は」

通勤の合間に本を読むことをしているのですが、久しぶりに紙の本を購入しまして。読了したのでその感想をつらつらと語りたいと思います。

近藤史恵さんは「ビストロ・パ・マルシリーズ」がとても好きなのですが、今回の小説はその雰囲気とはどうやら少し違うようで…。

本屋で見かけて一目ぼれして表紙買いっていう典型的衝動買いのケースです。手に取ってレジに並んでいる間に「あっこれ近藤さんの本か」と発見してびっくりしました。スタンド使いスタンド使いは惹かれあうみたいなもんですかね。

そんなこんなで本を読んだ以上はせっかくだしその感想をまとめたいと思って書き記しておきます。

今回のブログタイトルは米米CLUB浪漫飛行から。飛び回れこのマイハートです。米米CLUBの曲あまり詳しくない私でもさすがにこれはわかる。そして良い歌詞だなぁと思う次第。

旅行行きたい~~この現実という名の足かせから解き放たれて逃避しつつ現実に向かうためのリフレッシュほしい~~~なんていう意味の分からないことを言いつつ仕事しています(笑)

浪漫飛行

浪漫飛行

  • provided courtesy of iTunes

 

ブックデザインがとても可愛らしくて、小説の内容を象徴するものなんですよね。

ポップでありソーキュート。

 

スーツケースの半分は (祥伝社文庫)

スーツケースの半分は (祥伝社文庫)

スーツケースの半分は (祥伝社文庫)

 

ということで、ネタバレ考慮はしていません!つらつら語っています。

続きを読む

オシゴトガタリ/vol.02「北海道銘菓”ビタミンカステーラ”と”あずチャンかぼチャン”をつまみながら」

2019年も2月にはいって、なんかこう去年って単語をやっと使うの慣れてきた気がします。うっかり2018年の出来事を「今年さ~」っていっちゃうのってあれどこらへんなのか境界線が気になる次第です。

ということで、今年から「好きなものをひたすら話してもらう雑談場・オシゴトガタリ」を始めたわけですが、早速第2回をオファーいたしまして。無理難題なのにも受け入れていただけまして!ということでいそいそと記事もまとめたいと思います。

 

▽前回の記事

amanatsu0312.hateblo.jp

 前回は「プロ自転車チーム」という私が全く知らない世界のお話を聞いたのですが、今回のゲストは北海道にお住まいのチャコさん

普段はV6をはじめ様々なことに嗜む素敵なお方です。

f:id:amanatsu0312:20190212225755j:plain

ご協力ありがとうございました!!!

こちらの画像も前回と同じくまんぷくメーカーさんより。しろくま (@shiroklive) さんが作られたパーツを組み合わせてチャコさんにイメージしてもらいました! 

チャコさんはおいしいもの・楽しいことに対してまっすぐで一人で勝手にリスペクトしています。

今回はそんな北海道はでっかいどうでおなじみな北海道の、地元銘菓について教えてもらうことにしました。

「いや話す内容が皆さんに比べて少ないので…」っておっしゃっていましたが大丈夫なんです単純にこう…今自分が好きなもの、とかそういうのでいいんです…長く好きでもそうじゃなくても…ハッピーターンめっちゃ好きとかそういう感じで…軽率に「俺これ好きなんだよね、小技…?」みたいなそういうやつなので…コワガラナイデー!!!(笑)

友人各位に「興味あるやつは片っ端から声かけてくからな!!」と宣言しているのですが、みんな似たことを言うので全部「私は君から好きなものの話を聞きたいんだよ!!」っていう説得を試みているという話です。

 

「オシゴトガタリ」とは、このブログの管理人が、「推し(好き・応援・大切・考察対象等マルチな意味を指す)事」をしているフォロワーだったり、友達だったり、名乗りを上げてくださった方に対してインタビューする企画です。

「無理しない」「楽しい!を人から教わる」ことを基準に行き当たりばったりで行っています。

1ミリも知らない(ミリしら)のものなら「そのもの」を教えてもらい、

知っているものなら「この人はこういうところが好きなんだな!」と感じる。

それができる場所。それが「オシゴトガタリ」です。

ということで、今回は北海道のお菓子「ビタミンカステーラ」と「あずチャン・かぼチャン」についてです。

北海道のお菓子って「白い恋人」「六花亭」くらいしこポンと思いつかないと言ったらじゃあ教えたるぜ!!!と教えてもらいました。八割私が強引にお願いしましたすいません(笑)

二つとも全く知らないお菓子だから気になって仕方がない!!

続きを読む

オシゴトガタリ/vol.01「プロ自転車チーム・那須ブラーゼンの疾走る未来」

 「さぁお前の推しを数えろ」と仮面ライダーWの決め台詞のパロディ甚だしいんですけど、世の中には色んな人のいろんなものに対する「好き」があるわけで、それを《推し》《担当》といろんなネーミングを付けられるわけなんですけれど。

何にしたって最大に名付けられるものは「好き」が根底としてあるんじゃないかな、と思う次第です。

「オシゴトガタリ」に関してはアラタカンガタリ通称アラカンから派生しました。

面白いのでおすすめ。

第1話 革ノ命?ARATA NO INOCHI?

アニメにもなってますよ!!

 

 で、そもそもですね、最初に「推し事」と「御仕事」をかけた人はすごいなと思います。

ということで、先日「担降りインタビューさせてもらった」という流れから「こうやって人にインタビューするのめっちゃ楽しくない???いろいろ聞かせてもらうのワクワクじゃない??」っていう感情を抱きまして。

せっかくなら「楽しい」を聞きたいなって思った次第です。

参考例として過去のインタビューはこんなかんじ↓

amanatsu0312.hateblo.jp

 

自分自身にとっても知らない世界を知る切掛として教えてもらいたいな~と思い「ちょっと好きを聞かせてよ」ということを始めてみようと思います。

今回の「推し」という単語を使ったのは「推しって言葉超汎用性と多様性が高い&いろんな使い方がある」というブログを拝見したからです。

note.mu

 

ここから「待て、そもそも推すってなんだろう」と考え始めます。顔はもはや宇宙猫。軽率に推す推す言い過ぎてゲシュタルト崩壊を起こしていました。察して。

 

「推す」とは

  1. 人や事物を、ある地位・身分にふさわしいものとして、他に薦める。推薦する。
  2. あることを根拠として、他のことを判断する。推し量る。
  3. さらに突き詰めて考える。「その点を―・していくと、問題の本質が明らかになる」

(引用元…goo国語辞書

人によって「推し(担当)」の概念は変わりますが、とりあえず言葉としては上記の通り。

「考察する」もまた推しとして言うなら作品を推すこともまた有りうるわけで、人に薦めるという意味での”推す”なのか「応援する」の”推す”なのかいろんな形の”推す”が今は多様性としてあるわけで。

まぁじゃあ、「応援する・好き・考える・趣味」全部ひっくるめて「推す」という言葉に凝縮し、その推しの「こと」を語ってもらおうということで「オシゴトガタリ」してもらおうと思います。

あと、「推し言(おしごと)」は当てずっぽうにいう言葉という意味があります。

「その人の今の思いを思いっきり吐いてもらう」って意味も込めました。根拠がどうとかじゃない、今、自分がこんな風に楽しんでてこのことを話したい!!聞いてくれ!!オレの話を聞け!!!!!ってかんじで。

このときのこの人はこう思ったよ!!そんな話です。

 

インタビューしつつ自分もその世界も広げられたらいいな~ってお話なのでよければお付き合いください(笑)

 

初回ゲスト:GoGoさん

今回「オシゴトガタリ」をお願いしたのは「プロの自転車チーム・那須ブラーゼン」を応援している、GoGoさん

f:id:amanatsu0312:20190208082234j:plain

GoGoさんにアイコンを作っていただきました

こちらの画像はまんぷくメーカー|Picrewさんのものです。しろくま (@shiroklive) さんが作られためちゃくちゃかわいいやつです!!見てるこっちもホクホク。

GoGoさんはお母さんであるとともに那須ブラーゼンを応援されているサポーターさんです。

 

ということで、GoGoさんに、なぜ自転車競技にハマったのかとか、チームを推すことについてや、親子でファンをしていることなど、いろいろお話してもらいました!

続きを読む

【大田区・千鳥町】ザ・リビングで「座ったままでいちご狩り」ができるよ

 

みんな~~~苺は好きかー!!!!

ということで、苺がめちゃくちゃ好きです。名前柑橘類だけど。それはそれということで。

で、まぁいつも「苺っていいよねー」「苺をたらふく食べたい」ということを友達と話しているわけですが。

東急池上線の千鳥町にある「ザ・リビング」さんで座ったままいちご狩りができるという話を聞きつけまして。でもってネットで調べて「え~~これは行くしかあるまいて~~!!」というノリでお休みに伴い行ってきました。

 

ただの食道楽感想録だから多分なんの役にもたたないとは思う。

でもなんだ。「すごい苺!!!!!!!!ねぇ見て!!!!!!!!」っていうそれだけです(真顔)

続きを読む