柑橘パッショナート

二次元、三次元、映画、アイドル、サッカー他諸々の多趣味の結果、好きなことをアウトプットするためのビュッフェタイプになったブログです

オシゴトガタリvol.16/どこでも”ゲーム”は始められる!「都会のトム&ソーヤ」

10月になり、映画がみたい月だったり、気になるものが増えたり、あれもしたいこれもしたいとかいってたら気がついたらクリスマスが今年もやってくる、なんて竹内まりやさんの定番曲が流れ出しそうな日々です。

月に一度が最低目標のインタビュー企画「オシゴトガタリ」も今までいろんなジャンル、いろんな方々にお願いしてまいりました。年齢層も、住んでいる場所も、性別も、お考え方もバラバラだからこそ「この人はこんな形で楽しんでいる」「この人は今このポイントが特に突き刺さってるから楽しまれている」というようなかんじで人によって、ジャンルによって様々です。

今回お話をお伺いした蓬さんは共通の友人からのはずなんですが、「あれ?待って何でお知り合いになったんだっけ?」というジャンルがほぼかぶらないタイプの友人です。

ということで、今回は何のお話をお伺いしましょうかと聞いた所「ちょうど映画化が発表されたばかりの”都会のトム&ソーヤ”についてで!」ということとなりました。

 

蓬さんのブログはこちら

halno0.hatenablog.com

 

ということで、今日も元気よくオシゴトガタリ、はじめたいと思います!

 

  • オシゴトガタリとは?
  • 「都会のトム&ソーヤ」ってどんな作品ですか?
  • 都会のトム&ソーヤ、映画化します!!!
  • はやみねかおるの世界が好き!
  • まだ都会のトム&ソーヤに出会っていない人へ
  • お話を聞いた上で

 

続きを読む

それでもカレーが好きなんだ!!!

世間がなんかカレーで色んな意見が飛び交っていますね。

その原因、理由に関しては本当に被害者の方が不憫だし、カレーの扱いに対して「違う!!そうじゃない!!」っていいたい今日このごろなんですけれども、その話題を突き詰めていく方向ではなく自分が好きなものを話すべきかなと思いました。

 

そう、カレーについて。

 

カレーライス美味しいですよね。

でもカレーといっても一概にいえないし、インドカレーやタイカレーといった違うタイプのカレーも大好きです。

 

  • あなたのお家のカレーはどんな味
  • 外で食べるカレーも美味しいよね!
  • ということで

 

続きを読む

「紙の本を読みなよ」と「電子書籍がとても楽」のジレンマ

以前PSYCHO-PASS槙島聖護という登場人物が「紙の本を読みなよ」というふうに称したことがあります。回り回って本屋さんで「紙の本を読みなよフェア」というものがあってそれも盛り上がりを見せていたのがとても印象的でした。*1

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス 缶々 めんこ マグネット 槙島聖護 お台場 サイコパスる夏Ver. グッズ

100年後の世界でも変わらず「紙の本」がいいという彼の意見はどう考えてもデジタルネイティブな世界であるPSYCHO-PASSの世界観の中で「こういうのが好き」な変わり種の一つとして描かれていますが、非常に印象的でした。

#15 硫黄降る街

#15 硫黄降る街

#15 硫黄降る街

 

 (PSYCHO-PASS15話「硫黄降る街」にてのセリフ)

 

「本はね、ただ文字を読むんじゃない。自分の感覚を調整するためのツールでもある」

 

「調子の悪い時に本の内容が頭に入ってこないことがある。そういう時は、何が読書の邪魔をしているか考える。調子が悪い時でもスラスラと内容が入ってくる本もある。何故そうなのか考える精神的な調律?チューニングみたいなものかな。調律する際大事なのは、紙に指で触れている感覚や、本をペラペラめくった時、瞬間的に脳の神経を刺激するものだ。」

 

これは作中で「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」という作品をおすすめしているシーンです。このへんめっちゃ本広克行氏ってかんじ(踊る大捜査線でも過去の映画とかの用いるシーンめちゃくちゃ多かったし)だったんですけれども。アンドロイドは電気羊の夢を見るか?については私は未読なのですが、「ブレードランナー」の原作として有名ですよね。

 

 

 

ちなみに映画の感想については以下記事参照(過去のものです)

 

amanatsu0312.hateblo.jp

 

 今回重要なのは作品のお話ではなくて、今回は「紙の本を読む」ということについてです。

で、割と私も「紙の本が好き!」なタイプなんですけれどもここ数年前にKindleをお買い上げしまして。その利便性にうっかりうつつを抜かしている日々なのですけれども、ふとしたときに「紙の本」ならではの良さみたいなのを感じたりします。

*1:2013年に実施された様子

続きを読む

なんやかんやで1年で10kgぐらい痩せた話

はてなブログ今週のお題「運動不足」につき、何かしらネタがないかなと思い起こしてみたのですが、じゃあちょっと自分の身体的な面でのことでも話そうかなと。

今回のお題は「ダイエット」とか「健康的になる」って話なんですけど、残念ながら私の場合健康要素とは無縁な気もする。

f:id:amanatsu0312:20191015154530p:plain

スポーツの秋(ただし観戦のほうが多い)
  • まず根本的なスペック
  • じゃあ何をやったのか
    • 手始めに「歩く」
    • ジムに通う
    • 糖質制限
    • カラオケにすっごく通ってた
  • 痩せてから感じたこと

 

続きを読む

【神保町】古書の街・神保町で紅茶を嗜む「ティーハウスタカノ」

先日「オシゴトガタリ」のインタビューをさせてもらうべく待ち合わせを行いました。

場所で選んだのは今回のタイトルにもなっている「ティーハウスタカノ」さん。

神保町というとボンディをはじめとしたカレーの大変美味しいお店がずらりと揃っており、あそこもいきたいここも行きたい欲求の塊なんですけど(笑)今回お伺いしたのは「ティーハウスタカノ」さん。

古本屋さんがずらりと並ぶ神保町に佇む紅茶に特化した紅茶専門店になります。

f:id:amanatsu0312:20191011113622p:plain

優雅なティータイムっていいよね
 (写真元:Freepik - jp.freepik.com によって作成された background 写真

 

ここに行き着くにあたりいろんなドラマが待ち構えていたわけなんですが(完全に私の凡ミス)、そのへんの出来事はまぁさておくとして、つらつらと書いていきたいと思います。

  • 神保町からでも御茶ノ水からでも行ける距離
  • お店についての概要
  • お店の中へ
  • 紅茶の種類も色々
  • 食べてみました
    • ランチセット(甘夏チョイス)
    • スイーツも楽しもう/スコーンと紅茶という鉄板さ
    • スイーツも楽しもう/フルーツババロアの魅力

 

続きを読む