人生日々ハイテンション

好きなものをビュッフェスタイルに楽しむ人の備忘録

A.B.C-Zが東京ジョイポリスとコラボ中だから遊んできました

この話題が上がったときに正直めちゃくちゃ笑いました。マジかよ井ノ原くん*1

何が面白いって、ジョイポリスっていう場所ですよ。

私、数年前、PSYCHO-PASSというジャンルにいたわけです。宜野座さんと朱のコンビ、縢くんと朱ちゃんのなんともいえぬ友愛の関係が好きでした。本筋も好きなんだけど、映画がまたあるのが気になってしょうがない。

psycho-pass.com

二次元作品ですが警察アニメものです。近未来物だけどお金があったらノイタミナだしフジテレビ実写化しそうだなっていつも思っています。なんだかんだ超楽しんでいました。

その名残は今もあって(未だにお付き合いある方もいる)、PSYCHO-PASSというジャンルはフジテレビが放送している「ノイタミナ」ということもあり、コラボもやっていました。

conpetti.com

しかも何度か。

 (これはサイコパス2期と映画とゲームのときの。「サイコパスる冬」)

 

また、ノイタミナショップなるものがお台場にあり、キャラクターのお誕生日には限定のグッズが出て、ええ、買いに行くのに大変でした(遠い目)そして私は宜野座さんと朱ちゃんのコンビ押しだったために(なんなら縢くんも大好きというレート高いししんどい系だった)買いに走っていたわけです。

映画も結局お台場いったしね!!!(笑)舞台挨拶みたよ!!!なつかしい。

限定グッズとかも買っていた。

お察しいただきたい。オタクはすぐものを集めてしまう…。 

 

さらに言えば過去にはペルソナシリーズとやったり、Mマスがあったり、おそ松さんがあったり、中では逆転裁判もあったりね。とにかく、都内でいえば池袋ナンジャタウンかなってぐらいにはイベントやっているですが、私の印象としては「二次元作品(アニメ・ゲーム作品)」とのコラボレーションが多かった印象なのですが、過去を引っ張り出してくるとNYCともコラボしていたようです。中山優馬くんが好きです!!!!!

 

ということで、よもやA.B.C-Zとコラボするとは思っていなかったし、「え?東京ジョイポリスってあのジョイポリス??」って三回くらい聴き直すくらいには衝撃でした。

natalie.mu

でも折角だしいくか~といってきたのでその感想録をば。

A.B.C-Z東京ジョイポリス

A.B.C-Zとは「アクロバットボーイズクラブ」の略(A.B.C/最後のZは橋本くんが加入になったことでついたものです)なのですが、その「躍動感」「動き」を売りにしているグループであると認識しています。お歌も好きだけどやっぱり一つ一つの動きがきれいに決まっているMV見るたびに私はイヤッッホォォォオオォオウ*2なんですけれどね。Rock with UとテレパシーOne!Two!が好きなのはそこが大きな理由なのですが(笑)

そんな彼らと「東京ジョイポリス」というもののコラボについて。

ジョイポリス」っていうのは「JOY(喜び)」+「POLIS(都市)」での造語。

ソニックでおなじみのセガが運営に関わっているのが特徴ですね。

 

tokyo-joypolis.com

上記が公式サイト。おそらくはイベント終了後ページそのものも消されてしまうので(版権の問題等もあると思う)、期間中にチェックしてもらいたいところ。

 

 

f:id:amanatsu0312:20180809182737p:plain

期間は10月14日まで

期間は10月14日までということで結構長い。夏休み中にいける!夏休みもうないけど

 

www.youtube.com

これが告知動画。CM流れるんか~~!!やった~~!!A.B.C-ZCM~~!!ってウキウキした次第。テレビCMではなかったのがちょっと残念ですが、それでも動画があるのって嬉しいですね。多分こっちも期間限定。

ジョイポリスの「J」マークがトレードマーク。

 

コラボアトラクション

他のコラボと違わず今回のコラボレーション企画もさまざまな企画が催されています。

なお、入場料とは別にアトラクションは基本ジョイポリスは有料なので、その辺注意すること。お財布の中身ガバガバになるので、「今日はこれをする」と決めているなら用意しておくか、または「やると決めたらやる」と遊び倒すこと前提でパスポート買うかがおすすめ。結構なんだかんだ他のものを含めて遊ぶともとは取れます。折角だから他のアトラクションもやるといいと思います。逆転裁判とかポポポポ…といいながら友達と遊んでました。

 

 

ハーフパイプ トーキョー 

回転しながら高さ7mまで上がる東京ジョイポリス人気NO.1アトラクション!
回転技を決めるとA.B.C-Zのメンバーがほめてくれるよ!
全部で18曲ある「A.B.C-Z」の楽曲を聴きながら絶叫が楽しめる♪

 

フリーフォールっていうより遊園地にあるバイキングに近いも。U字型で揺れる形。

一定ポイントでステップを踏むとメンバーが褒めてくれます。音がけっこうしっかりしているので何をいっているのかちゃんとわかります。

そして大画面でA.B.C-ZのPVが流れて音楽流れて合わせて楽しむというのは不思議なかんじでした。ちなみに私がやったときは「終電を超えて~Christmas Night~」でした。

 ちなみにいったのは7月だったから「真夏のメリークリスマス…(2000年10月13日から12月15日までTBS系列で金曜22:00-22:54(金曜ドラマ)に放送されたテレビドラマのタイトル))……」って思いました。

 何にしても映像流れるし、曲も流れるし、その上でグラグラ揺れるので楽しかったです。三半規管弱いと大変だろうなとも思いますが!笑

 

ワイルドジャングル ブラザーズ

A.B.C-Z」のメンバーがナビゲートするオフロードカーに乗って遺跡探検へGO!

内容は車に乗ってやるんですがなかなかこっちも三半規管がやられる類。

台本に沿って彼らが喋っているのですが、その内容が普通に「なんでさ!!(笑)」と言えるものなので、彼らの普段を知っているファンだとツッコミいれられる類。

よく体が揺れます(笑)個人的にはコラボアトラクションの中ではこれが一番好きです。

 

フォーチュンフォレスト

森をイメージした幻想的な空間で、神秘的なルーン占いにより
運命を占うことができるアトラクション!
占い結果の用紙が限定バージョンに!

さっくりいうと占いの館です。

一人で占いもできるし友達とか誰かと一緒にやいのやいのいいながらやることもできます。同時並行で別のコラボもやっているので注意。

ゲームセンターにある占い系に近いのかな~とは思いますが選択肢がいろいろあったのでやってみるとなかなか面白い。早く打たなくていいのになぜか連打したくなるのは多分クイズマジックアカデミーのせい。

 

入り口で出迎えコール

 

自動ドアが開くときにアトランダムでメンバーが出迎えてくれます。

正直何も考えず入ろうとしたらめっちゃ聞き覚えのある声で私は河合さんに出迎えられて「!?!!!!?!」って思わず上を見た。何度か行っているのにこれである。というか何度言っても出迎えられるたびにビクッってするのあるあるだと思う。

東京ジョイポリスは再入場可能なのでふらっと立ち寄って何度か入り直して全員聞こうとするのもありだと思います。いやーびっくりした。

 

コラボフード・コラボドリンク

だいたいコラボしているとフードとかドリンクがその人達をイメージしたものでの提供があったりします。A.B.C-Zも例に漏れずコラボフードとドリンクがありました。

コラボフードを購入するとアクリルチャーム(CDジャケット)を、コラボドリンク(フロート)を購入するとそのコラボフロート対象者のステッカーがもらえます。

コラボフードは3Fのカフェ、コラボフロートは入り口の横(入場しなくても購入可)、または入場してショップの隣で購入ができます。

 

ちなみにフードを食べたくて入ったカフェではテレビ画面でA.B.C-ZのPVが流れていたり(当然音楽もそれ)、等身大パネルがあったりして「おお~~」と思いました。

f:id:amanatsu0312:20180809165333j:plain

どーんとパネルがありました

ちなみにカフェの外にはいったタイミング的におそ松さんのパネルもあってそっちはそっちで「おおお……松だ…」と反応してました(笑)

 

ということで、コラボフードとフロートの感想。

 ※食べたものを追加していきます※

 

A.B.Sea Marketサンド

1600円(税込)ドリンク付き

愛称の”えび”にちなんでエビカツ、千切りレタス、タルタルを組み合わせたサンドイッチ★

 

f:id:amanatsu0312:20180809114228p:plain

A.B.Sea Marketサンド

どん。ということでサンドイッチが出ました。

パンに関しては食パン結構厚めです。全体的にボリューミーなので、2人で1つで購入するのがいいかも。

「これにデザートも食べてパスタも食べて」ってやろうとすると無理だなと察しました(笑)

食パンは軽くトーストしていますが、私のときは本当に「色目がつくくらい」のトーストでした。中のエビカツはちゃんと暖かく、タルタルがちょっと味濃いめ。レタスをもうちょっと増してくれてもいいかな~(笑)という印象でした。でもピクルスがあるのは嬉しいです。

また、ポテトの量が結構しっかりとあって、食べごたえがあります。ポテト自体はカリカリでした。なのでケチャップとかつけて食べながら一息つくのに程よいです。

飲み物は頼まないと100円値引きでした。

 

ちなみにこの商品のモチーフになっている「A.B.Sea Market」はリード曲「ShowerGate」のアルバム。

A.B.Sea Market(通常盤)

A.B.Sea Market(通常盤)

 

 橋本くんの「Stay with me♡」が可愛い。ただのめっちゃきらきら王子様である。

そして塚田さんのだぁくねすがはっちゃけてて「!?」ってなったのは良き思い出。

アーティスト好きあるあるだと思いますが、「だいたい好きな曲カップリング」っていうのがあって、友人のA.B.C-Zで一番好きな曲「渚のBack In Your Heart」がはいっているのもこれ。私が聞くとウオオオオってなる「Finally Over」がはいっているのもこれです(笑)

 

ちなみにアルバムで言うと「A.B.C-Z Early summer concert」の頃ですね。

 

「Vanilla」フロート

850円(税込)

ストロベリーラテにラズベリーパウダーを
かけたバニラアイスをトッピング!
「Vanilla」のような甘いフロート♡

f:id:amanatsu0312:20180809115608p:plain

Vanillaフロート

ストロベリーラテの味付けはさっくりいうと「いちごみるく」(元も子もない言い方であれである)ってかんじでした。

こんな風に私もきれいにストロベリークリームソーダ作りたい……我々はもっとやれた(※先日の推し色クリームソーダを楽しもう! を引きずっている)。

バニラアイスはシンプルなものなのですが、ラズベリーパウダーがはいっているので、アイスと一緒に飲み物と合わせていくと、存外甘ったるくなく、さっくり飲めます。美味しい。個人的に合成着色料バリバリ!!甘い!!!死ぬ!!っていうコラボドリンクを散々経験してきたので*3、「えっ……普通に飲めるじゃん……」って思いました。

個人的にコラボフード&ドリンクはパセラ一強と思っていたのですが、割と最近いろんな飲食店が考えているのだなと見直した次第。

 

ただ「Vanillaのように甘い」って説明文に「あれはどっちかっていうと色気をだしていくまほろば○×(ポルノグラフィティの曲)系だと思う」って思った次第。

www.kasi-time.com

みんな大好き井出コウジさん。

できればこの曲のパフォーマンスのときは細身のスーツでやってほしい。もともとジュニア時代の曲なので、彼らがよく歌っていたと聞きます。

from ABC to Z

from ABC to Z

 

CD音源はこちら。わかい。4年前にしてすでにわかい。まぁワールドカップ1回分だもんね……。

 

SPACE TRAVELERS ソーダ

税込850円
ココナッツソーダに生クリームと
メンバーカラーのカラフルな琥珀糖をトッピング♪

f:id:amanatsu0312:20180809133405p:plain

スペトラソーダ

ココナッツのシロップに炭酸水で割ったココナッツソーダに生クリームが絞られています。

ココナッツシロップはその時の担当さんの分量(ある程度はそれぞれに作られているとは思いますが)なので一概にどうとは言えませんが、私のときは比較的香りが強い。甘い。ストローがあるのでしっかりとココナッツソーダ混ぜたほうがいいかもしれません。

飲み物としては混ざっているものではなく飾りなので普通にココナッツソーダです。氷も入っているから少し炭酸が強いなという方は溶かしてからでもいいかもしれません。そうすると生クリームが溶け出しますが!(笑)

琥珀糖は良くも悪くも「シンプル」でした。ゼラチンで固められているので食感がしっかりしています。ナタデココの弾力をイメージしていると「あっなんかちょっと違う」ってなるかもしれませんね。

 

フルーツ琥珀 果乃菓(かのか) 30個入

フルーツ琥珀 果乃菓(かのか) 30個入

 

これは参考例の琥珀糖。

SPACE TRAVELERSは宇宙船の中をイメージにしてMVが作られているので、だからの白(※生クリーム)なのかなとか。個人的には5years 5stars tourのあの衣装好きだったんですが全体の評価としてはどうだったのか気になるところ。

 SPACE TRAVELERSはもともとDVDで発売されたもの。

 CD音源になってなかったA.B.C-Z LOVEとかが特典について来ているのがポイント。あとLegend Storyとかも入っている。私の好きなFinally Overのダンスクリップも入っています。

ちなみにそんなSPACE TRAVELERSを音源として欲しい場合はA.B.Sea Marketの通常版にボーナストラックで入っています。一緒にFinally Overも入ってるから聞いてほしい。

A.B.Sea Market(通常盤)

A.B.Sea Market(通常盤)

 

 

ABC STAR LINE パスタ

税込1500円。

バーニャカウダソースのパスタに季節の野菜と星型のポテトをトッピング♪

 

※食物に関してはまだ食べていないのでレポは後日に※

 

 

ABC STAR LINEは2016年にリリースされたアルバムから名前が取られています。

ABC STAR LINE(通常盤)

ABC STAR LINE(通常盤)

 

 ちなみに楽曲としては「Naturally」とか「fantastic Ride」等。

コンサートでいうとStar Line Travelのときのもの。個人的にこれを見て「A.B.C-Zのコンサートいってみたい!!めっちゃ面白そう!」ってわくわくしたので(ジャニーさん的にはあれだったらしいけれど)非常に思い入れがあります。

 

Take a"5"Trainスイーツ

税込1400円、ドリンク付き

ティラミスのケーキの上に、きっぷをイメージした旗をトッピング!ちょこでできた線路がポイント★

※食物の感想は後日に書きます※ 

 

Take a"5" Trainはシングルで発売された曲の一つ。

きっぷ、電車、車掌さんのテーマに沿った「ワクワクする」曲です。

個人的にはめっちゃ好きなんですけどね…!!このMVの何がいいって橋本くんの背中が好きな人なので「きれいだなー」ってしみじみした思い出。55ツアーで彼の衣装がこれだったあたり戸塚さんまじで感謝*4ってなったものです。

なんかこういい具合に二次元感があって、わくわくするかんじがあるので、こういうのだよ~って割とアニメとか声優さんとかに対して認識が強い友人にRock with Uあたりと合わせて「こういうのもあるぞ!」と紹介するときに私は見せています(笑)

Take a

Take a "5"Train(通常盤)

 

 

コラボフロート

5つの色で作られるコラボフロート。私は一番主軸に応援しているのは橋本くんなので彼のものにしてみました。

税込650円

メンバーのカラーに染まったドリンクの上に、
つぶつぶさらさらのアイスクリームが乗ったフロートを販売!
ご注文いただいたメンバーのフロートのステッカーをプレゼント♪

f:id:amanatsu0312:20180809135524p:plain

橋本良亮ドリンク

こちら。めっちゃピンクっぽい…笑

上のしゅわしゅわしたものはサイダーに触れた瞬間にクリームソーダあるあるのしゅわしゅわ~~~となるトラップが。

味わいとしては橋本くんのものは 甘かったです(笑)つぶつぶさらさらのアイスだから触れるタイミングが気をつけないと本当にあふれる。多分温度差のせいだとはおもうのですが、それにしたって衝撃。

 

外のメンバーのは後日また書きますね。

 

アクリルチャーム

コラボフード食べたらもらえるのがアクリルチャーム。

実際みんなこれ目的にしているとか思わなくもないけどそれはそれこれはこれ。

f:id:amanatsu0312:20180813094438j:plain

アクリルチャーム

実寸サイズはこんなかんじ。自分で好きなタイプをもらえます。

絵柄はCDジャケット(スペーストラベラーズはもれなくDVDジャケット)になっています。ちょっと薄いので反対側からみると透けて見えちゃうのが惜しい。台紙を!!間に!!貼れと!!あれほど!!!(※言ってない)(同人あるある)

結構友人でそういうグッズを作る人がまわりにいるので話を聞いてなるほどなという。

Take a "5" Trainジャケットとっても好きなので嬉しかったです。 

Christmas Nightのやつがなくて「一番アイドルっぽいやつ&最新のがないだと!?!!!!」ってなったんですけど、生産的にタイミングの問題で間に合わなかったんですかね!!惜しい!!!後今回の「VS5」のジャケットもあわよくば欲しかったです。大好きです。

 

VS 5(ヴァーサス ファイブ) 初回限定盤B

VS 5(ヴァーサス ファイブ) 初回限定盤B

 

 B盤間に合ってたらください(笑)とりあえず全部コンプしたいのでまた改めて足を運びます。いつがいいんだろうタイミング的に。

 

デジタルコンテンツ

東京ジョイポリスは「デジタライズ」がモチーフの一つなのですが、今回のコラボについてもいろんな催しがありました。

デジタルスクリーン」の前に立つと合成映像としてメンバーがランダムで出てきて一言付け加えてくれます。

「知ってるこれでペルソナ召喚(イザナギ)した記憶がある!」と思わず納得したのは私です*5。何にしても好きなメンバーが一言、なにかいってくれるのは嬉しいですね。わー撮り下ろしだー!とびっくりしました。

 

また、デジタルショウの前に館内アナウンスが流れており、それが彼らの撮り下ろしでした。ざっくりいうと今回のコラボについての詳細、それぞれの販売しているもの、コトなどで、エリアの中で声が流れているの不思議な心持ちでした(笑)

 

また、「プレミアムデジタルライブ」が今回の目玉だと思います。

完全撮り下ろし映像に最新の映像技術を使用!
A.B.C-Zのメンバーがまるでいるかのような
プレミアムデジタルライブを楽しもう!

また、ライブの約20分前に流れるA.B.C-Zの館内アナウンスにも注目!

上映曲

デビュー曲「Za ABC~5stars~」

新曲「JOYしたいキモチ」

新曲はJOYPOLISにかけた“JOY”とJOYのポーズにご注目☆

 どんな風になっているのか、どういう風に作っているのかというのを少しだけ映したメイキング映像もありました。

www.youtube.com

彼らの今回の衣装がおそらくは「サーカス」がモチーフなのであわせてということなのでしょうが、すごい柄物(笑)動くとひらひら揺れる形ですね。

3Dステージで、1Fステージの画像を用いて動き回る彼らの映像は引いてみる形でも前からみても見ていて独特だな~と思いました。アクロバットはこれにあわせてちゃんとやったのだろうし、「無い」ものを「ある」ようにして映像として形にするのって難しいのは映画とか見ていても思うので、それを「歌」『踊り』「形」にするって興味深いです。

また、新曲の「JOYしたいキモチ」に関しては「サーカス」テーマなのがより出ていたように感じました。いろいろと濃かった。

先日の「ザ☆少年倶楽部」でパフォーマンスとしてどういう風にやるのか(デジタルライブとはどうやっても違うから)見られただけにシャボン玉とかふわーっと風とか、面白かったです。想像していたものとは違うけれど、おおお~ってなりました。多分引いてみたほうが見えやすいかも。

 

衣装展示

「Za ABC~5stars~」と「JOYしたいキモチ」がそれぞれ飾られています。私がいったときはZa ABCのときのものでした。

f:id:amanatsu0312:20180809165407j:plain

お衣装展示

丈が違ったり細かい部分の装飾が違ったりと見ていて楽しいつくり。写真撮影難しかったです。反射して自分が映る…!

 

グッズ諸々

いろいろグッズが出ています。

  • えびせん 1,350円(税込)
  • A4クリアファイル(全2種) 各600円(税込)
  • 缶バッジセット 1,800円(税込)
  • 缶バッジ 600円(税込)
  • コンパクトミラー 1,300円(税込)
  • 缶入りキャンディ(全2種) 各800円(税込)
  • クッション 4,800円(税込)

缶入りキャンディのデザインは2種類。白っぽいものとロゴマークがポイントの青ベースのもの。キャンディの中身はみんなだいすきサクマドロップスでした。美味しい。

私はとりあえず缶バッジとミラーとキャンディ2種類を買ってました。キャンディケースは現在目下ステッカーとシールとアクリルチャームを入れています(笑)

 

また、入場券は今回パスケース付きのものもあって、それがロゴマーク入で可愛い。パスポートもパスケースつきのものがありました。個人的には入場券のパスケースのほうがロゴ可愛くて好きなのですが、パスポートは本人たちの画像なので、これはもう欲しいものを選ぶかんじです!

 

f:id:amanatsu0312:20180809182017j:plain

小型サイズのパスケース

 

パスポート使ってフルで遊んだほうが総合的にお値段考えるとお安いと思います。

私はこの日はあまり長くいられなかったので入場券+パスケースで入りましたが後日改めてパスポートで入ろう、友人と遊ぶか~と話しています。

東京ジョイポリスそのものって1日中めちゃくちゃ長時間いるっていうよりも気軽にいっていろいろ楽しむっていう印象が強いので、いろんなかたちで、いろいろ試して見られたらいいなあと思うばかりです。印象としてはちょっと大きなナンジャタウンコラボイベントの拡大版みたいな…ナンジャだともっと2次元でガラガラとかあるから違うか……むずかしい。

 

とりあえず行かれた方はどうせなら逆転裁判やろう…東京喰種とのコラボの音ゲーも楽しいよ(コラボVerまだいってないけど)

いろんな形、色んなスタイルで楽しめるからこそ、そのひとつにA.B.C-Zがあるのっていいなあと思う体験記でした。

 

ということで、またいったらいろいろ追加します~! 

なにげにまだプリクラ撮ってないので!(笑)たのしみです。

 

余談

真横でおそ松さんが、今は東京喰種がやっているので、多分2次元のファンと3次元のファンが一緒に居ます。なのでいろんないみで賑わっていて面白い。異文化コミュニケーションですね…笑

*1:V6井ノ原快彦氏にいう三宅さんのツッコミ。もはやお家芸

*2:遊戯王GX エド・フェニックス

*3:某乙女ゲーとか某カラ鉄でやっているコラボドリンクはだいたい色合いしか考えてないクラスでしにそうになる。それでも絶えたネオロマンスコラボドリンクは懐かしい思い出

*4:55コンの演出は戸塚さんでした

*5:ペルソナ4でも同じことがあった