柑橘パッショナート

インプットとアウトプットを繰り返すごちゃまぜブログ

【12月18日まで】自分好みのカスタムパフェ!「eGOISH」がロイヤルパインズホテル浦和にオープン

「パフェを自分の理想に組み立てるのぜえったい楽しいよね」という夢を持ったことはありませんか。私はあります。

何ならPicrewさんでやっている「推しパフェメーカー」*1とかめちゃくちゃやっている。

f:id:amanatsu0312:20201105145809p:plain

推しパフェ

自分の場合の推しパフェはこう。苺がね…好きなんですよ…推しが赤*2とか以前に、苺が美味しいよねっていう……。

パティシエさんが丹精込めてバランスを考えてくださっているパフェももちろんよくて、でも自分のワガママ貫き通したパフェも食べたい!とかいってたら浦和のロイヤルパインズホテルで期間限定のフェアをやっていることを知り、いつもの友人にお願いし、いってみました。その忘備録です。

f:id:amanatsu0312:20201105152310j:plain

浦和でカスタムパフェを食べるぞ~!!!!!!
  • eGOISHについて
  • eGOISHにいってみよう
  • eGOISHでの頼み方
  • パフェがやって来ました!
    • 「赤ワインにあう」パフェ
    • 「白ワインに合う」パフェ
    • さっぱり「桃のコンポート」を使ったパフェ
  • 美的センスがないと難しいの?
  • ハウトゥーアクセス

 

続きを読む

【オシゴトガタリVol.29】「三浦大知」という人を”好きなように楽しむ”こと

推しを!推したらしめる推しの良さをひたすら聞いていたい。それが「オシゴトガタリ」。気づけば29回目となります。あっという間ですね。

知ってる……?後1回で30回になるらしいですよ…30回については1年前に「30回いったら本にしたいね~~」といううっかり発言からです。

amanatsu0312.hateblo.jp

 ページデザインとかも色々あるので難しいんですけれども、インターネットという世界の都合上、どうしてもブログというのはある日突然消えるのであの日あの時あの場所で*1あなたが思ったことを形にしていけたらいいなぁというほのかな願い。どういう基準でどういう形になるのか?ええ、まるで決まってません。

f:id:amanatsu0312:20200310195447p:plain

「オシゴトガタリ」今日もよろしくお願いします!

オシゴトガタリについて

  • 「推し事」をテーマに色んな人にあなたの推しって何でしょう、とお伺いする企画です。
  • このブログの管理人が、「推し(好き・応援・大切・考察対象等マルチな意味を指す)事」をしているフォロワーだったり名乗りを上げてくださった方に対してインタビューしています。
  • 「無理しない」「楽しい!を人から教わる」ことを基準に行き当たりばったりで行っています。
  • 1ミリも知らない(ミリしら)のものなら「そのもの」を教えてもらって知っているものなら「この人はこういうところが好きなんだな!」と感じる。

それができる場所。それが「オシゴトガタリ」です。

今回のお題は「三浦大知」くんについて。アーティストとしてバリバリ第一線でご活躍中ですね。私自身も大知くんのライヴにいったり様子を見たりすることを楽しんでいる人間なのでここは別の角度から楽しまれている方からお話をお聞きしたいということで、なつめさんにお話をお伺いいたしました。

なつめさんに関しては「大知くん楽しいな~!!!!!」ってなりたての頃にいっぱい色々教えていただきました。

当時は本当に有難うございました!!ということで「現場で見る三浦大知くんの良さ」「映像で見る楽しさ」「そもそも三浦大知くんというエンターテイナーを楽しんでいるなつめさんのお話」をお聞きしていきます!

 

続きを読む

映画『オレたち応援屋!!』感想雑記

A.B.C-Z主演映画「オレたち応援屋!!」が公開されました。

ということで映画に合わせて足を運んできたのですが、昨今鬼滅の刃の効果で映画館が凄く盛り上がっているのを見られて嬉しくなりました。新型コロナウイルスの影響で落ち込みがちだった空気の中でこうやってエンターテインメントが一つでも盛り上がって「いいよね!」「楽しいよね!」っていうことになったことが明るい兆しとしてニコニコと笑顔を作りたくなります。映画館のみなさんが換気や対策をしっかりをされているから今日の映画に繋がっているのだとも感じます。心から感謝したいですね。

ということで、以下感想になりますが雑記にほぼ近い状態ですのでご注意下さい。

自分のブログであることをいいことに「隙自語*1」&「日頃応援というものを自然とやっている(サッカーチームのサポーターとして)人」の意見になります。

 

  • 応援屋の映画についての概要
  • キャスト/スタッフについて
  • 登場人物について
  • アイドル映画かどうかのニュアンス差
  • 演出について
  • 全体通した感想
  • 俳優陣のお芝居について
  • メイキングについて
  • 応援屋から、応援ってなんだろうと自らも考える

 

*1:隙きあらば自分語り

続きを読む

誰かのための応援ストーリー「ABC座2020 オレたち応援屋!! On Stage」観劇記録

A.B.C-Zの舞台「ABC座」が絶賛公演中です。

新型コロナウイルスの感染拡大でエンターテインメント業界がダイレクトに被害を被っている中、少しずつではありますが舞台やライヴなど壇上にあがる人たちが活動を再開できつつある環境に戻ってきたことを嬉しく思います。まだまだ予断を許さない環境下ではありますが、今回もこうやって公演してくれることに感謝するばかりです。

例年A.B.C-Zの「ABC座」は様々なコンセプトや内容でやっていますが今回の「応援屋」を見に行けるのは初めてです。ということで、河合郁人さんのお誕生日に入ったときの観劇感想を記しておきます。

f:id:amanatsu0312:20201023170756p:plain

2020年は応援屋!


なお、ちょいちょいネタバレ含んでいますので、「舞台見るまでは伏せておこう!」という方にはおすすめいたしませんのでご留意ください。

続きを読む

”性別”を選べる世界でのもがき”性別「モナリザ」の君へ。”

「おうち時間」が2020年は完全にめちゃくちゃ増えて、することの中に読書や漫画を読む機会がメッチャクチャ増えました。

さらに言えばキンドルやオンライン、電子書籍を買う機会が増えたこともありまって「読みたい」と「購入する」の直接リンクっぷりも増えてきています。本屋さんで衝動的にあれもこれもこっちも買う!(表紙とあらすじで気になったら買うタイプです)という状態で二人三脚で色々買い増やしてきたんですけれども、その中で「うわ~~~好き~~」となった漫画がありました。

それが吉村旋氏が描く【性別「モナリザ」の君へ。】という漫画です。

 

性別「モナリザ」の君へ。 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

続きを読む
TOP