人生日々ハイテンション

見たこと・好きなこと・楽しんだことの雑記&備忘録

A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour - 大阪城ホールにいってきました

いろんなことを語りたいんですけど、どの点をとってもネタバレにしかならなくて頭を抱えています。

人生初のA.B.C-Zのコンサートです。

f:id:amanatsu0312:20170731123506j:plain

 

運動会はじめ何かと見にいかせていただいていたものの「A.B.C-Z」としてのコンサートは初めてで、彼らがどんな風に躍動するのか期待して、楽しみにして拝見させていただいてきました。

取り敢えず、セトリとか、細やかなネタバレは全然そもそも論覚えていないので役に立たないと思いますが、ひたすら初日の感想を書きなぐっておこうと思います。

でも一応やっぱりコンサートだし、知らないほうが楽しめると思うので、閉じておきますね。

 

 

 

 

まず第一に今回のコンサートの構成、演出は昨年・一昨年の河合さんから戸塚祥太さんにバトンタッチ。

河合さんの構成は綺麗にまとまっていて、それはそれでとてもいいと思うんです。私はSLTコンの円盤を見て彼らをとても気になった人なので、すごく楽しそうなエンタメショウだったと思います。

SLTコン、もっと早く知ってたらこれは行っていたなあ、絶対行きたかっただろうなあって思いますもん。

で、一方で今年の戸塚さんの曲・演出、構成は一つの波だなあと思います。

曲の後に「うわーーこの曲この後に持っていくかーー!」という震えみたいなものがあるというか。すごい、すごい。って一言で言うとすごい(語彙力のなさが露呈する)。

なんかこう…こう…V6ファンとしてはすごい「ああーーーとっつー分かる!わかるよーー!!」って叫びたい色々。なんだろう、うん、見て!!!(語彙力のなさ)

 

オープニングがそもそもかっこいい。

歴代お衣装を「今」の彼らが着るっていうのが格好いい。私橋本君のT5Tと河合くんの花言葉にすごくテンションあがりましたし、何より最初にセンターである橋本くんを入れて、最後にみんなをまとめる河合くんを持ってくるというのはシンメである戸塚さんのチョイスならではだなと思います。

そこからのはじまりはもうあっという間で、ステージがそもそも「星」を意識している作りなのもいいなあと思いますし、上からみるとちゃんと星なんだよなあってなりました。

はじまりの曲についてはアンケートでみんな大体一致したとも昼の部でいっていました。

ここから、また一つひとつ始まっていくのだなあというワクワク感ですね。

 

いやもうなんだ……言えることがあまりにも語彙力がなさすぎて打ち震えているんですけれど、よく踊るしよく歌うし激しいしエンタメだしもうなんかすごい。

今までコンサートいったことがあるグループとはどれともやっぱり違って、彼らの彼らが持てる何かがあって、それを私達の前にさらけ出しているのがたまらなく楽しい。

グッズは今回橋本君が色々考えていて、バッグ、Tシャツ、イヤリングなどなど。ステッカーは戸塚さんの案。Reboot!!!のロゴすごく好きなので嬉しいです。

 

また、宣告していた「今年はイケメンをやる」という河合さんのお言葉通り河合郁人は超絶イケメンでした。隣にいた河合担が死んでいた。

五関くんはただただ神だった。スイッチ入ったであろう瞬間を目の当たりにして頭をふっている姿、両手を広げてターンをしている姿。やっべーかっこいいぞー!って思いました。

塚ちゃんは塚ちゃんで今日もとてもエネルギッシュ、楽しそうでした。何より塚ちゃんソロは割りとみんな振り切れすぎてそれどころじゃない。他担も自担も塚ちゃんすごいとしかいいようがない。後塚ちゃんソロからの流れで突っ込んでくる感じが半端ない。半端ない。いーじーとぅーだんすあれ円盤にちゃんと入るんだろうか(色んな意味で)

 

とっつーはもうとっつーソロの演出の仕方がすごく好きで。大学生バンドみたいなかんじですが後ろの画面との併せ方私そう、そういうの好き…!ってなりましたし、ニコニコしている戸塚祥太という人はすごいなと思いました。

橋本くんに関しては何を言っても「好き」しか出てこないチョロあまさなんですが(笑)ご挨拶の言葉で一つひとつ考えているのが印象的でした。

「次いつ会えるのか分からないけれど、僕たちは待っている」というような言葉。これってSLTコンのときにうまく伝えられなかったところなんだろうなあと円盤を見てて思っていたのですが、今回の言葉で「ばいばい」じゃなくて「またね」というポイントがすごく強くて、ああ、うん、この人は本当に言葉というものがうまく紡ぐのがきっと苦手なのだろうけれど、色々考えていく方なのだろうなあと思いました。

 

今回のパンフレットを読んでいて、個人で感じたもの、個人の仕事でもらったものを還元しようとしているという橋本君が口にした言葉を聞いて「グループという枠を外れた先に得たものをまたここで戻して力にする」ということの貴みをかんじました。

 

MC

何を話していたかちょっと記憶がぶっ飛んでるレベルなんですが、なんか言ってたことで覚えている範囲のことをつらつらと。

 

【昼】

    • とっつー演出だけどどう? 戸塚さん「いいんじゃないですか?」 橋本君「さっぱり!!!」
    • こだわりポイントは?って聞かれてお客さんが入ることで完成する、という戸塚さん。
    • そんな戸塚さんのドラマの告知。
      塚ちゃん「竹内力さん?」 違う。えらく違う。あかん。
    • のど自慢のお話
    • 五関君にふって 河合「安定の?」 ごせきさん「なんもないです」
      ごせきくんの振付もっと見たいんだよ~~みたいよ~~
    • 写真集めっちゃ褒めてもらったよね~誰だっけー
      \あべちゃーん!/←ファン
      すごく…あの…ファンが詳しいです…笑
    • デストラップの話。河合さんの愛之助さんのモノマネはあかん、あれはあかん。怒られるやつだ。いいお声なのは分かる、わかるけどダメです。
      橋本くんは愛之助さんからハンドスピナー貰ったよって話でした。お誕生日に。
      ゲーセンでもハンドスピナー取ってたようです(笑)
      ハンドスピナーっていうのはこれですね↓
    •  Love-tune紹介。いい子でやってくるらぶさんに「SnowManだと”いやいやいや~!”とか言って入ってくる、二階堂に教えられてるから」という河合さん。

    • 単独ライブ決まったよって話で 河合さん「花送るよ」っていう話に。らぶ行かれる方いたらチェックしてください是非。
    • 魔女の宅急便やるよーっていうあらんちゃんに「その年でやるっていったらあの役しかねーじゃねえかー!」ってじたばた戸塚さん。
      トンボ役でーすってなって「やっぱりかーいいなー!」ってなる戸塚さん。「自転車乗るんだろ?!」っていってた。
      河合さん「トンボとパズーが出るんだよね」→えっって顔→河合さん「今横でマジでハッシーが真顔で”それマジでつまんねえ”ってww」って言ってた。実際橋本君超真顔でした。 

    • 大阪には焼肉が有名なところがあるよね、って話から。駅から焼肉の香りがするらしいってなって「次は~~焼肉~~焼肉~~」ってなりだす。
      ちなみに鶴橋のことを言うそうです。
    • あとお出汁はやっぱり京都の人は京都っていうよね~っていいだすやつ。って流れになって、「なんで千葉なのに東京ディズニーランドっていうの?」って話になりました。
      橋本くん「東京ディズニーランドっていうけど、あれ千葉のだから。東京の人に言われたらいやいや千葉のもんだからっていうよ」
      戸塚さん「それ千葉の人に言われたら”いやいや~あれは千葉さんのものだから~”って」(超物腰穏やか)
      河合さん「なんで東京にないのに東京ディズニーランドなの?」
      橋本君「……(多分わかんなかったっぽい)disるなよ!!!」
      やめてあげてください!!!!許してあげてください!!!東京にないけど東京ドイツ村だってあるでしょ!!!千葉に!!!

 

夜公演>

  • 塚ちゃんがSASUKEで泣いた話。岩本くんの話題も出たよ
  • 五関くんが昨年末と今年の頭泣いた話
  • 塚ちゃんの映画の話。カップルでいっぱいいるよって話。
    9日間しかない映画撮影だった話と公開日間違えてたって話をされていました。
    戸塚さん「ネット記事それオフィシャルじゃないでしょ!!鵜呑みにしちゃダメだよ!」
    ネットリテラシーが高くていらっしゃる戸塚さん……奇行伝説嘘だよの話とかね、色々ありますもんね。
  • 戸塚さんのドラマのお話「俺のやる役、河合っていうんだ」
    河合郁人の河合に中丸雄一の雄一だそうです。
    河合さん「やべえこれバレたら怒られる」
  • 関西Jrの子のお話。河合くんのお気に入りのちっちゃい子?がきて「かわいくん、これ」ってお手紙をくれたそうです。いつもラジオとかで名前あげてくれてありがとう、って。
    橋本「やばいわ、そんなんされたら…やばいわ」
  • とっつーがルーク君という男の子に反応した話。Tシャツ同じやつネットで買ってた&ルーク君?が名前がね!!「息子でルークだよ?!スターウォーズ見てるのかな!」に爆笑待ったなし。
    アイアムユアファーザー・・・・お父さんダークサイドに落ちるからやめたげて!(笑)
    お母さんに買ってもらったそうです。
    塚ちゃん「とっつーも?」
    戸塚さん「俺は自分の親指で押しました」

    誰がうまいことをいえと。ちょっと座布団を戸塚さんに早く。

  • Love-tune紹介。昼の部を踏まえて「いやいやいや~~」っていいだす。
    恩着せがましく「フルでやれるのはいいよね俺らんときキスマイとセットだからメドレーだったし」っていう感じのことを言ってたらイントロの段階で「A.B.C-Zさんありがとうございます!!!」って返す安井謙太郎くん。この人ちゃんと振られたら全力振り返す人なんだなあと思いました。
    ちなみにLove-tune私はなんとなくしかふわっと分かっていませんがバンドという形はとても!!!好きです!!!楽しいね!!!長妻くんってあれでしょすごいバスケでゴール決めた方だよね!!なお楽器としてはベースが好きです。
  • 両足つっちゃう河合さん。マジ河合さんぶれない河合さん。
  • ノリがどんどんよくなるえびのファンに満足げな皆さん。

話のまとめ方がお上手でした。なんていうか、お互いにばっさり斬り合うんだけど程よい距離感で「わちゃわちゃ」というよりもサクサク進ませながら楽しそうにしているというか。

「この人達仕事仲間だから」っていいながら、やっぱりいい関係だなあと思います。

橋本君が「わちゃわちゃ感ましたと思う」っていう言葉のとおり、過去の関係最悪の頃合いのDVDとか言われて見てると「すっげー!視線あわせないんだなあ!」って思いましたが(私は当時知らないから言われて「そうなんだ~」ってなる類)、それも踏まえて、今の温度があがって、しっかりとしている空気感とてもいいと思います。

 

最後の終わりの挨拶もすごく良かった。あれ、毎回言っていることが多分違うと思うんですけど、毎日色々有るたびに一番に伝えたくなって、毎日色々ある今日も明日も、しんどい中でも我慢してここにきて非現実のなかで感謝を伝えて伝えられて、楽しくて、パーティーみたいなライフみたいな、素敵なものの塊を瞬間瞬間に見られたらと思いました。

素敵な公演でした。

A.B.C-Z Loveのときに「カメラどこー」って探しちゃう橋本君が可愛かったです。センターしっかり!!(笑)夜はさすがとしか言えない。

 

本人が「橋本笑ってない、ってネットで書かれてて、でも今年、今、すごく楽しくて」っていってて本当この人エゴサしてんな!!!!って心から思いましたけど(知ってた)それでもはねのけるくらい、今回橋本君すっごくよく笑っていて、ニコニコしていて。

そして4人も本当によく笑っていて、ああ、A.B.C-Zはいいグループに進んでいっているんだなあと。

 

まだ五年。ここから十年、十五年、二十年にしていきたい。そう言葉にされているのを見て、心が震えています。素敵なグループだ。そして大好きなグループだなあと思いました。十五年後二十年後自分がいくつだよとか思わなくもないけど(遠い目)

それも踏まえて、本当に本当に素敵な時間をもらいました。

ただひたすら、この人達が、推しが、素敵で、この人達に恥じない人間になりたいなと思いましたよ。素敵な時間をどうもありがとう。

 

「家族みたいなものだから」と橋本くんの口から言ってもらえたこと、すごくうれしいです。家族大好きマンですからね、橋本君。ママさんお姉さんパパさんの話題を聞くたびにほっこりしています。

ここで毎度おなじみちはやふるの名言bot机先生から一言。

 

 「ここにいたらいいのに」って思う人は

もう”家族”なんだって

 

だから、私にとっても、彼らにとっても、そうであったらいいなあと思います。なにかあるたび(それこそコンサートの感想とか)に伝えたくなるから、逆に彼らも何かあったらwebとか、雑誌インタビューとか、イベントとかで言葉にしてもらえたらって思いますね。そういう「共有」ができたらいいなあ。

 

また、同じく机くんがこんな風にいっています。

 

やりたいことを思いっきりやるためには

やりたくないことも思いっきりやんなきゃいけないんだ

 

本当机くんさん名言botすぎて震えていますけれど。

毎日嫌なことがいっぱいあったりしんどいこといっぱいあるけれど、彼らに会えるために、今日も一日頑張っていきます。

いつも笑顔をありがとうA.B.C-Z。最後まで走り抜けてください。素敵な公演になりますように。なにはともあれ、まずはコンサート初日、お疲れ様でした!

 

ちなみに私は衣装だと各位ソロかっこよすぎだろっていうのがあって、河合さんギラギラってるのとてもいいよって思ってて、後黒の炎ぼーんのときの衣装たまらないし(ダンスやばい)(テンション上がる)

バラードはもりのブルーのお衣装もとてもいい。好き。フォトセの衣装ですね。

それと白い王子様はマジぶれないかっこよさだし、でも赤いジャケットも相変わらず似合うし、赤に黒リボンタイでひらひらさせているのすごい目しかいかないしどうしたらいいんだ…夏らしくアロハってる衣装もかわいいし…どうすればいいんだ……ってなりました。つまりみんな好き。

 

後、何度も何度もこのブログで「橋本良亮の声がすき」「ナレーションの仕事して欲しい」「ボイスオーバーやろう」っていうことを言い続けてきました。

その気持をいつも詰め込んで「やってよおお」っていうのを言い続けてきて、その上で、初日、最後。すべての最後に「りょうちゃんだよ」と影ナレをしてくれたこと、本当に本当に嬉しかったです。

昼の公演、いきなり影ナレがあり、もう「りょうちゃんだよ」って言われた瞬間に鳥肌が一気にぶあーーーーーっとたって、心臓がしっと捕まれて動けなくなりました。息を呑むってきっとああいうテンション。瞳孔きっと開いてた。私にとっては正直何より今回の一番のサプライズでした。嘘だろ本気でマジで?えっ要望って出してみるもんだね?!!!って終わってから関係ないところで大号泣していました。隣のお姉さんになんでこいつここで泣いてるんだってきっと思われたに違いない。

隅っこでひたすらやってくれよおおおって叫んでいたのが届いたような気がして本当に嬉しくて、また同時にナレーションした瞬間の「ああ、あっちに彼はいるんだな」という当たり前のことが嬉しくて、夢が終わるけれど、パーティーが終わっても明日からまた続いていく、歩いていける、みたいな気持ちになれました。

お願いなのでぜひともあれは続けていただきたい。橋本君エゴサしてる!?ハッシーみてる?!やってくれたらすっごく嬉しいよ!!(見てない)(知ってた)

 

ということを叫び散らかして、取り敢えず大阪公演についての感想でした。