人生日々ハイテンション

好きなものをビュッフェスタイルに楽しむ人の備忘録

苦境を乗り越えていく「遙かなる時空の中で2」の魅力

タイトルが既に不穏である。

先日遙かなる時空の中で無印(リメイクはUltimate)の紹介記事を書いた所友人より「いいぞもっとやれ」という叱咤激励を受け、調子乗り世代*1よろしく「イイヨー★★★↑↑」と信頼の欠片をキラキラ飛ばしながら返事したんですけど、それから数ヶ月2の展開が何もなくて割と自分も忘れていたのですが(ごめん)

先日「春のネオロマンスフェア」なるものが公式で行われ、在庫処分セールとか言ってはいけない「ほーどんなものがあるのかなあ…」とグッズ厨というかとりあえずこの作品なら一通り買うぞ!というのをやめたゆるゆるユーザーだったのでうっかり見てみたのです。

 

結果。

 

遙かなる時空の中でシリーズ ミニキャラ☆ビッグスタンドマスコット 神子制服Ver.(全7種)

高倉花梨


遙かなる時空の中でシリーズ ミニキャラ☆ビッグスタンドマスコット 神子制服Ver.(全7種)

 

ええええ……(困惑)

あれほど私が「2グッズ寄越せオラァ!!!」とネオロマンスに要書出しまくっていた(※アンケートです)時代からはや数年で気づいたら神子グッズめっちゃ増えているじゃないか。

いつぞやのキーチャームも欲しかったぞ……ということでうっかりびっくりしたので、もうなんか、とりあえず、遙か2の魅力を折角だから語るか~★という結論になりました。

 

amanatsu0312.hateblo.jp

そしてこの安請け合いの仕方完全にデジャヴ以外の何者でもない。これはひどい

 

遙かなる時空の中で」シリーズは、株式会社コーエー登録商標です。
遙かなる時空の中で」シリーズに関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーに帰属します。

 

と公式に画像使うなら載せとけよ!!*2と言われたので掲載しておきます。掲載にあたってリンク張らなきゃと思ったのですが、「ここに貼っとけよ!!」って言われたページ*3が、完全にネオロマページに飛ぶあたり…(笑)

遙かなる時空の中で2とは

 

遙かなる時空の中で 2

「院」と「帝」――その対立の狭間で揺れる、

麗しき八葉たちとの恋模様、そして怨霊との戦い
前作から百年後に舞台を移し、
今、新たな恋と冒険の物語が始まる!

(公式ホームページ*4より)

ちょっと公式ざっくりすぎやしませんかね??

ということで探して見たんですけど、残ってなかった。せめて……せめてこれから「遙かなる時空の中で2」という世界にレッツ・ゴーする人たちのためにさらっとでもあらすじ作っておいてくれよ!!!という気持ちも無きにしろあらずなのですが。

まぁもうなんか、じゃあ自分が書くわ、ということで、簡単に説明していこうと思います。

ないのなら 自作するしか 道はない(5・7・5)

 

コーエー」の展開する「ルビーパーティー」のネオロマンスシリーズ、和風恋愛ゲーム「遙かなる時空の中で」シリーズの2作目が今作です。

コーエー定番シリーズ 遙かなる時空の中で2 - PSP

コーエー定番シリーズ 遙かなる時空の中で2 - PSP

 

当初の発売はPS2とPC、それからPSP展開が行われ、現在はPlayStation Storeで購入が可能のゲームです。ファンディスクというか、追加されたものは「龍神絵巻」としてPCで展開が一つ。

 

store.playstation.com

(上記リンクでPlayStation Store飛びます)

 

前作「遙かなる時空の中で」が平安中期(藤原家全盛期)の頃。

これに対し、「遙かなる時空の中で2」は平安後期が舞台となっています。

いわゆる国風文化、末法思想(終末思想)の頃ですね。

平安時代というと富士山噴火したり、京都で群発地震があったり、疫病(天然痘)が流行ったり、何よりもそして干ばつや飢饉があったりと割としっちゃかめっちゃかな印象です。遙かなる時空の中ででは「怨霊」とよばれる者たちとの戦いを描かれますがこの作品に於いて仏門というものも重要視されます。仏門に入っている人間も遙かでは出てくるのが特徴(遙か1では永泉が良い例)

で、そんな「仏門」の重要性は「この世はもう終わりだ~~もうダメだ~~(五体投地)」となったときにすがるものになっていたのですね。

なので、1に比べて2で生きている街の人々は「この世はもう終わりだ~」「もうダメだ~」「仏様にすがらなきゃ~」というノストラダムスの大予言信じているってレベルじゃないぐらいどんよりとしている空気です。

末法の世に関する関連ページは色々検索していると色んな方が宗教的要素と飢饉等の自然現象との関わりをあげられていて見ていて面白いので、この時代をチョイスしているに至って色々見ていると面白いです*5

 

遙か1→遙か2の時間の経過は100年となっており、100年前の出来事について彼らは「はいはいおとぎ話(笑)」「すごい出来事があったってよ、知らんけど」みたいな感じで「話としては知っているけれど、実際どうだったかは殆ど知らない」という状態です。

また、100年後の「京」は100年前である無印と同じく安穏とはしておらず、挙げ句に人間関係が院政時代ということもあり、めちゃくちゃ悪いです。

院政について思い出せない方、歴史そもそも苦手だぜイエー!って方に簡潔にまとめると「帝を降りたパパが“院”となって政治を牛耳ってるよ!」ってかんじです。

で、これを良しとしない帝は「父親」である院と対立。世の中の人たちは「院派」と「帝派」で分かれており、ギスギスした空気感が漂っています。

また、前作と同様「龍神の神子を呼ぼう」という流れになっておりますが、既に「神子」は選ばれ、その力を持って動いている状態からはじまります。

しかしながら「星の一族」(前作でいうと「藤姫」にあたります)が神子を呼ぼうとし、その召喚をしたところ主人公・高倉花梨が選ばれ………っていうところがスタート地点です。

なんとなく世界観はわかってもらえましたでしょうか。

ポイントで纏めておきますね。

  • 世界観は「遙かなる時空の中で」と同じ
  • 作品としては「遙か」の100年後設定
  • めちゃくちゃ空気感悪い京
  • 院政で帝派と院派で対立してる人たち
  • もう既に神子は一人選ばれているよ

 

ちなみに声優さんは前作と一緒。

白龍の神子・高倉花梨を川上とも子さん。源頼忠を三木眞一郎さん、平勝真を関智一さん、イサトを高橋直純さん、彰紋を宮田幸季さん、藤原幸鷹を中原茂さん、翡翠井上和彦さん、源泉水を保志総一朗さん、安倍泰継を石田彰さんが演じられています。

 

遙か2の魅力を語る

攻略キャラ信用0っぷりが半端ない

魅力っていっておきながら「信用0」ってなんやねんって話ですよね。分かる。私もそう思った。最初「お前信じてやれよ」とブチギレ寸前だった。聞いているか八葉!!!(笑)

神子となるヒロイン(以下、高倉花梨/花梨)は龍神に呼ばれて自分が考えるもの、必要なものを答えたところ召喚される場所が4つに分けられます。

そう4ツ。四神です。

で、この上で、結構窮地に立たされている中、自分がとる選択肢で助けてくれる人が「どちら派か」というところで彼女が「院」または「帝」派なのかが決まります。誰と一緒に過ごしたかでどっち派か勝手に決めつけられるなんてなんてこったい。

で、助けてくれた人も言うわけです。

「もう神子いるし」

前作プレイしていると、神子二人いるから!と言いたいんですが、まぁそんなこと100年前の出来事だし知っているわけもないのですが、出会い頭助けてくれたのに早々に「お前、ニセもんだろ」と言われる始末。ひどい話だ!!!親密度0どころかぶち抜けてマイナスじゃないか。

 

そこからいかにして八葉集めて信頼を得て、この京の暗い空気を払拭して平和を取り戻していくか!がコンセプト。

8ツって言われてつかもうぜドラゴンボール!って思った人は素直に挙手。

どっちもおそらく里八犬伝からだから!!!(笑)

 

めちゃくちゃ関係が悪い八葉

前述したとおり、登場人物はみんな【院】【帝】で分かれています。

この院/帝に関しては「天地」の四神で分かれていると思ってもらえると分かりやすいです。

 

院派の四人

院派の4人。左上から源頼忠、イサト、左下藤原幸鷹、源泉水

こちらは院側。それぞれ天の青龍、天の朱雀、天の白虎、天の玄武、と思ってくれれば分かりやすいです。

ちなみに使用画像は数年前のネオロマンスのイベントうしろ向きじれっ隊のアクリルキーホルダーの画像から*6。公式画像どこいっちゃったの…アイコンとかバナーとかどこいっちゃったの…昔あったじゃん…。

 

天の青龍(源頼忠・よりただ)……前作の源頼久と同じく堅物。武士。自分の主のためにという考えなので、最初主人公に対しても「まぁ主人が言うしな」っていう感じでついてきてくれるかんじです。「頼忠さん」(セリフ一緒の選択肢3つ)は色んな意味で伝説だと思う

 

天の朱雀(イサト)……前作でいうイノリ君枠。ちょっとイノリくんより年上。僧兵見習いです。この世の闇を抱えすぎてて正直しんどいのに兄貴分なの心が辛い。元気になって。生きて。とある事情により貴族嫌いです。ちなみに勝真とは乳兄弟。じれっ隊の人。

 

天の白虎(藤原幸鷹・ふじわらのゆきたか)……藤原鷹通と同じ枠ですね。頼忠とは別の意味で堅物。通称「別当」。その名前の通り職業は検非違使別当。貴族様ですが律儀ですし色んなことへの見聞を深めている、頭のキレが大変良い方。

 

天の玄武(源泉水・もとみ)……永泉枠。笛の名手の貴族です。穏やかな性格ですがちょっとおど・・おど・・・としてる部分もあります。「うしろ向きじれっ隊」のリーダーです。もうなんかやれば分かる。じれったい。でも彼の仏門に対する憧れや葛藤、親子関係が見ててしんどいし「が、頑張れよ…!」と思わずにはいられない。

 

 

帝派

帝側。左上から平勝真、彰紋、左下翡翠、安倍泰継


「ヘドウィグ連れてる」って思った人。正しい。発売当初私も「ヘドウィグおるやん」って思ってましたごめん。

今回の八葉は史上稀に見るぐらい「関係最悪殺伐しすぎて胃痛マッハ八葉」だと思います。天地での関係は対立しているし会話はピリピリしているし(主として白虎)。割と頭がいたいメンバーで取り揃えられています。

 

地の青龍(平勝真・たいらのかつざね)……龍神の神子「平千歳」の兄。貴族だけど下のもんだからっていうのでサバッとしているけど市街の連中的には「いやでも貴族だしな」って言われる。バリバリの弓使い。兄貴系。色々彼もトラウマがある。救ってやってください神子殿。あくまでもヒロイン(神子)のことを名前で呼ぶのとてもいい。

 

地の朱雀(彰紋・あきふみ)……「東宮」。現帝の弟で、院は父親。この現状に憂いているけれど何かをしようとしつつ出来きれない葛藤が非常に良い。無自覚に女たらし。そして外見が金髪ということで前作の流山詩紋と同じく稀有な目で見られることもある。じれっ隊の人です。キャラソンの某夜籠りは色々と衝撃でした(真顔)

 

地の白虎(翡翠)……海賊。ありったけーのーゆーめをーかきあつめー。ということで、「頭」ともよばれています。お頭です。翡翠さんに関してはなぜ最初は名前で呼んでいたのに途中から神子殿になったのか!!!(笑)基本ひょうひょうと風とか、漣のように寄せては返すお方なので、掴みどころがないです。彼の中にある感情が非常に見ていて面白い。水蜜桃を聞いたら頭を抱えずには居られなかった。ぶれない。

 

地の玄武(安倍泰継・やすつぐ)……陰陽師。この時代にも陰陽師はいるぞ!ヘドウィグ(違います)を連れている人。外見から分かる通り安倍泰明と非常に縁がある人です。博識ながらに割と容赦ないことをズバズバ言う。また、実はこの人はこの人でじれっ隊(別の意味で)じゃない?と私は密かに思っている。彼のルートやると「幸せに…幸せになってくれ…」ってなる。現代EDが好きです。

 

で、この八葉ですけれど、「この……こいつらめちゃくちゃ関係悪いな?!」っていう状態からどこまで払拭して成長していくのか……というのが見どころなのですが。

神子のちからが不可欠なわけです。2の八葉にとって光は「高倉花梨」であり、そこで生じる関係というのは少女漫画というか「メンタル救世主か」って気持ちになります。

 

サブキャラも含めて愛しくなる

また、前作同様女の子キャラクターも充実。

既にいる「龍神の神子」である平千歳(※勝真の妹)は貴族のお姫様であり、なぜかわかりませんが花梨を拒絶しています。

 

f:id:amanatsu0312:20180509100527p:plain

平千歳

公式サイト探しまくったらまさかの昔のホームページの名残を見つけた。

すごく……懐かしすぎるし画像多分これ掲示板アイコン用…!!(笑)

来ないで、あなたなんか来てほしくなかった。マジこれ最初言われてハートブレイクしかけた。彼女なりの優しさに触れられる流れもちゃんとあるので、千歳ルートはやってほしい。良い終わり方だった。最後の彼女のモノローグは必見。

 

遙かなる時空の中で2 雪月花

中央にいる左が深苑、右が紫姫。

双子ちゃんの「紫(ゆかり)」と「深苑(みその)」は「まだ子供だから」「末端とは言え貴族だから」の強気の深苑と、そんな兄を支えたいという紫の葛藤が非常にいじらしく、こんな子供にこんなことさせて龍神お前ってやつはーよー!!って思うばかり。2の龍神反省文な!!!何にせよ少年少女の声優はWで大谷育江さんなので「めっちゃかわいいな…」と思えるものでもあります。声優さんってすごい。

この男の子が妹一番!大事!なタイプでして。

というのも、両親が既に他界しており、10歳で末席とは言え貴族であることや、「星の一族」という使命を請け負っている以上「なんとかしなくちゃ」という気持ちが出ています。

今回は龍神の力が弱まっていることもあり、八葉を全員最初から集められるわけではないです。仲間は一人、しかもその人も微妙に自分のこと信じてない。

なんとか「拾っちゃったし、まぁ、手伝ってあげてもいいけど」の状況までこぎつけつつ、全員集めるために四方八方奔走するわけです。誰が?神子が

で、その結果、最初から八葉全員揃っているわけでもないし神子もそんな強くない(穢にめちゃくちゃ当たる)わけで、男の子が「お前がしっかりしないから妹がこんな大変なんじゃないかー!!!どうしてくれるんだー!!」と怒られる始末。

花梨マジ胃痛マッハ待ったなし。おま、ちょ、傷ついてる上に知らない場所にひとりきりで(※前作では2人知人が一緒だった)連れてきたのお前らのくせになんつーことを言うんだこの野郎。と思わなくもない。というかやりながら「うるせえええええええええ必死だよこっちは!!!」と言いたくなる。それでも「ごめんね」っていいつつ頑張るねというのめっちゃ強い。

そんなこといいつつ、双子ちゃんの葛藤もあるのでそのへん見てほしい。

 

今回は前作にも出てきたアクラムの登場が早々にあります。

《お館さま》

左:アクラム/右:高倉花梨

 

これがまた…これがまたやりながら「お前ー!!え、え、お前ってやつはーー!!!」って言いたくなります。アクラムくんそこ正座して。

でも彼の孤独とか色んなコト考えると、ルート終わってから言いようのない気持ちでいっぱいになります。

なんだ、あれだ。みんな幸せになーれ!!!

シリンも宮様も時朝もみんな幸せになーれ!!!

 

みんなまとめてギャップが激しい

ちなみに私の推しキャラは勝真とイサトなんですけどね、イサト君設定が「熱しやすく冷めやすい、直情型アニキタイプ」なのはイノリと一緒なんですが、一方で心の奥底では「世の中は無常で人もいつ死ぬかわからない」という冷めた諦念を抱いている。という部分がありまして。

末法思想しんどい!!!!!ってなります。みんな何かしら今回も抱えており、その悩みを聞いたり、一緒に励んだり「前に進む力」をもって、人と人として接していくというのがポイント。

 

ヒロインを応援せざるにはいられない

ある意味で「いやお前も怒れよ!」って言われてしまうかもしれないのですが、今作のヒロイン高倉花梨に関して。

メンタルが強靭。怒ってもいいのに受け止めて考えて相手の立場に立てる人です。完全ドアウェイ。なにこれ早々にしんどい。

一人で見知らぬ場所にやってきて、しかも自分の意志なんかガン無視で呼び出され、頼れる人物は自分が守らなくちゃとすら思える小さな子供、心が弱っているときにつけこむようにアドバイスしてくる人、反発しあう八葉。町の人達も自分のことなど信用などしない。しかも嫌な気配を当てられ体調最悪になること多数。

こんな状況下に陥られて何やねんとブチギレないし、受け止め考えられるの心強くなきゃ出来なくない……?幸せになれ。お前が!!!お前が幸せになるんだよお……!と魔法使いのおばーちゃんみたいなこと言いたくなります。

 

システムのお話

マルチルート&エンディング

主人公が「院」「帝」派のどっちに属するかで当初一緒に活動する人間が変わります。

それによって、「おいxx派だぜ……」と敵対意識向けられることもあります。ということで遙か2では複数の章に分かれており、どちら側についていくかで「行動範囲(こっちの派だとxxには近寄れるけど▽▽はあっち派のちからが強いアウェイなのでいかないようにね)」が決まるわけです。めんどくさいとか言っちゃいけない。

なので、攻略するときも、八葉だけど「敵側」だったり「味方側」だったりする、その恋愛の流れもちょっと違ってきます。スチル回収とイベント回収してください。何度もプレイするのめんどくさい?分かる。

遙か2は発売された年代のこともあり、比較的股掛けプレイしやすいのが特徴。

エンディングは2パターンなので、こちらもやりながら決めていけます。

 

応援システムが割と鬼

今回関係最悪な上に応援システムがちょっと変わりまして。

応援できる言葉を選び組み合わせていくのですが、失敗すると割と容赦ない言葉を投げかけられまくられる。気力がめっちゃダウンする。そりゃないぜ!!!(笑)

開始当初真面目に幸鷹さんに「少々黙ってはいただけませんでしょうか」的なこと言われて「穏やかで優しいって設定にあったやん!!」って非常にツッコミを入れたのを覚えています(笑)

 

楽しいミニゲーム

前作に比べてミニゲームが増えたと思います。兎にひたすら草やったり貝合わせたり、モブのまろたちと蹴鞠したり……割と色んなことがやれます。もちろんそれを「めんどくさいな」と思う部分もなきにしろあらずですが、やっていくとだんだんこつを覚えるので楽しくなってきます(笑)

 

OVAがとても綺麗

遙かなる時空の中で2はOVAになっており、ヒロイン・高倉花梨がこの世界にやってきて、人々と知り合い、「これから頑張ろう」という冒頭のところをストーリーとして描いています。

ゲームやるの面倒だなっていう方は「なるほどこういうのか」っていう触りとして見てもらえたら嬉しいです。

DASEINが上昇気流という歌でOPやってました。懐かしい。

 

 神子よ…京を救うために、戦うのだ――!


時は末法の世――――異世界「京」の人々は、度重なる天災と国の乱れに希望を失っていた。一方、女子高生の高倉花梨は、学校からの帰り道、京に呼ばれる。

京の人々は、あまりに姿の異なる花梨に対して冷たくあたる。
さらに東宮彰紋の兄・和仁にも追われ、逃げまどう花梨が出会ったのは、8人の男性。


そして、星の一族と名乗る、紫と深苑。
彼らは花梨を「神子」と呼び、男性たちを「八葉」と呼ぶ。
そして、龍神の神子として荒れ果てた京を救うよう、花梨に請う。

花梨は神子として、無事、京を救えるのか。
そして、花梨を導く仮面の男・アクラムの真意は――?

 神子は怒ってもいいとおもう…(笑)

 

ネオロマンス・Thebest遙かなる時空の中で2~白き龍の神子~ 上巻 [DVD]

 

ちなみに此方が表紙。

誰がメインなのか相変わらず分かりやすい(笑)そして「コーエー」ですよ!時代!(今はコーエーテクモゲームスです)

 

 アニメスタッフにはつなきあきさんを始めとした「うっわ見たことあるぞ」という方々が手がけていて、色合いは和風ゲームということを考えてか彩度が抑えられています。

見てくれ。

 というか見直したいからitunesで映像配信やってくれればいいのにと思わなくもない。

 

キャラソンが強い

正直私は遙か2のキャラソンが一番好きなのですが、登場人物片っ端から後ろ向き過ぎて出来たユニット「うしろ向きじれっ隊」が面白い。アイドルか。アイドルなのか。

2016年、まさかのコンサートをやるという。当時の私ー見てるか私ー!!こんなことになってるぞじれったい!!w

 

遙かなる時空の中で2 スペシャル うしろ向きじれっ隊 2016(豪華盤)

遙かなる時空の中で2 スペシャル うしろ向きじれっ隊 2016(豪華盤)

 

 

 当時ラジオで振り付けを教えられ、ネオロマンスのイベントで振り付けをやっていたのが懐かしい思い出。表題曲の「奇跡のプレゼント」がサビで「じれったい」っていってるの面白すぎる。

『奇跡のプレゼント』

『奇跡のプレゼント』

  • provided courtesy of iTunes

 

 ちなみにバラエティドラマCD「雪月花」は曲もドラマもフリーダムで面白いのでよろしくおねがいします。爛漫の嵐を抱けは良い意味で白虎でした。熱い。

爛漫の嵐を抱け

爛漫の嵐を抱け

  • provided courtesy of iTunes

 

ソロ曲も!!かっこいいの!!!多いから!!よろしくおねがいします!!!

 

火群の地平線

火群の地平線

  • 平勝真 (関智一)
  • サウンドトラック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 影山ヒロノブさんぽいと思った?正解。彼が携わっているのがこちらの楽曲です。

 

舞台にもなっているよ

遙か2はお芝居にもなっています。

www.animatetimes.com

しかも再演にもなったというね。再演に関しては私はイサト、勝真、頼忠、お館さま、全員ED(千秋楽)というものを見まして。いやもうなんかめっちゃ通ったな?!と笑いました。びっくりである。

 

初演は公開初日のものを編集されたものがyoutubeにアップされています。

www.youtube.com

 

OPはこちら

www.youtube.com

みんな大好き染様こと染谷俊之さんとか植田圭輔くんとかいました。アクラムアイルさんですよ汐崎アイル……!もうなんかテニミュキャストホイホイで友人が「アアアアアまじかよおおお」と叫んでいたのを昨日のことのように思い出せます。生きて。

www.youtube.com

今思うと2.5どえりゃあ通ったなとしみじみ。時代ですね。DVDも実は持ってます。懐かしい。もうなんかひたすら言える言葉が懐かしいという懐古おばけになりそうなのでこのへんで(笑)

 

触れていくといろんな「発見」があるし、BGMは相変わらず落ち着くし、そんな作品「遙かなる時空の中で2」。色んな角度からいろんなかたちで、色んな風に楽しめたら幸いです。興味持ってもらえる記事書けている自信ないんですけど、私の中ではマジで1,2を争うぐらい好きな乙女ゲーなのでどうぞよろしくおねがいします。

 

コエテクーー!!ルビパー!!!俺だーーー!!!

遙かなる時空の中で2Ultimateまってるからなーーー!!!!!!!!

 

なんで今回前回の遙か無印に比べて記事量が少なかったのかなと思ったのですが、思い起こせば世界観とか色々語ったからかなあとか思ったり。そしてUltimateという作品が出るのは大きい。Ultimate出来たら全力また嬉々としながらプレゼンしたい。

 

追記

ブログアップしてから友人に「前回から思ってたけど甘夏さん遙かを乙女ゲーとしてプレゼンしてなくない?」と言われました。言われてみればそうだな…と気づきました。

あれです……なんかこう…なんとかして京を救おうとしたら仲間意識が芽生えて恋愛もできちゃったよ、みたいなかんじです。

最終目標は「京を平穏な形にして、神子は元の世界に帰る」っていうのがあるので、言ってしまえば恋愛するために行っているわけではない(というか勝手にすっ飛ばされている状態。理不尽)っていうのが前提にあり、ここからこう・・攻略対象みんなめんどくさい部分があり(そこも含めて愛しい)、どうやって克服していくか、どうやって主人公がそばにいて、変わっていくか、という過程を楽しむ要素が強いように感じます。