柑橘パッショナート

二次元、三次元、映画、アイドル、サッカー他諸々の多趣味の結果、好きなことをアウトプットするためのビュッフェタイプになったブログです

【神保町】古書の街・神保町で紅茶を嗜む「ティーハウスタカノ」

先日「オシゴトガタリ」のインタビューをさせてもらうべく待ち合わせを行いました。

場所で選んだのは今回のタイトルにもなっている「ティーハウスタカノ」さん。

神保町というとボンディをはじめとしたカレーの大変美味しいお店がずらりと揃っており、あそこもいきたいここも行きたい欲求の塊なんですけど(笑)今回お伺いしたのは「ティーハウスタカノ」さん。

古本屋さんがずらりと並ぶ神保町に佇む紅茶に特化した紅茶専門店になります。

f:id:amanatsu0312:20191011113622p:plain

優雅なティータイムっていいよね
 (写真元:Freepik - jp.freepik.com によって作成された background 写真

 

ここに行き着くにあたりいろんなドラマが待ち構えていたわけなんですが(完全に私の凡ミス)、そのへんの出来事はまぁさておくとして、つらつらと書いていきたいと思います。

 

神保町からでも御茶ノ水からでも行ける距離

立地は神保町駅からすぐそこですが、御茶ノ水駅からでも歩いていける距離。

神保町あまり降り立たない場所なのですが、この日は非常に良い天気で散歩日和でした。

f:id:amanatsu0312:20191011114031j:plain

ちょっとした散歩日和

ルピシアのある通りをまっすぐ歩けば、そこに「ティーハウスタカノ」はあります。

f:id:amanatsu0312:20191011114024j:plain

外観

完全お店は地下です。

auだったのですがもれなく電波がなくなりました(笑)

なお、千代田区ワイファイが飛んでいるのでそれをキャッチしていました。なんか聞いてたら「えっWi-Fiなくても電波飛んでたよ」ってソフトバンクユーザーに言われました。おのれau……。

 

お店についての概要

www.teahouse-takano.com

ホームページ見て、っていっちゃうともう元も子もないしそもそもこんなページ創る理由一ミクロンもなくなるんですが(笑)歴史ある素敵なお店です。

1974年「本の街 神田神保町」に東京で初めての紅茶専門店を開店。

以来およそ40年紅茶が好きでたまらない人々に支えられて「紅茶本来の味と香り」を大切に守っております。

(公式ホームページより)

こう書かれている通り、長い歴史と、確かな実績を誇るお店。東京で初めての紅茶専門店っていうのは今書きながらそうなのか、と知って驚きました。

また、販売しているのはティーハウス内の紅茶と軽食の提供以外にも、オリジナルグッズが諸々。紅茶好きなのですごい嬉しかったです。世の中いろんなものがあるなあと!!

 

お店の中へ

お店の中は大きな長テーブルがどん、と一つ有るのと、カウンターがありつつ、2人がけ(時々4人用)のテーブル席があるような作りでした。

お店のスタッフさんが忙しそうに行き来してて、大変そうだな~って思う反面全体的な空気感としては落ち着きのある静かなお店。もちろんティーハウスなのでティータイムを満喫されるために女性、男性の華やかなお話される姿が見られるのも特徴です。

f:id:amanatsu0312:20191011114048j:plain

カウンターとテーブル席

ちなみにお店の入口では茶葉や焼き菓子も販売していました。なので気に入ったお茶をそのままお買い上げすることもできそうな形でした。

 

紅茶の種類も色々

ということでメニューはマルチに色々と用意されていました。

紅茶の他にもフルーツジュースも用意されていて、色んなパターンのいろんなものが楽しめる仕様。

f:id:amanatsu0312:20191011115711j:plain

メニューの一部

特にセイロンティーが強いのか、ダージリンアールグレイの他にもセイロンティーがたくさんありました。

紅茶の違いに関しましてはあまり詳しくないので手探りではありますが、とりあえず「セイロンストロングティー」と「セイロンティー」をそれぞれ飲んでみました。

ランチタイムということで「ランチセット」があり(サラダ、選べるサンドイッチ、飲み物)それで頼んでみた次第です。この後にスコーンとフルーツババロア食べている時点であれなんですけど!(笑)

 

食べてみました

早速実食。待ち合わせをしていたお方はすでにダージリンティーを飲まれていて(本当に本当に遅くなってしまって申し訳ない)、さらに追加でということでダージリンフレッシュ(一番摘み茶)を選ばれていました。ランチということもありセットにしてみたのですが、サンドイッチが選べるということで二人して「な、悩むぞ~!?」となっているという。

とりあえず私はチーズたまごサンドにしました。

ランチセット(甘夏チョイス)

f:id:amanatsu0312:20191011114055j:plain

ランチセット

トーストされたイギリス食パンにたっぷりバター、さらにたまごサラダがぎっしりほろほろ&きゃべつのシャキシャキ巻。

f:id:amanatsu0312:20191011114042j:plain

上から見るとこんなかんじ

こんなの好きに決まってるじゃないですか~~~~っていうことを全方位的に訴えたい。紅茶との組み合わせが最高に好き。

また、コールスローサラダも付いてくるのでもりもり食べられてしまう。パンとサラダと紅茶って気持ちはイギリスティータイムを嗜むかんじでニコニコしっぱなし。

平日限定で予約をやっているアフタヌーンティーとかもあるらしくていいな~~って思うばかり。いいなぁ!

 

スイーツも楽しもう/スコーンと紅茶という鉄板さ

ひたすらオシゴトガタリを聞かせていただいた後に、「ちょっとお茶なくなったから追加しますか」となり「じゃあお茶頼もう」とキャッキャしていました。完全に趣味が出ている。

で、今回のお相手の方が頼まれたのはほろほろスコーン。一個いただきましたが驚きの優しいお味。ジャムとクロテッドクリームの相性が最高かよ~~~!!!ってなるばかり。というか世間でクロテッドクリーム販売していなくてちょっと泣きそうなんですけどもっと需要を知ってもらいたさがある。

f:id:amanatsu0312:20191011114038j:plain

スコーンはいいぞ

 

スイーツも楽しもう/フルーツババロアの魅力

お店のスペシャリテの一つとして、「フルーツババロア」というものがありました。

一体どんなものだろう…?とネットで調べても「なるほど見かけに対して全くどんなものなのか想像がつかない」っていうことで、じゃあ食べてみようの二つ返事の決断。決断が早いのはいいことですね!(笑)

f:id:amanatsu0312:20191011114034j:plain

フルーツババロアと紅茶のセット

そういえばこちらのお店のミルクは二人分でおいてくれるのですがその量がしっかりしているのが特徴です。ティーポットにしっかり紅茶が入っているのもあるので、じっくりゆっくり濃い目になったときにミルクティーとして飲むとまた香りも味も堪能できるのが嬉しい。

で、フルーツババロアの感想ですが。

こう…うまく伝えられないんですけど!!優しい味がします。ミルクベースにフルーツの缶詰(カットフルーツかもしれない)が入ってるようなかんじ。ふんわり甘くてつるつるで、さっぱりした味わいがポイント。

紅茶はホットで、ゆっくり飲みながら味わってしみじみ…という優雅な時間をもらえました。ぷるぷるでつるつる、大満足でした。

ごちそうさまでした!