柑橘パッショナート

二次元、三次元、映画、アイドル、サッカー他諸々の多趣味の結果、好きなことをアウトプットするためのビュッフェタイプになったブログです

Twitterでシャドウバンされていた話

「シャドウバン」という言葉をご存知でしょうか。

”Shadow Ban”が大本の由来なんですけれども。

3ヶ月ぐらい前からそれに引っかかりまして。

その原因を追求したけど1ミクロンも原因不明で「なんで???」って首を傾げにかしげまくった結果とりあえず現状報告も踏まえての記事を書いています。

ブログをやっている人間や、ビルボードを気にするファンの方*1、後は公式のTwitter企画*2に参加されている方にとってはだいぶネックな話です。

すごい困ったので、今そうなってる人、検索かけた人に「私はこうでした」という報告も兼ねて。

f:id:amanatsu0312:20190712110837p:plain

シャドウバンに困り果てたTwitter民の備忘録

(今回の画像:Freepik - jp.freepik.com によって作成された logo 写真

 

 

シャドウバンって何?

「相手に自分のツイートが届かない」のがシャドウバンです。

しかも何が面倒くさいって当人やそのフォロワーには普通に見られるので「え?そうなの?」っていう疑惑がつくもの。

実際シャドウバンも3種類あるんですが、

  • エゴサしても引っかからない(サーチサジェストバン)
  • 検索しても(フォロワー内でも)引っかからない(サーチバン)
  • リプしても相手にそれが届かない(会話バン/他の人がそれを見てもフィルターかかって何でか見られない現象)

大体この3つなんですが、私が引っかかったのは「サーチサジェストバン」でした。

f:id:amanatsu0312:20190712104353p:plain

シャドウバンってこんなかんじ

何が困るのシャドウバン

自分の場合ですが、まず第一に「書いているブログの訴求」ができないというのが自分にとっては非常にネックでした。

インターネットの隅っことはいえ、壁打ちとはいえブログを書いているなかでそれが誰かのもとに届かないのは非常に寂しいし困りました。

私はブログについての考えを「あなたの/私のラジオ番組」という認識でやっているので、ラジオのチューニングを合わせることすら排除されているというか電波を通してやっているのにそれすら実は電波届けてなかったというオチはやっている人間として「なん…だと…」ってなるわけです。

 

また、ビルボードランキングを気にする方にとっては非常にこれまたネックだと思います。「自分の好きなこの曲がある」ということをつぶやいていたのにそのカウントすらされないっていうのは正直寂しいですよね。

 

さらにさらに言うと、私本田圭佑選手とじゃんけんもカードゲームもできていなかったんですよね。

 ※本田圭佑選手とのじゃんけんもありました※

これは結局ペプシのオフィシャルのシステムが拾ってくれるかどうかでゲームが出来るらしくて、なので私はじゃんけんではきれいに弾かれました。

ランダムから阻害されるの地味に……とても…凹むよね……。

 

どうやってシャドウバンなのがわかったか

Twitter社的にはシャドウバンなんてものはないぞ~~ということを主張しているので、見つけるの難しいんですが、とりあえず私は下記サイトで試して「おい~~シャドウバンじゃないかやっぱり~~」って頭を抱えました。

shadowban.eu

 

 

大体にして言われるのが「ヘビーユーザーの人」ということなのですが、平均ツイート数を自分で見てみても「??」ってなるし、弾かれている原因としていわゆる過激(R18とか)のことをいっている場合のこともあるらしいんですが、そんなこともしているわけでもなく。

ただまぁ結論として言えるのは「とりあえずシャドウバンになってて、とりあえずエゴサができない状態」になっているっていうこと。

 

どうやって直ったのか

正直わかりません。

とりあえずオフィシャルに問い合わせをしてみるっていうのは大事だと思って問い合わせをし続けました。3日に1回ぐらい。

 

help.twitter.com

 

ただ、「シャドウバン」で検索したらめちゃくちゃ同じように引っかかっている人がいて、困っている人がいて(検索かけたら引っかかるということはシャドウバンされてないようにも思うんですが)その数はおびただしい数なんだろうなと感じるばかりです。

 

逆に見れてない人がいっぱいいるのでは??

今まで「自分が見られない」ということに注視してきましたが逆に言うと自分が検索したときに「相手のものが見られない」というケースもあるのです。

それって損しているような気がするということで、設定を変えてみました。

TwitterアプリじゃなくてWebページじゃないとできないらしい。クソ面倒

 

Twitterページにログイン

【設定とプライバシー】を押します

【コンテンツ設定】をクリックします。

f:id:amanatsu0312:20190712110529j:plain

コンテンツ設定を開いたらこんなかんじ

ここから「サーチ設定」をクリック。

すると「センシティブな内容を含むものを表示しない」というものが出てきます。

で、これはデフォルトで最初からチェックが入っている様子。 

 

f:id:amanatsu0312:20190712110540j:plain

センシティブとはなんぞやという定義がまた始まる

画像投稿やツイートで「このツイートはセンシティブな内容を含むため…」っていうのを表示されることありませんかね。あれを検索では弾く、みたいなイメージでいいのかなって受け取っています(違ったら申し訳ない)

とりあえずこのチェックを外せば「検索する側からは見れるよ!!!」っていう状態になるので、個人的にはこのチェックを外しておくことをおすすめしたいです。

 

シャドウバン対策は?

私の場合ですが、発覚したのが4月中頃で、約3カ月待ちました(笑)

2・3日の人もいればそうじゃない人もいて、一体どういう基準なのかさっぱりです。

「しばらくおとなしくしていれば解除される」っていう人もいるし、普通にしていたけど解除される人もいます。

ちなみに私の例ですが、「しばらくじゃあ引っ込んでいよう」と1週間つぶやかないように試してみたのですがだめでした。

逆にじゃあ「いつ直ったの」って聞かれると本当に謎で、気づいたら「直ってたらしい」なんですよね。

ブログと完全に切り離してブログ告知用のTwitterアカウントを取得してぼちぼちそちらに壁打ち始めたら直りました。そういうところだぞTwitter

 

このブログの出来事は2019/07/12のことで、何の確証もないのですが、まぁ「こういうことが起きて本当に困って、とりあえずなんとかなりました。あなたも頑張ってください。ちなみに検索する側になるときのシャドウバン無視機能もあるよ」っていう感じで。

色々見て回って「わからんわ!!!!!!!!」ってなっていたので、自分用にもメモとして残しておきます。もうシャドウバン引っかからないといいなあ(笑)

*1:Twitterでどれだけそのアーティストのことが話題になっているかなどが見られるので

*2:ランダムで出来ることなど