柑橘パッショナート

インプットとアウトプットを繰り返すごちゃまぜブログ

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルでいちごの「デュオパフェ」を愉しむ

 

f:id:amanatsu0312:20210112120531p:plain

今回は品川にあるストリングスホテル東京インターコンチネンタルで始まっているデュオパフェの感想を綴ります。東京が緊急事態宣言が出る前にいったものですが、ソーシャルディスタンスが守られたゆったりとした空間で楽しめた感想になります。

f:id:amanatsu0312:20210112113821p:plain

いちごキング、いちごクイーン(各2,800円)※公式写真

 

 

 

- スポンサーリンク - 

 

 

 ”ストリングスホテル東京インターコンチネンタル

品川駅からすぐそこ。水族館などがある出口ではない出口になります。

intercontinental-strings.jp

 

f:id:amanatsu0312:20210106151903j:plain

ロビー

めちゃくちゃ落ち着いた雰囲気だったので品川のオフィス街独特の賑やかさとは少し離れたかんじでゆっくりできました。

デュオパフェとは

例年やっている企画らしいのですが、2つの大きなパフェを楽しめるコースです。いちごは2回め?とのこと。

人数制限はないので「2人でシェアする」ということを工程しての1コースで十分だと思います(一人で黙々食べるのでももちろんオーケーです)

また、お紅茶が2種類楽しめるというのがポイント。好きなドリンクとゆったりとしたパフェタイムが楽しめます。

 

f:id:amanatsu0312:20210106151844j:plain

左がキング、右がクイーン。

 

今季はそれぞれにスペードとハートのチュイルあしらい、貫禄の佇まいを見せます。

王道の“苺とチョコレート”で魅了する“いちごキング”は、濃厚ながらも軽やかなミルクチョコレートのムースやクリームに、塩キャラメルのアイスクリームとカシスのジュレ、そして苺の甘酸っぱさが絶妙にマッチする一品。苺のマリネや苺のスライス、そして丸ごと苺がずらりと並び、王(キング)の風格さえ漂います。

一方、“いちごクイーン”は苺の艶やかで鮮やかな赤と白のコントラストが際立つ、気品あふれる苺の女王(クイーン)のようです。口どけなめらかなマスカルポーネクリームをペアリングし、果肉を感じる苺のムースや苺のクーリ(ソース)、そしてミルキーな味わいのクレームシャンティなどが幾重もの層になっており、食べ進めるたびに違った食感や味わいが広がります。サクサク感が楽しい真珠のような丸いチョコレートシリアルをアクセントに、苺の優しい甘さと穏やかな酸味にクリームのコクの秀逸なバランスにこだわった、エレガントなクイーンです。

(公式ホームページより引用)

 

キング、クイーンにはそれぞれスペードとハートのチョコレートがあしらわれています。見た目がかわいいんですよね。そしてサイズが大きい。

f:id:amanatsu0312:20210106151858j:plain

上からの構図

 

「いちごのカットの仕方もこだわっています」という説明があり、上記の説明にも記していますが「キングは1個1個、一粒一粒を豪勢に使う。王冠ぽさをイメージしてる」というお話。いちごの王冠ってこう……見た目のインパクトすごい。

一方でハートのほうは「女性らしさ」「華やかさ」ということからお花のように半分にカットして上から見ると花びらのように(バラのように)なっています。

f:id:amanatsu0312:20210106151849j:plain

クイーン

 

実食しました

f:id:amanatsu0312:20210106151836j:plain

「春に愉しむ」ということでレッツエンジョイ



キングは「チョコレート×いちご」のパフェということで早速。

 

f:id:amanatsu0312:20210112114848j:plain

「いちごキング」

全部が食感が違うのが何よりびっくりしました。「いちごチョコレート」というとどうしても甘さが強いイメージですが、ほどよいバランスで「ちゃんとチョコレート」でありながら「いちご」との酸味のバランスが程よい。

塩キャラメルのアイスクリームでさっぱりしているなかで、下の方に入っているサクサクとしたもの(フレーク状だった)(何かは覚えていない)の味もしっかりしていて、いちごのマリネやカシスのジュレとのバランスが良い。

以前「カシスとチョコレートって相性良いですよね」って話を別のお店で聞いていて、実際カシスとチョコレートの組み合わせが好きなんですが「いちご・カシス・チョコ

という酸味と甘味とチョコレートの香ばしさと甘みのバランスが程よかったです。やっぱり美味しい。

生クリームもしつこくなくてぺろっといけてしまう美味しさがありました。大満足。

 

いちごクイーンは「ピンク」「白」「いちご」で、どこかショートケーキぽさを踏まえながらも甘さが引き立つ味わい。

組み合わせとしては「マスカルポーネ」「生クリーム」「いちご」というかんじ。

f:id:amanatsu0312:20210106151853j:plain

いちごクイーン

いちごのムースといちごソース、生クリームのコントラストががっつり入った紅白的にも色合い一気に目がいくタイプ。

生クリームの下にチョコレートシリアルが入っていてざくっとした味わいも楽しめるので此方も「ぜんぜん違う食感で食べ進められる」という味わいがポイント。

両方食べた印象としては「より甘く感じられる」のは”いちごキング”よりも”いちごクイーン”でした。もちろん両方しつこくない甘さなので一台ぺろっと食べてしまうかんじですね。

 

ただ1人で2台食べるのは個人的にはちょっと厳しいかなって印象です。理想としては3台で2人でシェアっていう感じなのですが(お店の方と少しお話したら「以前はトリプルあったんですよ」と教えていただいた)非常に楽しめました。

フェア始まって最初のお客様として赴いていたらしく、スタッフの方にたくさんどうでしたかと聞かれましたが非常に大満足でした。ごちそうさまでした!

 

詳細

提供期間:2020年12月26日(土)~2021年2月28日(日)

提供場所:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル カフェ&バー「リュトモス」

住所:東京都港区港南2丁目16-1 品川イーストワンタワー

提供時間:11:30~21:30(L.O. 21:00)

料金:いちごキング、いちごクイーン 各2,800円 / デュオ・パフェ 5,500円(パフェ2種とティーセレクションのセットプラン)

【予約・問い合わせ先】TEL:03-5783-1258 (レストラン予約直通)

TOP