柑橘パッショナート

インプットとアウトプットを繰り返すごちゃまぜブログ

【2021年】橋本良亮くんのお誕生日に伴い、彼の好きな「パン」の話

 理由があまりにもシンプルなんですが、橋本良亮くんが今年のお誕生日を迎えました。誠におめでとうございます。

今年は朗読劇の初日と被っているという驚きもありつつ……な中ですが、その内容に「PSYCHO-PASSぽさがあるなあ」という印象を持っています。蓋を開けたらどんな内容になるのか、いろいろ気になる内容ですね。

natalie.mu

鈴木さんの演出についてはモグーと日本文学の旅を見た上で、現代社会における伝えたいことを詰め込んだものをやりたいのかなという印象なのですが……篠井英介さん、ヒール側のイメージがすごく強いので個人的に好きな俳優さんです。

刑事ドラマでおなじみの人だ~~~!!!!!とびっくりしました。

さらに、ブンとフンという舞台も決まりましたね。おめでとうございます!

調べた際に真っ先に「ホリプロでやってたんだ」というような発見などもあり、歴史のあるものを演じてくださることが大変嬉しく思います。 もともとがNHKのラジオドラマからなのでそれを「音楽劇」という形で見える形にしていくとなると一人ひとりが想像の中であった「朗読」という世界とはまた共通の「視覚」での表現が出てくると思うので気になるところです。

作品の中における登場人物と作者のコミュニケーションというと最近映画でやっているキャラクターなんかもそうですよね。しかも今回の演出はG2さんということで、戸惑いの惑星でものすごく戸惑わせてもらったなぁ……という気持ちでいっぱいです(笑)

amanatsu0312.hateblo.jp

今回は音楽劇ということで、コインロッカーベイビーズ等と同じくミュージカルとはまた少し違う歌を交えつつ作る感じのお芝居になるのでしょうか。楽しみです。

 

舞台に加えて、TVドラマ「痴情の接吻」も始まりました。主演ドラマだって!!!!!!!!!!

www.asahi.co.jp

公式インスタやTikTokTwitterSNSをふんだんに活用したPRに「時代の変化だなあ」とジャニーズ事務所SNSに対してOKになったことも含めて何だか感慨深いです。

PVの潔い脱ぎっぷりに細くて驚きつつ、体付き的にあまり筋肉をつけすぎるとアイドルという仕事柄難しいのだろうなあというバランスも含めて二次元のキャラクターをどう表現するのか、原作でついているイメージを「ドラマ特有」のリアルさをもたせてバランスを保つのか脚本というベースを踏まえて色づけしていく俳優としてのスキルを楽しませてもらってます。

youtu.be

キャプチャの現段階の画像でこっ恥ずかしくてあまり開けないのですが(笑)

原作のコミックスを読ませてもらって、完結することも知って「どこまで」をドラマでやるのだろう?という興味も含めて、実写化の難しさ等も感じながらのんびり見ています。

 

エロティカルな部分と(妄想も多いような気がしますが笑)そういった情を膨らませながらヒロインに懐いてる二面性を含めてTL漫画原作をがっつり実写化しているのなかなか見る機会がないので新鮮だな、と見させてもらってます。

しかしTwitterでRTするのなんというかちょっと気恥ずかしさみたいなのありますよね。がっつり脱いでるし(笑)

最近コミックスの実写化も多くて、それこそプロミスシンデレラや離婚していないだけ、サレタガワのブルーなど電子コミックスサイト等で読んでいたものが実写化を今期はしているのでなんだか新鮮な気持ちです。

小説とは違う「イラスト」「漫画」ならではの実写化だからこそ「イメージの中での誰」というものではなく、可視化ゆえの漫画のオーバーな表情などをどう地続きなドラマに落とし込むのか、そのへんの難しさも感じます。このへんは「推しの子」で最近ピックアップされているのでより考える機会として増えたんじゃないかな、とも思います。

痴情の接吻、主題歌もA.B.C-Zでいただいていて、しかも奥田民生さんという驚きの人で(最初はふせられていました)びっくりするばかりです。イージュー★ライダーが好きです。

イージュー★ライダー

イージュー★ライダー

  • provided courtesy of iTunes

 また、奥田民生さんといえば「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」という作品が印象的でした。バクマン。大根仁監督で映画にもなっていましたね。

www.youtube.com

「力まない大人」というように表現される奥田民生さん。私のイメージではA.B.C-Zというグループというより戸塚祥太さんにマッチしているなという印象だったので(自らの路線を確立していく、という意味で)A.B.C-Zというグループに音楽を提供してくれるというご縁がびっくり、そして嬉しい限りです。

シングルも発売されるということで楽しみですね!DAN DAN DANCEやJOYしたいキモチなど、ライヴ中にシングルが発表されてパフォーマンスしてくれましたが今回もライヴで見れるのでしょうか。見れたら良いな~~と密やかに願う限りです。

夏と君のうた、はやくフルで聞きたいですね!!!!!!楽しみ!!

 

 

舞台、ドラマ、そしてバラエティ、朝の情報番組……と今「多角的にいろんなこと」に挑戦されている橋本くんのファンをしながら、また自分なりの「一人のファン」(n)としての考えをまとめておこうかな……とか思っていたのですが、まぁそのへんのことって毎年やってるし……と思ってやめておきました(笑)

 

f:id:amanatsu0312:20200714173751p:plain

20200715のお祝い

ちなみにこれは2020年7月15日のお祝い絵。

回り回って、2021年のコンサートのうちわやクリアファイルが「ハワイ×赤×橋本くん」だったので「河合さんプロデュースありがとう~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!」と公式で見られたのすごい嬉しかったです。ありがとうそしてありがとう。

 

<これまでのお祝い>

  1. 2017年:橋本良亮24歳にあたり、かける想いを馳せる

  2. 2018年:橋本良亮君の25回目の誕生日に思うこと

  3. 2019年:橋本良亮(26)をひたすら祝う

  4. 2020年:【祝・27歳】A.B.C-Z橋本良亮君の誕生日を祝うための記事

 

毎年内容をちょこちょこ変えているのですが、最終的に至るものは橋本くん自身のお話をしていました。今年は趣向を変えて、五関くんの誕生日内容が「このゲームやってよお~~~~~~」っていうものだったので、「このパンっていいよね~~!!!!食べてくれよ~~」でまとめておこうと思います。9割私が好きなパンの話です。

 

amanatsu0312.hateblo.jp

 

ちなみに橋本くんは以前インタビューで「俺が詳しくパンの話したいからあまり詳しくない人がいい」みたいなことをお話されていたので、彼の好みには当記事は該当1ミクロンもしていないの承知の上で書いています。

なので、私が!!!!好きなものを!!!!好きに!!!!!話したいんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!という精神でやってます。

橋本くんを祝いつつ橋本くんが好きなパン、そして自分の好きなパンを改めて見直すための生地・・・ではなく記事です。

 

ということで、パン職人さんはじめ美味しいパンを作ってくださる皆さん、ありがとうございます。

敬意を込めて日本でも有名な(?)パン職人さんのお歌を。

パンは酵母の反応で出来てるから生き物なんだよねえと昔パン屋さんに言われたの思い出しました。ということで今年は橋本くんの誕生日でありながら橋本くんにはあまり関係してない(笑)「橋本くんへ  パン美味しいよね  私より」というような気持ちを込めた(?)パンのプレゼンです。

 

f:id:amanatsu0312:20210714160741p:plain

ハッピーバースデー!!!!!!


本人祝うと言いつつ自分の趣味を貫いた記事になりそうな…気がする…(笑)

 

 

 

 

- スポンサーリンク - 

 

 

f:id:amanatsu0312:20210714205137p:image

アレンジの天才「食パン」

何にでもできる食事パンといえば――な食パン。

パン屋いくとだいたいハード系か食パンを買うようにしているのですが、一番好きな食パンどこ?って聞かれれば自分はセントル・ザ・ベーカリー、ペリカン、もしくは超熟をあげます。個人的にはリッチなものよりシンプルなものが好き。

ご褒美にセントル、気軽に超熟。あとは初めていくベーカリーで食パン。ペリカンさんに関してはロールパンも美味しいですよね。

 

食パンはトーストしても美味しいし、そのまま食べても美味しい主義なのですが、トーストするならセントルみたいに色々なトースターを選ぶのも楽しいです。みんな大好きバルミューダもやっぱり鉄板においしく焼き上げてくれますよね。

両親になにかプレゼントをと思って白版を購入したのですが非常に喜ばれたのを記憶しています。水を入れてふっくらやわらかなのが最高。

焦げ目があまりつかない印象なのですがそこは「ラスト1分」とかで一気にガッと焼いているイメージですね。

トーストすると今までふか…とかしっとり…とかだったパンがサクッと食感が変わるので両方それぞれ違いを楽しめるのが良い。

f:id:amanatsu0312:20210604115633j:plain

朝ごはんにも、お昼ごはんにも

バターがとろっととける瞬間みたいなのが何ともいえず楽しいですよね。切り目を入れるとちぎりやすいのもそうですけど、バターしみしみになるので皆違ってみんないいの典型。

f:id:amanatsu0312:20210605120348j:image

このトースターで上がってくる瞬間が好きです。ちなみにこれはセントルザベーカリーでトースター選べる流れで選んだもの。

また、パンに合わせるものもその日によって違ってきますが、個人的にはオリーブオイル+塩という組み合わせが好きです。エンドレス食べれる。 

 

食パンのサンドイッチ色々

食パンのアレンジと言えばやっぱり「サンドイッチ」になるのかなと思いますが、そのバリエーションもものによって様々。

f:id:amanatsu0312:20210604115601j:plain

セントルの食パンでオープンサンド

同じ「たまごサンド」でも上のようにオープンサンドにしてスクランブルエッグをのせて食べても美味しいし(たまごと食パンって相性いいですよね。美味しい)一方で厚焼き玉子にしても美味しい。

f:id:amanatsu0312:20210604115232j:plain

オープンサンド例

これはペリカンさんがされている「ペリカンカフェ」で楽しませてもらったベーコンエッグのオープンサンド。同じオープンサンドでも上のお写真(ホテルで食べた朝食だったと思う)とはちょっと違いますよね。

f:id:amanatsu0312:20210604115624j:plain

ピザトースト

このピザトーストはコフィノワさんのもの。コーヒーが美味しかったのでまたお伺いしたいです。

トーストひとつとってもピザトースト、チーズトーストとバリエーションが一気に広がる食パン。チバテレで行っている「モーニングこんぱす」でも食パンの食レポをされていたのが印象的でした。

【初回の感想】

amanatsu0312.hateblo.jp

 

ホットサンドとして楽しむのも美味しいですよね。大体何でも挟めば美味しい。

あとはがっつりグリルドチーズサンドというのも美味しい。

全然味わいが変わるおもしろさですよね。これに関しては以前橋本くんのブログで「作った」というお話をされていて「わかる~~~」とグリルドチーズサンドを提供するキッチンカーの映画「シェフ」が好きな身としてウンウン唸っていました。美味しいよねわかるわかるよ。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました (字幕版)

見てておなかのすく映画で大好きです。見て。ほんと見て。

 

f:id:amanatsu0312:20210604115620j:plain

f:id:amanatsu0312:20210604115127j:plain

フルーツサンド

あとは最近流行りのフルーツサンドですがクリームをぎっしり+爽やかフルーツの組み合わせでも、シンプルを徹していても美味しいですよね。食パンの白とカラフルなフルーツとの色合いが見ていても楽しい。1枚目はコーヒーショップで提供されているペリカンの食パンで作るフルーツサンド、そして2つめはフルーツサンド専門店で購入したものです。それぞれに彩りがちがっていいですよね。

フルーツサンドでとの組み合わせのとき「いちごの酸味」とかフルーツ特有の爽やかさを引き出すなら食パンの組み合わせも悩みどころですよね。以前金沢で食べた「Salut Enchante」さんのサンドイッチも非常に美味しくて、「チョコバナナはそりゃ合うよ~!!!!!」と中のチョコクリームとバナナの組み合わせにニコニコしたのを覚えています。

amanatsu0312.hateblo.jp

 

f:id:amanatsu0312:20210604115236j:plain

ペリカンカフェのフルーツサンド

 

変幻自在なヴィエノワズリー「クロワッサン」

パリパリの生地が心をくすぐるクロワッサン。見ているだけでテンションが上がりますよね。お店だと鉄板にドンクやトランブルーが私は好きなのですが、ヴィエノワズリーとしてパン屋さんだけではなくケーキ屋さんでも販売しているのが特徴だと思います。

f:id:amanatsu0312:20210605160934j:plain

パリパリ感が楽しい

クロワッサンを使ってサンドイッチにしてもいいし、中にチョコレートが入ったパン・オ・ショコラとかも私は好きです。

ちなみに↑の写真はバルミューダで温めたクロワッサン。

 

朝ごはんにコーヒーとパン・オ・ショコラとか優雅を極めていると思います。

f:id:amanatsu0312:20210702143049j:plain

クロワッサンいいよね!!!!!(写真は「ぱくたそ」より)

クロワッサン生地とデニッシュ生地って強力粉ではなく薄力粉が中心になるので、そういう意味でもケーキ屋さんは使いやすいのだろうな~という印象です。

作り方については東京製菓学校の高江先生の動画を見たんですが自分は作れる人ではないので端的に「すごいなー」「面白いなー」で見てました(笑)

www.youtube.com

 

デニッシュといえばきらきらフルーツとか乗せられているとまたテンション上がりますよね。A.B.C-ZのCDアルバムで湘南のほうにいく特典(休日プランをプレゼンする内容のもの)で、橋本くんがパン屋さん提案していてデニッシュを写していたのが印象的でした。

個人的に好きなお店だとトランブルーさん。一度行ったきりなのでまた行きたいお店です。

 

どっしりしっかり食事パン「カンパーニュ」

田舎パンことパン・ド・カンパーニュ。めちゃくちゃ好きなんですけど写真撮るときに「いやこれ美味しそうに撮るの難しくない???」となりますね!!一個まるっと自分はほとんど買ったことがないのですが、パン屋さんのなかではがっつり日持ちして食べられるイメージです。毎日ちょっとずつスライスして夕食にとかサンドイッチとか…な印象。小麦のがっちり感はバゲットとかとはまたちょっと違った食感をもたらしてくれているなあ~~なんて素人目線。

 

少しのイーストでつくるパン〈1〉ゆっくり発酵 カンパーニュ (少しのイーストでつくるパン 1)

ということで本の表紙をお借りしつつ。カンパーニュスライスして軽くトーストしてお肉のソースとかと合わせるとめちゃくちゃ美味しくてひたすら食べてしまうので大好きです。お魚にも合いますよね。

いつかハーフサイズではなくまるっと1個買ってみたい(1600円ぐらいするイメージ)です。

 

焼き立てがやっぱり美味しいフランスパン

フランスパン生地といえばやっぱりバゲットが最初に出てくると思うんですが、個人的にはベーコンエピとかも大好きです。美味しいですよね、ベーコンエピ。

バゲット、リベイクしても美味しいんですけどサンドイッチでもりもりがっつりしているかんじでも美味しいし(その結果のサブウェイとかのソフトフランスなかんじになっていったんだろうけれど)楽しみ方がどうにでもなる生地なんだろうな~って思います。

f:id:amanatsu0312:20210605160747j:plain

バゲットはやはり美味しい

バゲット持って家に帰る時どうしてもお買い物袋から突き出てしまうわけなのですが、その結果「めっちゃいい香りする…」と紙袋に入っていてもバゲットの香り嗅いでしまいます。美味しい香りがする。

サンドにするなら中に甘いのやしょっぱいのと組み合わせてもいいし、私のよく行くお店はチョコレートが生地に練り込まれたものもあるんですがこれも美味しい。

f:id:amanatsu0312:20210605160751j:plain

f:id:amanatsu0312:20210605160759j:plain

食べ方色々

パンって美味しいよね!!!!!!!!!!!!!!

 

f:id:amanatsu0312:20210605160808j:plain

ベーコンエピ

 

f:id:amanatsu0312:20210605160804j:plain

切るとまた美味しそう

ベーコンエピ考えついた人ってどんな人なんでしょうね。天才か……とつくづく思います。ちなみにこのピンク色のベーコンエピは、ブーランジェリー・ジャンゴさんのもの。ビーツが入っているベーコンエピで、めちゃくちゃ美味しかったのでまた買いに行きたいです。

 

パン屋さんのおやつ色々

パン屋さんのイメージってどちらかというと「小麦色」「温かみのある色」なのですが、パン屋さんでお菓子見ていると洋菓子屋さんの華やかさとはまた違った面白みがあるなあと思います。焼菓子だからこそというか。

最近お持たせで食パンとか持っていくことも増えましたが、同時にパネトーネとかシュトレンをパン屋さんでやっているのを見かけて「おっ」となります。両方ともクリスマスのお菓子のイメージですが…。

f:id:amanatsu0312:20210702175032p:plain

パネトーネ

画像は「Freepik - jp.freepik.com によって作成された christmas ベクトル」から。

 

……とか言ってたら最近は夏のマンゴーとかレモンとかと合わせた「サマーシュトーレン」とかもあるらしいです。このへんめっちゃ日本らしい。でも美味しそう。

 

prtimes.jp

f:id:amanatsu0312:20210702154629p:plain

サマーシュトーレン

 

後は最近流行ってるマリトッツォはイタリアのローマの朝ごはんの一つらしいんですけど、カフェメニューが基っぽい(元々がっつり生クリーム入ってるし)でもブリオッシュ生地で作ってるし、最終的にはパンの部類なのだろうか、とも思ったりもします。何でもいいよ美味しいなら!!!!(笑)

f:id:amanatsu0312:20210605161205j:plain

マリトッツォ

私が食べたことがあるお店は数えられる程度しかないのですが、其々サイズ感もなんとなくバラバラなので「どれがスタンダードなんだ…」と迷子になるのですが、美味しければそれでいいとも思います。派生して派生してカリフォルニアロールみたいに立ち位置が確立されたら見かけた時に買いやすいし(笑)

 

最近台湾カステラも流行っているらしいんですがカステラはあまり詳しくないのでいつか食べたい。パン屋さんにもあるんですかね。

あとは個人的にはエッグタルトが好きなのでもっと流行ったらいいのにな~~と思いながら見かけてはむしゃむしゃ買って食べています。エッグタルトのお店、表参道と成田空港に同じお店があるのですが*1余り見かけないので、知ってる人がいたら教えて欲しいです。

 

f:id:amanatsu0312:20210604115629j:plain

f:id:amanatsu0312:20210604115605j:plain

エッグタルト


上の2つは過去に香港とマカオで食べたエッグタルト。どっちもサクサクしていて美味しかったのと、パン屋さんで食べるもの、ケーキ屋さんで食べるもの、ホテルのペストリーショップで食べるもの、全部味違って面白い体験でした。

 

焼菓子系でいうと鉄板はマドレーヌ、フィナンシェだと思いますがカヌレも美味しいので好きです。PAULが鉄板に好きですが、街のパン屋さんで見かけるとうっかり絶対1個ついでに買っちゃいます。美味しい。

f:id:amanatsu0312:20210605161200j:plain

カヌレ

パン屋さんといえばパンを乾燥焼きしたラスクも鉄板に美味しいですし、フレンチトーストとかもありますが、いろんな形、色んな面での表現があっての面白さだなぁと感じます。

 

パン屋さんに買いに行くのっていいよね!!

パン屋さんにいく、前を通るとふわっと香るパンの香りがありますよね。あれがもう本当に好きで。歩いているだけでぐーぐーお腹が空きます。

橋本くんが「パンが好き」とよくお話されているのを見るたびに「わかる~~~~わかるよ君の気持ち~~」と頭の中で小池徹平が歌ってくれます。

君に贈る歌

君に贈る歌

  • provided courtesy of iTunes

 

「自分と同じ熱量での好きかどうか」って色んなジャンルで出てくるものではありますが、私は好き/苦手のなかで楽しみの一つとして「パンが好き」と話している姿を見るとなんだかとっても嬉しくなります。

めちゃくちゃ詳しいわけじゃないけど、彼を通じてまた一つ自分の中での好きなものが大切になっていったなぁとも思うからこそ、感慨深い次第です。

 

お誕生日おめでとうございます!!

ここまで書いておいてなんですが「本人全然関係ない」っていうあれですよね。存じています。

橋本くんが「パンが好きで」というお話を聞いてからはや数年。今もこうして楽しい、美味しい、ここの店が好き(なお事務所柄あまりお店を具体的にヒントをあげていない)っていうのを聞いて「この店は多分あそこかなぁ」っていうのもいくつかあって、そういう意味で「この人も生きているんだなぁ」という至極当たり前なことをつくづく思います。

アイドルという業種、芸能人という職業は自分とは縁遠い世界ではありますが、その一方で”自分”という存在を芸能界に投じてリアルな部分と「アイドル/芸能人」という肩書をずっと身につけながら生きるということの大変さを感じるばかりです。

自分がどういう職業についているかで見られる目っていうのは一般社会においても多少変わったりするから、芸能人ならことさらだろうな、なんても考えますが、そこは当人にしかわからない部分も多いと思います。

芸能人として、アイドルとして、俳優としてどういう人生を歩むのかファンとして見ていくことが今後もできればいいなぁと考えますし、同時にどっちがどっちという境目はさておくとして「美味しいもんでも食べて、ぽかぽかお風呂に入って、あったかい布団で眠るんだろうな」という人間っていいなみたいなことをしてくれてたらいいな~ってなります。

エンタメであると同時に人間だからこそ「衣食住」という人における大切なことがいっぱいあって、また本人の感情とかもあって、その中における「美味しい!!楽しい!!!」という感情がパンから生まれていたらいいな~~~と一人のパン好きとして思ったりしながら、今日は美味しいパンを食べたいところです。

 

ちなみに今年のお誕生日イラストも毎度おなじみ伊於さんにお願いしました。

昨年のイラストとの雰囲気をがらっと変えたポップなかんじで「パンの記事にするからパン描いてほしい」と無理難題をいったところ素敵に描いてもらえました。有難うございます。頼んでから本当に「パン屋さんが考えた抱き枕」というのがニュースになっているのを見て、何なら橋本くんご自身がモーニングこんぱすで知っているのを見て「ネタがかぶったぞ!!!!!!」とアワアワしていたのは裏話です(笑)

 

橋本くんがパンを好きというお話をしているのを最初に見かけた頃よりもだいぶあれやこれやと自分でも行く機会が増えたなぁと、なんだかんだ自分の趣味を引っ張ってもらったような気がします。御朱印めぐりも自分自身どこか遠くにでかけたときに併せて…みたいなかんじでやっているのですが、これもまた橋本くんはお好きだというお話をいつぞやにされていて(番組でハワイの神社の御朱印を頂いたことをお話されているのを見て単純に羨ましかったです笑)自分の元々好きだったものが持続されていく機会にしてもらえたこと、とても嬉しい限りです。

 

公式のブログの更新も波がある中で地鶏…ではなく自撮りをしてもらえる機会も増えて、最近の様子をテレビ以外でも見られる機会が増えたように感じます。インスタ、TikTokTwitter、ひとつひとつのSNSで持っている色は全く違うからこそ各所担当の広報さんやマネージャーなどの色も見えてきたりと面白く見させてもらっています。

雑誌やラジオ、テレビといった今まで訴求してきているコンテンツと新しいコンテンツ、どちらも良いところがあって、其々を活用しながら見せてくれたら嬉しいです。

 

一面だけではなく、たくさんの顔があるからこその人間性で、だからこその「アイドル」とか「芸能人」というなかでも接する人やコンテンツによって見せてくれるものも替わってくるのだと自分は考えています。そんな「多様化」するなかで、自分のようなファンが見られる「アイドル/タレント」としての一部もまた、たくさん輝いてくれたら嬉しいですし、舞台やドラマのような作品を通すことで見られる「俳優」としての一面もワクワクさせてもらえたらいいなあ、なんて考えています。

 

ということで、長くなりましたらが改めて。

お誕生日おめでとうございます。今年も橋本くんの一年がとても素敵なものでありますように!

ライヴもまだまだ続く中ですが、梅雨も明けて暑くなってきました。お体お大事に!!!!!!ということを叫びつつ筆を置かせてもらいます。

TOP