柑橘パッショナート

二次元、三次元、映画、アイドル、サッカー他諸々の多趣味の結果、好きなことをアウトプットするためのビュッフェタイプになったブログです

【オシゴトガタリvol.25】安住紳一郎アナウンサーの沼の深さを知ってほしい

このブログのメインジャンル「オシゴトガタリ」ですが、30回になったら…書籍化を…したいなあ(自費出版という意味で)と思い続けてはや数ヶ月。思い起こせば初回から現在に至るまで、皆々様に支えてもらってどうにかこうにか頑張っている今日このごろです。といっても私は聞くばかりで「なるほどな~!!!」ってなっている限りなのですが…。いつも皆様ありがとうございます。

 

なぜこんなにも毎日が忙しいのか…と宇宙猫の顔をしています。

解せない。休みたい。ということで大変お久しぶりになります。

ブログのネタはあるのに一日24時間ではたりなさすぎる。

5月も中頃になりましたが1ヶ月ぶりの「オシゴトガタリ」になります。

今回のゲストはもちづきさん!ありがとうございます!!!

 

もちづきさんはブログ、Twitterどちらも触れていてとても興味深い記事がたくさんです。

calmdownbaby.hatenablog.com

そしてお題は「安住紳一郎アナウンサー」についてです。ちょうどもちづきさんの最新記事が安住アナの全面的PR記事だったのにちょっと偶然性を感じました。とてもいいと思いますもっとやってくれ!!!!!そういうのもっとちょうだい!!!

 

安住アナってあの安住アナ…?ぴったんこカンカンのあの……振り回される打率が高そうな…?という先入観&認識なのですが(ビートたけし氏ともやっていらっしゃいますがやっぱりこう、いい感じに振り回されていそうな印象でした)改めてお話聞くのは初めて!ということでじっくりお話を聞くことに。

 

ちなみに今回のお話で完全にオタクあるあるの想像力を膨らませて大変もちづきさんを付き合わせてしまいました、すいません……!(笑)

ということで、「安住紳一郎アナウンサー」について、早速お伺いしていきます!!!

 

f:id:amanatsu0312:20200310195447p:plain

「オシゴトガタリ」今日もよろしくお願いします!

オシゴトガタリについて

  • 「推し事」をテーマに色んな人にあなたの推しって何でしょう、とお伺いする企画です。
  • このブログの管理人が、「推し(好き・応援・大切・考察対象等マルチな意味を指す)事」をしているフォロワーだったり名乗りを上げてくださった方に対してインタビューしています。
  • 「無理しない」「楽しい!を人から教わる」ことを基準に行き当たりばったりで行っています。
  • 1ミリも知らない(ミリしら)のものなら「そのもの」を教えてもらって知っているものなら「この人はこういうところが好きなんだな!」と感じる。

それができる場所。それが「オシゴトガタリ」です。

 

 

- スポンサーリンク - 

 

 安住紳一郎アナウンサー前知識

 お話を聞く前に考えていた安住アナの印象は次の通り。

  • ぴったんこカンカンに出てる人
  • 音楽の日に司会してる人
  • 前に麒麟の翼の前で偶然見かけたことがある(ロケバス乗っていくのを見た)
  • ニコニコした表情から「いい人そう」
  • 聞き取りやすいお声してる人(アナウンサーなので…)
  • すごい無茶振りを沢山の人からされている

認識がすごい・・こう…雑で大変申し訳無い…。

安住紳一郎アナウンサーってどんな人ですか?

―この度はご参加ありがとうございます!早速ですが推しさんについてまず教えて下さい!どんな方でしょうか?

何人か名指しで推しているのですが、一番はTBSの安住紳一郎アナです。

局アナ 安住紳一郎

(こちらはご自身が出された書籍「局アナ 安住紳一郎」)

 

【公式サイト】安住 紳一郎アナウンサー:名鑑|TBSテレビ:TBSアナウンサーズ

 

今のところはテレビ「ぴったんこカン☆カン」「情報7daysニュースキャスター」「東京VICTORY」、ラジオ「安住紳一郎の日曜天国」でメインキャスターを務めていらっしゃいます。

またレコード大賞や「音楽の日」、「SASUKE」のファイナルステージなど、報道以外のジャンルの特番には駆り出されていることがかなり多いです。

 

(推しが大変お世話になっています。いつかSASUKEに塚田僚一さん最終ステージいけること願ってます。そして音楽の日といえば中居正広さんですね。あのテンションが好きです)

 

―安住アナ、ぴったんこカンカンでクイズしたり外でロケしたり忙しいお人ですよね。あと金スマ出ていた記憶があるのですが…ちなみにTBSにずっといらっしゃるんですか?フリーかと思ってました…!

金スマはレギュラーってことになってはいるのですがメインを張っているわけではないのとスケジュールの都合なのか出たり出なかったりなのでまあいいか……となりました(笑)

なぜか他局の番組に呼ばれてることがあるのでそれかもしれないですね……フリーになるのかという話はたまに振られていますが本人はその気はあまりないみたいです。

(局所属のアナウンサー=そこの社員だと思ってたんですが……越境してる……???)

 

越境をする男・安住紳一郎

―越境普通にさらっとしているのさりげないですが爆弾発言では……???おや…????

直近だと東京五輪の特番で民放局が合同で放送したものがあったのですが、趣味が高じてNHKに呼ばれたり、それこそ中居さんに呼ばれてテレビショッキングに出ることになったりしてましたね。

(テレビショッピングってお昼休みはウキウキウォッチングのあれでそれでは…?!盛大に他局じゃないですか……!!NHKに出ているあたりなるほど…なるほど…?それでもやっぱりTBSアナウンサー…????)

 

中居正広さんのご縁は金スマからなんですかね?なんというか…こう…セット感な印象があります…ニコイチなんです?

中居さんとは金スマからじゃないかと思いますね、あれも'01から続いてますし、歳も近いのでというところもあると思います。オタク的には中居さんに頭上がらないですね……音楽の日とか……。

(ひたすらKinKi KidsをKANZAI BOYAと過去の名前をひっぱってくる中居くんさんそういうところ好きです)

 

金スマそんな長いんですね!?!ところであの…越境さらっとされていることについて気になってしょうがないんですが…!

安住さん中高生の合唱が好きでラジオでも散々言ってたんですけど、それがNコンの関連番組作ってる人にバレてNコンの番組に1回呼ばれ……。

さらに今NHKの10代向け番組で毎回特定のジャンルのオタクをゲストに呼んでるそれこそオシゴトガタリみたいな番組があるんですけど、それの合唱特集回でまた呼ばれてましたね。

(安住さんめっちゃNHK出てるじゃないですか!!! 民放アナウンサー #とは)

 

NHKティーンズ向け番組!「沼にハマってきいてみた」でしょうか??「合唱特集」でも出るというのが…想像よりずっと沼ってる…ガチじゃないですか…(笑)

(沼にハマってきいてみたで以前「マスコット」についてやっていて、マリノスケラーことオシゴトガタリに参加していただいたささゆかさんからその情報を頂いて「ついにサッカーマスコットについてまで出る日がくるのか…」と感動した思い出があります)

www.nhk.or.jp

局のサイトの趣味のところはテレビを見ることしか書いてないんですけど、あと合唱とパンダとお醤油が好きなんですよ。

パンダは上野に来たときやアドベンチャーワールドで赤ちゃんが生まれたときには名前の予想をやって的中させてましたし、お醤油は業界団体から認知を得て「しょうゆ大使」なるものに任命されてましたね……なので全部"ガチ"です。

 

―もはやツッコミが追いつかないんですがどういうことだってばよ……!!?とりあえず、一つ一つ聞いて行きたいと思います!まず合唱について。確かに合唱といえばNHKのNコンな印象がありますが…合唱そのものがお好きなかんじなんですかね?

たしかあの人が合唱を好きになったきっかけがNコンだったんですよ……それをNHKが聞きつけてといった感じだったと思います。

興奮度のレベルがアリーナクラスのコンサート並だったので……ところどころ抜け落ちてるんですけど……ハモりがうまくいったときの気持ちよさや美しさだったりとか、脇役がいてこそ良さが際立つんだ!って力説なさってた記憶があります。

(完全にただのオタクだ…!!!!!)(身に覚えがありすぎて真顔にならざるを得ない)

あとこれはわたしの私見なんですけど、安住さんは必死で頑張ってる若者を前にすると涙腺ぶち壊れるんですよね……レコ大の新人賞とかも泣いてますし……、TBSにも相当続いてる子供の合唱のコンクールあるんですけどそっちじゃなくてNコンなんかいというのが若干のおもしろポイントではあります。

30人31脚とか見たらめっちゃ安住アナガチ泣きしちゃいそう…そしてTBSの合唱コンではなくNコンというこだわりにちょっとふふってなってしまうやつだ…!同じ合唱でも色が違うっていうのはあれですね……同じアイドルでも他のグループじゃなくてここがいいんだ、に近いものを感じます)

 

安住アナ、もしかしてオタク気質のあれでは…?

―続けてなのですが…あの…パンダ…?パンダってあの…?名前予想的中にちょっと首かしげているんですがなるほどどういうこと……?!なぜ予想がついたのかすごい気になるところです…。

パンダコパンダ

(パンダといえばの……!)(違う)

これ完全に受け売りなんですけど、パンダの名前つけにはある程度の法則があるので世界中のパンダの名前を網羅していくと結構候補は絞り込めてくるみたいです メソッドについても語ってましたけどなんもわかりません……生まれた場所や季節に関わる字を使うパターンとか、逆にあまり使わない読みがあったりとか あと過去の有名なパンダの名前は使われないとか……パンダの名前予想、プロジェクトXよろしく語ってましたね……

 

地上の星

地上の星

  • provided courtesy of iTunes

 

(すごい!!!なるほどわからんの世界!!)(そしてパンダの名前を当ててしまうの強い…)

世界中のパンダの情報しかり醤油テイスティングしかり、ひとつひとつが細かいというか根がオタクのそれなんですよね……。

ちなみにパンダ関連でいうと推薦コメントを書いていたりします。

 (好きを極めている……)(そしてヒューヒュー言いながら読むのめっちゃ分かる)

 

▽安住アナ推薦の一冊 

  

ラジオだとオタクエピソードになっちゃうんですが、去年の台風のときの「ニュースキャスター」で河川の氾濫情報を集めてホワイトボードに地図まで手書きして書き込んでたのを見たときは細かさが活きてる……!と思いました。

パンダの話しているところは公式の配信がかなり拾ってくれているのでよろしくおねがいします(ダイマ)

プロジェクトXは「伝説の男」っていうタイトルです。

……今「伝説の男」聴いてたらちょうど春のスペシャルウィーク恒例の富良野のアスパラガスのプレゼントの話してました これもオタク気質がバリバリ出る話題です。

「伝説の男」、話が面白いのはもちろんなんですけどオタク面と自己顕示欲強めな面と小心者な面と会社員の面とっていろいろ見えるのがいいんですよね!(笑)

(完全に図式化するやつ…!!!!オタクのプレゼンみたいなあれそれ…!)(大事なニュースとしてわかりやすくてとてもいいと思います)(そしてアスパラ語りとか長野くんじゃん…)

TBSアナウンサーはラジオで本性が出る

ーちなみにアナウンサーの方というと「同期」とか「先輩後輩」とか結構色々出されている印象があるんですが、安住アナは同期の方とかいらっしゃるんですか?

同期は2名いらっしゃるんですが、局に不祥事があったタイミングの入社だったため蹴落としてでも上がれ!みたいな雰囲気があったようでして……他局の同期シンメみたいな仲の良さはあんまりないですね

(ふ、不祥事~!!!!サラリーマンならではの一面をちょっと見た気がします…。アナウンサーというと「清潔感」「ぱっと見たときの安心感」みたいなのが詰まっているものですし、安住アナはその総括したような人の印象なので逆に孤高というか、己の道をいくというのも意外です。もっとこう…爽やか部活!みたいな雰囲気のイメージありました)

 

TBSのアナウンサーはみなさんあんまりオープンにならない印象がありますね……その代わりラジオに出られてる方は結構そっちで本性現すというか……

他局だと日テレあたりはアナウンサーを自局のタレント扱いしてる面が割とあってアナウンサーの個人SNSも多いのでかなりわちゃわちゃしてるのが確認できます

(日テレというと羽鳥アナウンサーのイメージも強いです…!こう、バラエティにも特化している印象が。NHKアナウンサーも人によると思いますが有働アナとかを見ていると結構個性が強い印象が……)

 

ーなるほど確かにTBSのアナウンサーの方々ってこう、てきぱきしてる印象があります。バラエティあんなにでてるのに「自分は自分、他人は他人」というか、アナウンサーというポイントは外さないっていうの面白いですね!

TBSは他の民放局に比べるとアナウンサーにアナウンサー以外の仕事はそこまでさせていない気がします 社交ダンス部の山本アナとかはかなりレアです。

(すごい聞き覚えのある単語が出てきた…!!!)


バラエティも基本的にアナウンサーであるという立ち位置を崩さないようになっているので画面抜かれることが少ないほうです。

ただ……ずっと話題に上がっていますがTBSにはラジオがあるので……個々の本性はこっちで出やすいです……。

f:id:amanatsu0312:20200522105019p:plain

ラジオならではのゆるさと本音が出るんですかね…?!

※【Freepik - jp.freepik.com によって作成された vintage 写真】をお借りしています

(なぜ声優もアナウンサーもラジオでは本性を出してしまうのか…!/笑 独特のゆるさが故なんでしょうか…!)

 

ーラジオだとラジオ向けにアナウンサーさんがやっていらっしゃる印象があります!

在京のテレビ局でラジオも持ってるのってNHKとTBSだけ(テレビ局と資本関係があるラジオ局はありますが)なので、ほかのテレビ局の局アナはそもそも出る間がないっていう面があるかと思います 。

TBSラジオは局アナがメインを張っている週1の番組と局アナが日替わりでアシスタントを務めているワイド番組がそれぞれ3〜4つくらいありますね。

 

ラジオメインの方もいらっしゃいますね!ラジオメインの方がたまにテレビの定時ニュースに出られてるのを見かけて声で「あ!?○○さん!」となる瞬間があり声優オタクに近い何かを感じます。

 (すごい身に覚えがあるエピソード…!!!)

ラジオメインの方だと特に女性でキャリアのある方はみなさん声が特徴的で聞き分けも結構できます。

テレビを流しながら適当に家事をやっていて(明らかにラジオと同じ使い方をしている)定時ニュースで聞き覚えのある声がしてあわててそっち見るみたいなことがあります 完全に声優オタクのムーブですね!!(笑)

 

ー安住アナで「あれっ!」ってなったことはちなみに…?

安住さんは定時ニュースは出られないんですが特番に駆り出されることが多いのでスポットCMで声が流れて「出るん!?」となることはたまーにありますね……

(完全に予想外なところかばっときて「ファ?!!」となるあれですね、わかりみが深い)

 

ーラジオのアナウンサーはどの基準でなっていくんですか?

あとはラジオと言えば、新人アナがラジオのアシスタントになったりもしますし、局内をフラフラしてたアナウンサーがラジオの制作に捕まって周波数アナウンス(ラジオだと聞いている局がわからなくならないように定期的に流れます)の収録に駆り出されたっていう話もあります。

(突然捕まるの面白すぎませんか…目があったからポケモンバトル方式…)

 

ラジオはカッチリしすぎていないといいますか……TBSは珍プレーをかます出演者が多いので局の色かもしれません。

エンディングで隣接するスタジオとの仕切りカーテンを開けて次の番組の出演者とクロストークする番組もありますね 生放送がメインだからできるところだと思います。

(突然始まるクロストーク自由すぎません…?!「ねっ!○○さん!!」「えっ」ってなるあれでそれでは…?!!!!)

TBSラジオの珍プレー、リスナーから募って年末に取りまとめて「珍プレー・好プレー大賞」って決めるんですけど、毎年大賞に選ばれるから殿堂入りを果たしてしまったフリーアナの方とかいらっしゃいますね……

(野球とかでよく見る珍プレー好プレーがここでも…)

クロストークは午前の枠が大幅改編されたときに出てくるようになったんですけど、後番組の出演者が急遽休みになったのを前番組の出演者が知って「じゃあ私これからそっち行きますね!」って言って行っちゃったりするようになりました。

「じゃあ今から行くね!」のあと普通に前番組のエンディングを迎えて時報が鳴って次の番組に切り替わったらもう横のスタジオにいるんですよ。軽いな!?となりますね!

(軽いってレベルじゃないフットワークに二度見せずにはいられないあれ。YOUきちゃいなよって言われていっちゃうあれでは……つまりTBSはジャニーズだった…?(違います))

 

ーアナウンサーというと、個人的には密接なのが「スポーツの実況」という印象だったりします!個性が出ますよね…!

人によって実況をやってきたスポーツや師事していた人が違うので表現に幅があるのが面白いです(笑)

わたしSASUKEの予選の実況すきなんですよね……あれチャレンジャーのキャラが全員立ってるのと展開が早くて一人一人のチャレンジがそこまで長くないというのが相まってずっとハイテンションで大騒ぎの実況を聴き続けられるので……。

(全員それぞれに人生があってそれを感情や展開を踏まえながら実況するのって聞いててエンタメとして成立しているなあと私も思います。代表戦とかの実況アナウンサーの方は勢いがある方が多いイメージです。一方で「やかましい」と言われてしまう部分もまぁあるといえばあるんですが、まったく知らない人が触れる機会として「おっここが好機だな?!」とか聴力で分かるっていうのはスムーズでいいのかなとは思います!)(サッカー方向を見ながら)(なのでこう、2つの局とかで放送したら好きな実況解説で聞けるのにな、と思います)

 

安住アナの“腹黒”な話

―ちなみに安住アナってもちづきさんから見てどんな方でしょうか?個人的には「振り回され気質」っていう印象なんですが…。

人畜無害なふりして腹黒、そのくせ変なところでビビリな人……といったところでしょうか……

甘夏さんのおっしゃる巻き込まれ感は「ぴったんこ」で泉ピン子さんやあき竹城さんと絡むとめちゃくちゃ出てくるように思います アレは相手が悪い……というか強すぎるんですよね……(笑)

(腹黒という印象皆無すぎて二度見しました。腹黒……?安住さんが…?!)

 

―腹黒!(笑)全然イメージなかったです。腹黒エピソードちなみに印象的なものとかあったりしますか…?あまりになんかこう、正反対なところに居すぎて追いつかないです…(笑)

腹黒エピソード……

日曜のラジオをもう15年ぐらいやっているのですがそれを聴いていると黒いところや意地悪感、あと変態性が見えますね……

 

www.tbsradio.jp

(此方が安住アナがされている「安住紳一郎の日曜天国」)

それこそ先ほど出した民放局合同特番で他局のアナウンサーと綿密に打ち合わせしたタイミングを本番のラストで外してみたことを嬉々として語ったりしてましたね 一番キャリア長いのにひどい……

ピンチヒッターに嫉妬する夏休み

―他局いじめ、だめ、絶対!!!!!(笑)ある意味その辺の変態性はラジオという一種開放的な(比:テレビ)だからなのかもしれませんね…まっっったくイメージがなかったです!

あと安住さんの夏休み中にアシスタントさんがひとりで、もしくはピンチヒッターを呼んでラジオを放送されるのですが、その際の放送とリスナーから寄せられたアシスタントさんへのファンレターを逐一チェックして翌週戻ってきてオープニングトークで嫉妬を燃やすのはもう恒例ですね。

(予想以上にめちゃくちゃ嫉妬してた…!)

ピンチヒッターにめちゃくちゃ嫉妬するの、これがわかりやすいかもしれないです 公式の配信のタイトルなんですけど……

f:id:amanatsu0312:20200522100612p:plain

公式が病気ってタグで言われるやつだこれ


古舘伊知郎氏による乗っ取り(ピンチヒッター)からの嫉妬の炎が二倍にこれが…草というやつでは…という顔になっています。公式がノリにノっている……!!リズムに乗るぜ…!!

ピンチヒッター、'18のほうは系列局であるMBSの福島さんというアナウンサーが務めたのですが、'18も'19も安住さんが自分でピンチヒッター探してきてるんですよね それでこれなので…。

www.mbs.jp

(福島アナウンサーの情報はこちらから)

(福島アナの情報を見始めた時に一番最新のTwitterツイートが以下のものだった)

 (キャラが……!!!!!濃い……!!!!!!!!!)

 

ー毎年恒例というのがまた…リスナーの方もだんだん【今年もこのシーズンがきたか…】ってなりそうですね(笑)

"ピンチヒッター"なんだからヒット打ってもらわないと困るという理論によって実力のある人を選んで呼ぶんですけど、本当に実力があるから放送聴いてめちゃくちゃ嫉妬する、という流れに……

古舘さん代打回の翌週は「まず入りの声の低さに古舘さんの本気を感じた」からはじまって”そこからかあ……今回は長くなるなあ……(いつものことではある)”と思いましたね!
よせばいいのに前年ピンチヒッター任せてめちゃくちゃ嫉妬してたMBSの福島アナも召集してガッツリ聴いたって言ってましたね。

(前述の話にもありましたが、こう、「知る」ということ「調べる」ということに情熱を燃やすタイプの人だこの人…!!!と納得しました。自分とは違う方向性で盛り上がると勉強になると同時にめちゃくちゃ嫉妬する…!惣流アスカラングレーさんかな…(傾向ちょっと違うけど))

古舘さん抜擢の経緯は古舘さんご本人が代打回で語っていらっしゃるんですがあまりにもやり口が巧みで「う、うま〜〜い!」となります。

 

―ちなみにこのタイトルの由来はどこから…?

フリートークのタイトルは天才なものが多いですけどだいたい安住さんの発言でキャッチーなのを選んでるだけなのでつまりそういうことです。

 

―安住アナキャッチーなフレーズ選ぶのうますぎません…????

ちなみにスペシャルウィークのプレゼントこだわってて、富良野のアスパラとかレアな洋梨とか レアな洋梨の話は言語オタク面が飛び出すんですけど「コミス」で調べると大体出ます。言語オタクなので無限にオタクエピソードがでるというか……。

芝居がかってるわけじゃないというかわかる/出てきそうな凡庸な言葉ではあるんだけど……というところに強みがあると思います

そういや「令和」の発音とイントネーションだけで30分しゃべり倒した回があったのも思い出しました 日本語のオタクだからなんでしょうか。

 (2時間のラジオのうち30分を令和でもたせるってすごくないですか??フリートーク長すぎた結果公演時間を事前から伸ばそうと決めたKinKi Kidsみたいな逸話出てきた…)

安住アナと切っても切れない「ボウリング」

ー安住アナ、想像していたよりずっとこう…自由というか、自分を持っていらっしゃるというか…局アナさんっていわゆる「社員」という印象が強かったので、正直とても予想外です。

局アナだからって局に従ってばっかりじゃないぞというところもあるんだと思います。

報道部門のお偉方と新番組出演を巡って大ゲンカした挙句ボウリング勝負で決着つけたっていうあらゆる方面で意味不明なエピソードもありますし……。

 (なんでどうしてそうなったのかなるほどわからないを極めているんですが……????)(なんて???)

f:id:amanatsu0312:20200522110304p:plain

スペースキャットのような顔不可避

 

ーボウリング……?!!ボウリングってあのボウリングですか?????

'09年ぐらいに報道部門のお偉方が肝いりで始める新しいニュース番組にリポーターで招聘されそうになっていまして、その時期は「ニュースキャスター」も始まったばかりということもあってずっと断っていたそうなんです。

ただあまりにお偉方が諦めないのでギリギリまで話が膠着しまして、いつしか双方に調停役の人がつくようになりました。

(なんで?!?!!!!)

で、この話より前に安住アナが集中力を鍛えるために歌舞伎町のボウリング場(ボウリングどころではないカオスぶりだそうです)でボウリングをしていたというエピソードがありまして、安住さん側にいた調停役がお偉方を焚きつけて「ボウリング勝負で決めましょう」となり、夜中のボウリング場で死闘を繰り広げることになるという……スペクタクルです……。

(どうしてそうなった……???すごい勢いで「なるほどわからん」の類にいくのすごいと思います。すごい)(全く聞いてて「どうして?!」「なんで?!」とツッコミが入るの待ったなしなお話でした。強い)

たぶん聴いていただいたほうが早いですね……会員登録が必要なんですが無料なのでぜひ。

安住紳一郎の日曜天国 2009.04.19「新宿コパボウルで人生を賭す」”です。

 

▽ラジオクラウドでダウンロードして聞くことができます。

t.co

 

(聞いてきたんですけどやっぱり「なんでだよ!!!!!」というツッコミが追いつきませんでした。強い。もう冒頭からめっちゃアシスタントの方も笑ってるしボケ倒されているのかネタなのか……?という顔にならざるをえない。)

(「なんて…なんて?!!」ってなりつつ、すごい真面目に大真面目で新宿コパボウルでやっているの笑いました。)

 

ーそこであえて赤坂とかじゃないんですね(笑)なぜその時の動画がないのか悔やまれる次第です…深夜番組ひとつ作れちゃうじゃないですか…。

新宿コパボウルなら安住さんにはホーム戦なので……ボウリング対決は話の筋がもうおかしいわ語り手の話術も高いわでメチャクチャですよもう……。

(話がうまいからちゃんと落ちもあるし普通におもしろすぎなので世間にもっと知ってほしい案件すぎてゲラゲラ笑ってしまった…安住アナそんな人には思えなかったのにどういうことだってばよ)

 

ー「ちょっと何いってるかわかりませんね??」ってサンドイッチマンのネタみたいな気持ちになりました…。食い気味に話を聞きたくなる話術といい強いとしかいえないのがまた…。

安住さんボウリング絡みの変な話謎に持ってるんですよね。

社内ボウリング大会にADと偽ってプロボウラー呼んでバレて失格になったりとか……。

(なんて???????/2回め)

ボウリング大会にラジオ班で出たらしいんですよね。

たくさんあるほかの部署を出し抜きたいがゆえの案だったらしいんですけど…ボウリング大会、一連のオチを言っちゃうと最後の最後にバレて失格になった後、ペナルティとして翌年のボウリング大会でアテンド役をするよう命ぜられたっていう話なんですけど、なんかもうすべてにおいて面白いですよね……人間性の全部乗せというか……。

一連のボウリング大会エピソード、不正のペナルティを翌年の大会のアテンドでとるっていうのが放送局もただの民間企業なのだなあ、アナウンサーもサラリーマンなんだよなあ……と思えて好きなんですよね 放送局でもそんなことするのか……みたいな。

(もはやそれだけで一つのコメディ作品作れるやつだこれ)(誰か安住アナコミックス化してるんと違いますかね……実は我々マンガ読んでいた疑惑) 

関わる人で七変化する安住アナ

同期・大泉洋氏「もはや全力内輪ネタ」

ー安住アナというと関わる人も様々だと思いますが、もちづきさん的に「見てくれ!」なお人はいますか?

掛け合いで面白いのは大泉洋さんですかね、予備校の同期らしいんですよ。

 

ーえっ…アナウンサーのですか……?あの、「うちで踊ろう」でおなじみのねぼすけ姿のどう見てもお家にいるであろうあの大泉さんですか…?

青天の霹靂 

(一体何曜何でしょうの何泉なんだ……?!そして今がまさに青天の霹靂だよという気持ちなのはここだけの話)

あの大泉さんです(笑)

大学受験用の普通〜の予備校で同級生だったみたいです。同じ北海道出身というのもあるかもしれません。

ノーサイドゲームの番宣でぴったんこ出てらっしゃったときなんかもうおもしろかったですね……。

 

ノーサイド・ゲーム Blu-ray

ノーサイド・ゲーム Blu-ray

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Blu-ray
 

 (TBSドラマでおなじみ「ノーサイドゲーム」!池井戸潤作品ですね!)

 

荒ぶる大泉さんを止めることなく爆笑し通しっていう。

大泉さんが来るとなぜか100%福山雅治さんの話になって「大泉洋福山雅治の物真似をしてるところを真似てる福山雅治の真似」をねだったりするっていう内輪っぽい謎の空間が生まれるんですよね……

(すごい裏の裏の裏の裏、みたいなことしてる…!!!細かすぎて伝わらない物真似出れるあれでは)

ちなみに安住さんは元々国語の教員志望でして、配属になる高校も決まってたんですけど、アナウンサー募集の張り紙を大学で見かけて「1対多数のコミュニケーションという点では教師も一緒だし試験を受けたら何か役に立つかもしれない」と思って受けたら受かった……という経緯でアナウンサーになられたみたいです
なのでアナウンススクールの類にはまったく通ってらっしゃらなかったと……

最近、大学時代の恩師である齋藤孝先生との共著の「話すチカラ」という本を出版なさったんですが、これの中で齋藤先生が「学生の頃から話すことにかけては特別だった」とおっしゃっているのでもう素質なんだろうな……と。

(アナウンサーって予備校行かなくてもなれるものなんですか………?!!!ということに驚きました。安住アナすごい)

 

ーだからあの、先程のホワイトボードもきれいにできちゃうと…!

ホワイトボードを見たときに思わず「あっ……教師の片鱗……!!」って声が出ました。

板書がきれいなのと地図が妙に正確で……

(学校の先生特有の読みやすさのあれですね!!!)

 

ちなみに、ぴったんこカンカンだと安住さんの会話のポジションがゲストによってだいぶ変わるんですが大泉さんが相手だとただの友達になっちゃうんですよ……。それこそここだけ同窓会かな?と……。

(完全に公共電波を使いながら学生ののりの友達を見れる安住アナ貴重すぎでは……???)

たまに安住さんがゲストに対して以前聞いたおもしろい話をもう一回聞かせてくださいとおねだりする場面があるんですが対大泉さんだとなんだか多い気がします。

 

ーお二人は基本「大泉さん」「安住さん」なんですか?安住くん、とか大泉洋さんののりなら呼んでてもおかしくない…。

大泉さんはぴったんこの純粋なゲストだと下手したら最多になるのでは……?といった感じがしますね……ノーサイドゲームの番宣でいらしてたときに「ぴったんこ欲してた」とおっしゃっててめちゃくちゃ笑いました。

以前の話のおねだりもなんというかそんなこと頼んでいいのかと思いましたけど大泉さんさすがでしたね……。

大泉さんは安住くん呼びですね。安住さんは大泉さんって呼んでますけど一回はっちゃけた大泉さんを前にして爆笑しつつ「こんなにしゃべる洋ちゃん久しぶり」って言ってる場面があって予備校時代の名残か!?となりました。

(唐突に同級生のノリをふってくるお二人の情報過多っぷりに頭パンクするあれでは……オタクはそういうのに弱い…知ってるんだ…安住くん!!!!!!(笑)からの名前呼びめちゃくちゃ推し~~!!そういうところ~~!の詰め合わせじゃないですか…予備校時代の空気との組み合わせisとてもいい…たまに出る敬語キャラが素が出る感じに近い…やはり二次元だったのでは……安住アナは二次元……?(宇宙猫))

 

ーこう、外見とか今いる立ち位置とかそれぞれがぜんぜん違うのにカチッとハマっているのめちゃくちゃ楽しいやつでは……!

ぱっと見だと交わりそうにないのにそういうふうになるっていうのがいいんですよね……予備校のころ呼んでたのかなあ……。

そういえば記憶があいまいだったのでちょっと調べたんですが札幌の代ゼミでした。郷里が一緒だからかも……どころではなかったですね 。

大泉さんも安住さんも元々教員志望だったという話なのでこんなところでまた会うなんて予備校生時代はゆめゆめ思ってなかったんじゃないかと思いますね……。

www.yozemi.ac.jp

(聞き覚えが大変ある予備校だった……だと……そして回り回って二人とも教師になっていたらそれぞれがそれぞれ、全く別のベクトルで生徒からなつかれていたと思う…「うるさいよ!」って大泉先生言ってほしい…地元じゃ負け知らずそうだろうってしてほしい…)

 

石田ゆり子さん「きれいなお姉さんに振り回される図が完成される」

ー個人的に確か石田ゆり子さんがぴったんこカンカンで、安住アナと山登ってるのをみたんですが…!(笑)

岩山登ってたのは「マチネの終わりに」の番宣回かもしれないですね……あの人地味に高所恐怖症の気があるので……。

逃げ恥の宣伝だけでも2回くらい石田ゆり子さんがいらしてたんですが、石田さんの希望でふくろうカフェに行って頭の上に乗ったふくろうに本気でびびっていたのを妙に覚えています。

(完全に振り回されている…!!)

 

ー逃げ恥のときの希望に対してといい、安住アナの苦手ポイント的に対照的で見ている側は面白いですね…(笑)こう絶妙に苦手なポイントが好きというか…

石田ゆり子さんもそうなんですけど安住さんがきれいな女性に振り回される場面すっごい好きなんですよね〜〜(言い方が悪い)

歳下の女性の前だとちょっとイキるんですけど同年代くらいになってくると振り回されちゃうんですよね!

(もしかして…もしかしなくても安住アナ二次元なのでは……?!!!ギャルゲーみたいなことになってる…!)

吉田羊さん「絶妙なやれやれ系主人公な気分」

石田ゆり子さん以外で印象的なお方っていらっしゃいますか?

吉田羊さんと居酒屋まわるシリーズでも振り回され通しなんですよね……!

同年代〜それ以降になってくるとゲストも強い女性が多いので手綱握りきれないというかなんというかって感じしますね。

うまいことやってみせようとするんだけど逆襲に遭うというか かわいい(かわいい)

 

涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX (初回限定生産) [Blu-ray]

(なんか見覚えが…?!)(完全に振り回され主人公のあれでは)(実は能力高いとかラノベ主人公で見たことがある) 

 

ー吉田羊さんと居酒屋ってもう吉田さん酒豪の気配すっごいするんですが…そして絶妙なギャルゲーの主人公感に困惑が隠せないです。CV誰ですか?って顔してます今…

 吉田羊さんは酒豪です(断言)

ギャルゲーの主人公でめちゃくちゃ笑いました。ひとりのプロフェッショナルなのに……(そういうことではない)

歳下の女性にイキったり男性ゲストと高校生みたいなはしゃぎ方するのもかわいくて面白いんですけど強い女と対峙しておっちょこちょいの執事みたいになるのもかわいい。

(おっちょこちょい執事とか……お人柄知っていくとどんどん「この人めちゃくちゃ出来る人なのに…」というあれそれを思えてくるから面白すぎでは。まさに七変化)

 

ー酒豪確定めっちゃ笑いました。いい感じでワイワイしてそうというか…こう…自分をしっかりもったタイプの「お姉さん」と言われる方々に全力振り回されてほしさあります…!

吉田羊さんが酒場を回る企画だと日本酒の一升瓶持って出てこられるんですけどものすごく似合ってますね…… で飲む段になってめちゃくちゃ濃い水割り作って安住さんによこしたり乾杯するグラスの位置でもめたり(目下の人がグラスを下げるのがマナーなんですがふたりとも相手より下げようとする)というのがいつもの流れといいますか。

(社会人あるあるの光景!!!!!そして絶妙なサラリーマン感…!)

 

 

吉田羊さんとのかけ合いはそこにお酒がなくても見てて楽しいですね……吉田さん年齢非公表なんですけど明らかに同世代、っていうかしゃべっててテンション上がって同世代でしょみたいな話を吉田さんがし始めてしまって安住さんが突っ込むところもかわいいです。
友人らしいとも男女らしいともつかない吉田羊さんとのやりとりを何と形容すればいいのかものすごく難しいんですけど見ててめちゃくちゃ気持ちいいんですよね……


踊りもスポーツも「やってみる」人として

―アナウンサーのお仕事がやっぱりメインだとは思うのですが、先程のボウリングの話があったり、安住アナというとドラマにも出ていらっしゃったりする印象があるのですが、そのへんはどうでしょう?

ドラマは最近だと逃げ恥の10話のEDで突然登場して恋ダンス踊ってますね(放送当時のぴったんこカンカンでそういう話になったらしく)

本編にもいるドラマだとだいぶ前になりますけど本人役で木更津キャッツアイとか出てました(このころはまだからくりTVが放送されていたので劇中でからくりTVの取材をしてました)
本人でない役持ちだと真っ先に浮かぶのはGOOD LUCK!!ですね……これもずいぶん前ですけど……

(安定のぴったんこカンカン…!!!そういうところだぞ)(好き)(からの木更津きゃっつにゃー!!!にビビりました。そういえばいた…)

 

木更津キャッツアイ 5巻BOX [DVD]

木更津キャッツアイ 5巻BOX [DVD]

  • 発売日: 2002/06/28
  • メディア: DVD
 

 

木更津キャッツアイ!!確かに見た記憶があります。一体……一体どういう流れで…!?
完全に振られてやる羽目になってると思いますね……。

木更津キャッツアイクドカンさんの遊び心もあったと思いますね……脚本読んだら安住さんの台詞のところに当たり前ですけど「安住アナ」って役名振ってあってちょっとおもしろかった覚えがあります。

逃げ恥も普通に見ていたんですが、ぴったんこカンカンに番宣で石田ゆり子さんが出てらっしゃった時「撮りましょうよ!」となって撮ったのを見てあっ……ついに踊っちゃうのか……!と思いましたね(当時系列局のアナウンサーの恋ダンス動画はあれこれ出ていたので)

そしたらこの回のぴったんこカンカン石田ゆり子さんと安住さんしかいない恋ダンスっていう特殊エンディングが流れて逃げ恥での放映より先にやられました。
逃げ恥のほうは10話のエンディングに乱入していて差し替えられてないので配信でも見られるんですけど、最初の印象はやはり「思いのほか踊れてる……」でしたね……
ちょっと今ぴったんこの特殊EDと逃げ恥10話のEDと見てきたんですけどやっぱり思いのほか踊れてる……となりました


(やっぱり安定の石田ゆり子さん…振り回される主人公の図式から逃れられない…!)
(そして再放送決定している時点で世間にまた安住アナが踊ってるのが見られるあれでそれですね!)

 

GOOD LUCK!!の役名、下の名前が「龍二郎」だったんですけど、これ安住さんをやたらバラエティにばっかり出してたプロデューサーの名前なんですよね 当てつけです。
GOOD LUCK!!の制作には因縁の阿部龍二郎プロデューサーはたしか関わってないのでたぶん私怨……なんじゃないかと……
元々それなりに出てたのに役名もなかったですし。

 

―踊ってたときの印象が「思いの他踊れてる」だったということですが、アナウンサーの方が踊ることって結構多いような印象があります…!

どの系列でもあるとは思うのですが、そのクールのドラマのOPやEDがダンスつきだと演者の次に駆り出されるのってマスコットキャラかアナウンサーなんですよね。
だいたいみんな不慣れでかわいいところにたまにガチ勢とアイドルからの転向組がいて対比が面白いんです。
踊れててもいいし踊れなくてもまたかわいいんですけど、安住さんの恋ダンスの場合ちょうど中間といいますか、慣れてなさがあるのにそこまで遅れたりすることもないという……贔屓目ですかね……他の方もやってほしい……。

流れとしては思いのほか踊れてる!やっぱり対応力がすごいな……まあでもやっぱり星野源と並ぶと不慣れな感じが出ちゃうけど……あー照れが隠しきれてない!ウワーかわいい!!かわいい!!!!
みたいな感じですね……

(完全に軽率にオタクが供給過多でしにそうになるやつ…!)


―ちなみに運動神経の方は安住アナはどんなかんじなのでしょうか…?

ロケは多いんですが番組の内容的にも身体を張ったり運動したりはこれまであんまりなかったというのとラジオでも運動してる話がそれこそボウリングくらいしか出ないので、たぶんそこまでやってはないんだろうなと……。

今は「東京VICTORY」に出られているのでオリンピック競技を体験するところを毎週見られるんですけど、流れはだいたいいつも「ちょっと私やってみようかな?魅せちゃいますけどいいですか?」→できない→「難しい!!」ですね かわいい。

(できないのわかっててやってくれるの可愛いの極みでは…???)

 

―あんまりやってるイメージなかったのでイメージ通りで良かったと言うべきか何というべきか…(笑)オリンピック競技の体験めっちゃ可愛いですね?!できない流れながらも「できちゃうかも」と思わせ、そのまま「ですよね~~」ってなる流れめちゃ可愛くないですか…。

 

 


「やってみますね!(できない)」はこれがいい例ですね 東京VICTORYの公式ツイッターは画像を潤沢に出してくれるのでオタク活動に重宝します……

この東京VICTORYの画像、アスリートの方のすごさが際立つっていう面でまず秀逸ですけどめちゃくちゃかわいいですよね めちゃくちゃかわいい。

 

安住アナの書籍について


―先程安住アナがご本を出されているというお話でしたが大学の恩師とってめちゃくちゃ胸アツ展開ではないですか…!

最近のラジオのオープニングトークは何話してても8割くらいは最後に本の宣伝に持っていきますね。

 

話すチカラ

話すチカラ

 

 

ちなみに「話すチカラ」は2冊目でして、12〜3年前にも「局アナ 安住紳一郎」っていうエッセイ本1冊出してるんですよ……もう絶版になっちゃって古本か電子版しかないんですけど……。


(ここで起きる絶版問題。絶版されると後発のオタクがなくやつだ…)


―いやでも印税…印税大事ですからね…(笑)安住アナ書籍2冊出してるのすごいですね。絶版なのが惜しまれます…。前回のはどちらかというとアナウンサーとしての業務をはじめとしたお話ってかんじですか?(タイトルを見ている限りですが…)

「局アナ 安住紳一郎」は雑誌の連載が元だったので割となんでもありですね もちろん仕事絡みの話がメインではあるんですが、仕事そのものというよりは仕事で行った先でこんなことがあって……というような感じでした。

「話すチカラ」に関しては特別授業の内容もあるけれど基本的にはラジオで言ったことが入っていて安住さんの自慢を齋藤先生がヨイショする本だとおっしゃってましたし読んでみると確かにヨイショされてる……となります。

今回の本は一応ビジネス書っていうくくりみたいですがラジオリスナーが読むとあーこれラジオで言ってたなこれもラジオで言ってたなとなります。

(まさかの先生によるヨイショ面白すぎでは…????)


―安住アナ、先生とまだ交流があるっていうの、とてもいいですね!!!学校の先生としての講師とかやってらっしゃらないんですか?正直みたい…!

以前明治大学にロケで行って授業するっていうのありました!何やってたっけな……走れメロスだったか……。
あと「話すチカラ」にも明治大の学生に向けてやった特別講義の内容が入っているみたいです、

(円盤は…円盤はありませんか…TBSそれをオンデマンドでアップするんだ…!)


好きな回について

―もちづきさんの中で安住アナの出ていらっしゃった番組で印象的な回とかありますか?

ちょうどタイムリーにこんなことをぴったんこカンカンがしています(笑)

 

とりあえず大泉さんの回と山崎育三郎さんの回をリクエストしました……山崎さんの回、安住さんが即興ミュージカルを披露された(させられた)回なのを思い出しまして……

(踊りの他にまさか即席ミュージカルやる羽目になるの面白すぎませんか??)

f:id:amanatsu0312:20200522110304p:plain

ミュー・・・ジカル・・?

―なんて??????ミュージカルですか?!!!

即興ミュージカル、山崎さんとの勝負に負けてやるハメになったと記憶してます 最後に強引にレミゼにつなげて山崎さんも歌うっていう……(笑)
即興ミュージカル見ていただきたいです……いつもの変に細かいところ+意外と歌も歌えるんだぞっていう面も見られるので……。
即興ミュージカルの限りだと安住さんは話し声のまま歌えるタイプみたいでこれは喋りなのか……?となります 育三郎さんありがとう()

ぴったんこカンカンそういうところだぞ…!!!!(笑)ということでぴったんこカンカンのリクエスト応募してきました)


安住アナに沼落ちした流れ

―そういえば、もちづきさんはどうやって沼落ちを果たされたんですか?間口がいっぱいあると思うので…!

どこからなんだろう、小学5年にしてアナウンサーに憧れて放送委員になったりしてましたけど……
私の家はずっとラジオかテレビのどちらかがついてるような家で、お察しいただけるかとは思うんですがラジオがかかってるとだいたいTBSでして 日曜天国も当然のごとくかかってるわけですよ、あの内容のが……(笑)

なので最初はよく話をしてくれるおもしろいおじさんみたいな認識だったんだと思うんですけど 近所のお兄さんのことをいつのまにか好きになってた子みたいな感じなんだろうか……

(おもしろおじさんというニュアンスにめっちゃわかるという部分とハイスペックすぎて二度見三度見まったなしの安住アナの認識がラジオからっていうのもきっと大きいのだろうなあと…!)

自分でラジオを選んで聴くようになったのが中1の夏からぐらいだったと記憶してるので明確に意識し出したのはそれ以降になるのかもしれないです……その時期ってまさに幼馴染みのお兄ちゃんのことを好きになるタイプのやつなのでは……?という気がしてきました 幼馴染みのお兄ちゃんいないのでわかんないですけど……

なんだろう……テレビつけたら知り合いのおしゃべりがおもしろいおじさんがすごい綺麗なタキシード着てテレビに出てたみたいなギャップ萌えというよりもギャップで殴られて戻らなくなるというか……!(笑)

 


―安住アナの魅力に「ギャップ」という単語があると思うのですが、もちづきさん的にはどうでしょう?あえてあげるならどんなかんじでしょうか!

好きなところ……うまく言語化ができないんですが

絶対に敵わない憧れの面と、この人何やってんだろうって思うような近しさの面の二面があるところでしょうか。

あと「局アナ 安住紳一郎」のあとがきの「テレビが斜陽産業になる日は近い。しかし、テレビはまだ戦えると信じている」という文がすごく好きです。安住さんの本質なんじゃないかな……と勝手に思っています。

安住さんは入社した時期が局にとってピンチで、この先がどうなるかわからないという状況をくぐりぬけた人だから、というのはやはり大いにあると思いますが、それでも(それでこそ、なのでしょうか)テレビやラジオの仕事をいち局員としてやり続けるというのが凄いといいますか、語彙力のないオタク的な言い方をするとエモいといいますか……。

www.oricon.co.jp

このインタビューの中でも局員としてであったり、アナウンサーの仕事についてであったりをちょっと話していらっしゃいます。

 

f:id:amanatsu0312:20200522143658p:plain

字がうまい……(知ってた)

あ!これどこかのタイミングで送ろうと思っていたわたしの自慢なんですけど、出版記念にラジオでやっていたプレゼントに当たっていただいた家宝です……(本名なので隠します)

(すごいのあたってる!!!!)(字が綺麗!!!!)(そしておめでとうございます!!!!!!!!字が綺麗(二度目))

 

(尊敬や憧れと親近感のギャップ確かに聞いててすごく感じます…ずっと反復横跳びしてる……。しかし安住アナのその文、出たの結構昔ですよね…?昨今Youtubeなど配信が台頭している中でそういうふうに見極めて、だけども戦えると信じているという文章に「なんだかんだでアナウンサーになったけれど自負を持って仕事に専念している」スタイルが伺い知れてかっこいいなぁ…と感じました。斜陽産業なのをわかっているうえで持っている武器で向かっていこうとするのかっこいいなあと)

 

安住アナをじっくり味わいたいあなたへ!

―では最後に”なんとなく知っているけれど知らない”という人が多いと思います。そんなかたに向けて「安住アナを知るとこんなに楽しい」というPRを是非!

PRですか……

アイドルやタレントさん、歌手の方、あと俳優さんだったりで推しがいる方に向けては「あなたの推しを隣で引き立ててる人をもっと知ってくれ」というのはずっと思っていまして。

番組実況するツイッターを見てるとその時々で言及してくださる方もいらっしゃるんですけどそこでおしまいになってしまうのは惜しいなあと思うんですよ……。

あとはそこでとっかかりを得たら土曜の東京VICTORYやニュースを見たりとか日曜のラジオを聴いたりしてほしいな……と ラジオは関東ローカルなんですけど過去の回はラジオクラウドである程度聴けますし!

いい言い方をすると日本語のプロフェッショナル(悪い言い方をすると重箱の隅をつつく日本語オタク)なのでそういう観点で見てもらうのもいいのかなと思います わたし実は影響されて大学で日本語をやっていたりします。

なんというかものすごく身近なところに沼が落ちてるので、一度のぞいてみるだけでもしてみていただけたらなと思います。

特に推しがフォーマルな装いしてると上がるタイプのオタクはかなり落ちると思うのでちょっと首突っ込んでみてほしいですね!(笑)

(最後の最後で二次元推しにも三次元推しにも軽率に飛び込む単語がデてきて「わかる~~~」って顔しました…ありがとうございました!!)

ありがとうございました!!キャラが!濃い!!

面白いよ!安住アナ!のエピソードを聞いた上で

このお話をしている中で、もちづきさんがラジオで読まれてポストカードをゲットしたり、なにかと「運が味方してきてない?!」「このDMのやりとり読まれてない!?」とざわつくばかりでした…。

ポストカードめっちゃおしゃれですごい…かわいい…聞いたところによると販売しないらしくて「そいつを販売するんだTBS…」という気持ちになりました(ラジオを読まれた方だけらしい)

 

からの、ちょうどタイムリーにリクエストしたものがきたようです。

 ありがとうTBSありがとうぴったんこカンカン…!

ということで見てきたんですけど(5月20日の放送)

  • 冒頭初っ端恋ダンス → 私「これが噂の……えっちゃんと踊れて…えっ星野源と並んで生き生きして…ええ、上の方、ワイプで抜かれながら踊ってる?!なんなんこの人…っょぃ…」
  • 吉田羊さん×生田斗真さん×小栗旬さん回「完全に吉田さんに一番ゲラゲラ笑ってるしめっちゃ食いついているし同年代の絶妙な距離感が極めに極めている……」
  • 竹内涼真くん×鈴木亮平さん回「さらっとフォロー回りながら新民謡で合いの手入れてるの絶妙では……?」 

と、わーわー見ながら思ったのは、番組内でどうしても出てしまう「いじられ」という枠に対してのさらっとしたフォローがすごい極まっていました。「清水さんを大事にしてあげて!!!!!!」と見方によっては「かわいそう(おいしい)」の立ち位置であるものを、さっと一言言えるのって良いなあと。あとはJUJUさんが振り抜けてるときに「アーティストなんだからなんでもやってはだめ」と言っているの最高にいいお兄ちゃん枠ですよね。大人びている。

また随所随所で気遣いができる発言ができていたり、それこそ竹内涼真くんたちが出ていたときに元ちとせさんに電話する時手元で口元隠してペコペコしちゃう「サラリーマンあるある~~~~」みたいな光景を見れるあたりがすごく楽しかったです。オタクに優しすぎやしませんかぴったんこカン★カン……。

まさに「ずっとステーキ提供されてる状況ではこれ」って感じで。ちょうどもちづきさんとの脱線かましている中で、「吉田羊さんと安住アナでハレ晴レユカイやってほしい」とお話ししていたところだったんですが「やっぱやるべきでは???」でした。

想像以上にお二人の独特のテンションに笑いました。地上の星全力で歌う吉田羊さんに対して人一倍笑ってたの多分安住アナ………その曲さっきパンダのくだりで流してほしいとか言ってたら…(笑)


ゲストごとによって表情が変わるのがとてもおもしろいです。それこそ長渕剛さんに率直にいうとか、とか、同時にワイプも見れたのでその時の反応とは間違うのが見れるのですが「とんぼ」歌ってる時多分誰よりもサビノリノリだったり「安住アナーー!!!」と言いたくなるというか(笑)テロップなくても歌える系のあれでは……?

とりあえず見た感想をそのままもちづきさんに送ったんですが「毎週こうとかよく心臓もちますね??????????」でした。大混乱を極めている。

 

個別で安住アナのことをもうちょっと知ろうと思いまして……。

何かを徹して楽しむというのはすごい良いことだと思うのですが、気になりすぎた「しょうゆ大使」について、調べてみました。

www.excite.co.jp

字が!!!きれい!!!知ってた!!!!

「醤油テイスティングノート」というキーワードに「ソムリエじゃん…」と思わず声出さずには居られないあれでそれ…。

しかもしょうゆ大使というのも初代っていうのがすごいですね。食べ物に合わせて醤油を変えたり「どの醤油がいいのか」をメモしてるの律儀と言うか本当に好きなんだな…と痛感します(笑)

 

まさに「知っているけれど知らない人」「多分こう(振り回されることが多い)いう人なんだろうなあ」という認識だったんですが、想像以上に”かわいい”と”丁寧”を積み重ねた存在っていうのが眩しかったです。二次元か?二次元なのか??とか色々いっていますが、本当に「プロフェッショナルの一人」なのだなあと感じるばかりでした…。

ちょうどタイムリーになっていた安住アナの発言でとある条例について賛成/反対の意見が色々インターネット(特によく見たのはTwitterですかね)で回っていたわけですが。それについて番組内で「4時間ほど賛成・反対どちらもネサフで意見を見まして」とさらっといったところ。また、この発言が苦でもなく、本当にさも当然のようにさら~っと言っているのを聞いて「あ、安住アナ…!」としみじみせざるを得なかったです。

 

一人のプロフェッショナルとして「現状」と「展望」を持ち、その上で「かわいい…!」という感情を芽生えさせるのすごすぎて本当に目がチカチカするばかりでした…。ひとつに対しての奥深さが「なんか親近感を覚える」部分もあり、一方で、ひとつひとつのお仕事に対しての考え方がしっかりと確立されている。ギャップがずっと反復横跳びしっぱなしでした。

今まで書かれていた内容やインタビューも読んでいくと、「次に彼が何を調べて、どういう風に話していくのだろう」という部分にも注目したいですし、またアナウンサーとしての一面もさらに期待したいところです。とりあえずボーリングをぴったんこカンカンでやってほしいです(笑)

 

もちづきさん、素敵なお話ありがとうございました!

 

ご紹介いただきました!

calmdownbaby.hatenablog.com

ありがたくもご紹介いただきました!そして裏話も書いていただけて大変恐縮です。

完全に「なるほど…」とか「なん…だと…」とか言っていた記憶があるのですが、DMでのやり取りは本当にひたすら長くてですね(笑)今回最長記録を叩き出していただいたのですが、全部踏まえると3万くらい文字が余裕でいくと思います。オタク同士の会話だから…「逃げ恥時代が時代なら手書きMADあった」とか「二次元では?????」とか散々言ってました。そしてもちづきさんの推しの根っこに安住アナがあって派生して現在の他の推しさんたちにも該当しているっていうのに「めっちゃわかる…」とうなずくばかりでした。知らない間に傾向が似ているのあるある……。

 

ということで、本当に長い時間ありがとうございました。とりあえず書籍を買うところからはじめました。ぴったんこカンカンもまた見ます…ぴったんこカンカン安住アナ推しの人毎週本当にワクワクでは……