読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生日々ハイテンション

見たこと・好きなこと・楽しんだことの雑記&備忘録

【サッカーの話】大前神と書いてOH MY GOD!と読む/炎のカリーパンを食べよう

先日、VSモンテディオ山形の試合がありました。行かれた方、行けなかった方全ての皆さんお疲れ様です。因みに私は行ってきました。

先日の水戸ちゃんさんとの試合で気持よく勝利を収め、リーグもここからここから!残り1個も落とせないぞ!という気持ちを改に引き締めて居た中で飛び込んできたニュースに驚きました。

 

大前元紀が復帰するかもしれない。

 

このニュースに私の周囲はざわめきました。

www.at-s.com

この怪我というのはビルから落っこちたレベルの怪我なわけで、挫傷って息するだけでも辛いんじゃ…というものだったわけですが。その中で復帰を遂げるかもとか。

そんなん見に行くしかないじゃんか。

大前選手がいない間、エスパルスにはいろいろなことが起こりました。

北川航也、金子翔太の台頭、覚醒、Youやっちゃいなよ!こと長谷川悠がきたり、居ない間にテセニキが無双してたり、得点ランキングに食い込んでいたり、もうなんかいろいろとどうしたって話なわけですが。ちなみに私は白崎選手の動きが好きです。

そんななかでも、今FWのポジション争いというのは激化しているわけです。ありがたいことですね。

 

で、まぁ山形の試合というと随分前アウェイ山形で行けない中で起こった「アウェイはスカパーで」事件を思い出すわけですが。

 

amanatsu0312.hateblo.jp

 

ちなみに当たり前ですがあの時のカップル(特に男の子)は名乗り出てきてくれませんでしたが超勝手に、試合をきっとどこかの空の下スカパーオンデマンドないしはIAIスタジアムもしくはお家のテレビで見ていてくれるだろう……とスタジアムに入る前に思ってました。

f:id:amanatsu0312:20160915160627j:plain

 

試合に関して

王の帰還の話

 

最初の清水の王様、と言われただけでちょっと本気で泣きました。うるうるってレベルじゃなく。ああ、ああ…と、”王の帰還”なんて指輪物語にあったりするけれど、あーーーおかえりーーーーーとしかいいようがない気持ち。

大好きだから俺ら歌う~だなあとかそんなこんな。しみじみ。

 

 

試合があった中でフォロワーさんが撮っていたゴール裏の状況。

チャント歌って大前元紀が手を挙げるだけでわあ、と湧きました。大きな怪我からここまで、またピッチに返ってきてくれるのは嬉しいですね。

 

そして皆が言う「ぷにぷにしてる」にちょっとばかり「あっうん」ってはなったんですが(先日のビニールの城観劇時の写真見ると六平直政さんが細っこく見えるってのもあると思うんだけど)実際何でもいいや動いてくれれば( ˘ω˘)と思うので見守ることに。

 

戦術がーとか誰がどうしてどうなってーとか細やかなのはぶっちゃけ私は語っても 私のブログ そういうの目的で来る人絶対少ない と思うのでカットします。

取り敢えず言いたい。枝さんフルタイムすげー頑張ってた。後よい動きだった。ここにきて枝村匠馬とかいう持ってる人きちゃってる……ありがとう……って1点目「うひゃーーー―枝さーーーん」ってなったわけで。

植草くんの絶対止めるマン(でいいんだろうか)感も半端無かったし片っ端から止めていて、いや本当入ってもしょうがないってレベルのがいくつもあったのでドキドキしたんですがあの怒涛の動きを守ったから次につながったわけで。感謝してもしきれないです。

白崎も良かったし、金子くんに至ってはインタビューで「脇に10番が見えた」の中から結果を出してくれるのすんげーなーと思いました。ハート強い。そして「やってやるんだ」って気持ちがいっぱい見えていいですね。前述もしましたがFWのポジション争いがびっくりするぐらい贅沢ですね。

元紀のゴールシーンはまさに少年漫画かなと。ホイッスル!で見たぞ、BE BLUES!でも読んだぞと言わんばかりの綺麗なゴールシーンでした。綺麗にゴールネットを揺らした時に、ゴール裏では多くのサポーターが吠えていたし飛び上がっていたし、ハイタッチともみくちゃ感半端無かった。それぐらい皆嬉しかった。得点は当たり前だけど嬉しい。でもそれが大前元紀という大きな怪我を経て、今日戻ってきたっていう人が決めたから更に嬉しい。

 

www.youtube.com

 

大前ゴッドのゲーフラを見かけてなんかうっかり泣きそうになったのは言うまでもない。涙腺緩みっぱなしでこの日の試合エンドレス涙目でした。

 

試合については3-0になった時にまだだ!!AT4分あるから!!ちゃんと気を引き締めて!!ってなりました。これは私だけじゃなくて周りのサポ皆だった。「あぶねーぞ!」「去年思い出せー」「エスパルス頑張れー」という声があちこちから跳んでいてトラウマになってんだなあとか思ったり。1点取られた時にひやっと一瞬した人はきっと多かっただろう。植草君頑張ってた。完封したかったね、残念。

フェアプレーについて

ジャッジについては納得する/しない以前に、私が単純に「ゑ?」となる戻りオフサイドだとか、フリーキックもっと後ろだよとかがいろいろあったように思えたんですが、あのへんは審判の資格を持ってる方々のツイートを見て「そういうものなのか……」となってました。

審判の人について調べたら広島との試合の時に「んなPKありかよ( ゚д゚)」の人だったんですね。懐かしい。まぁなんにして公平・フェアプレー大事。審判も、選手もね。

 

試合前の選手宣誓

試合開始前にかわいちゃんと山岸さんによるフェアプレーデ―ということで 選手宣誓。山形の山岸選手は超いい声で「ああ…心にずん、と響く良いお声……」ってなるのと流石に場数を踏んでいるだけのことはあり聞いてて安心感がありました。

かわいちゃんに関しては「だだだだ大丈夫?!大丈夫!?」と授業参観のように見ている人の多さといったら。

 

ちびっこに応援されるちっちゃいおっさん(※清水の平均年齢的な意味で)頑張れ…

 

サイドに行ってきた

 

シーズンシート持ってると入れるやつで試しにやってみたら当たったので行ってきました。選手たちが皆言っちゃってる中でしたが最後の挨拶の前に間近でげんきを見たり、選手を讃えられたりしてラッキーだったと思います。

しかしあそこに入る人あんまり勝ちロコとか盛り上がらないのね…ちょっと寂しい( ˘ω˘)

 

因みに帰り、クールダウンを終えた選手たちを見送ってふらふら帰ろうとした矢先の出来事。

 スタッフ困ってたから取りに行くの忘れた選手はちゃんと取りに行ってあげて!(笑)

「どうしましょう…」と他のスタッフに言っているスタッフさんが大変そうでした。後ピッチを整理というか、めくれたところを手入れしている芝管理の皆さんお疲れ様です。ああこうやって綺麗なピッチを保ってくれているんだなあとか、そんな当たり前のことを思ってました。

 

大前元紀と過去の清水FWの皆さん

 

ツイート見て大号泣したのは言うまでもないんですが。

そこから派生している清水にかつて所属したFWたちのやり取りが可愛すぎて和みすぎて「何だよお前ら泣かせるなぁ!」ってなったのを一部抜粋。

 

 

 

 

 岡ちゃんと元紀は昨年対談していて「お前がチームを率いるんだ」って言っていたし、しゅんくんについては「何もあえて言わないよ」って自分が怪我をして、そこから復帰するまでの流れを元紀の怪我のときにいっていました。私にとっては思い入れのある選手たちの流れなのでもうあの何ひとことで言うと泣かせてくるぜ……というね。

 

qoly.jp

 

読みなおしてうっかりしみじみとしてしまった。エスパルスは少年漫画だった……?!(察し)

ということで次節もしっかりちゃんと勝てるように頑張っていきたいですね。楽しみです。

 

炎のカリーパンを買いに走った

今回、いつもよりスタグルをいろいろめぐり(今回は炎のカリーパンを食べることを最大の目的にしていました)巡ってきたわけです。食べることは生きることだぞ!大事だぞ!

 

 

まずちょうど並んでたらばったりこパルに遭遇しました。分身というかいつもの2人でいたので「どっちだ……君はどっちなんだ……」と究極グリーティング慣れていない私は大混乱。

取り敢えず店販売してくれたから「何が美味しいの」と聞いたら超いい勢いで芋煮!!と連打されたので買うしかなかった。のるしかないこのビッグウェーブに。

取り敢えず、お使いも兼ねていたので食べたいやつ買おう~☆とか、アウェイいけなかったし&山形との試合なかなか見に来るタイミングなかったから(昨年のことなど記憶に無い)(いいか3-3のことは言うな絶対にだ)ついうっかりお買い上げ。

 

 

 これでも減らしたほうだから!!!

ということで「辛口」「みかん」「芋煮」「山形牛」の4品お買い上げ。

炎のカリーパンについてはJ2本で今回レビューが載っているそうですが……炎のカリーパンの秘訣についてはやく読みたいです。コミケにて友人にお使いを頼んであるのでそれを手にするのが楽しみです。会う度に忘れてた\(^o^)/となるので未だに手に取れてませんが…笑

「炎のカリーパン」とは、2004年にSY21協会からスタジアムの名物を作ってほしいとの依頼を受けて、辛口のカレーパンで熱くモンテディオ山形を応援してほしい、口の中が火がついたほど辛いことから、「炎の
カリーパン」と命名しました。

あまりにも辛いので、サポーターからは銀山温泉の普通のカリーパンも
販売してほしいという声に答えて、普通の辛さのカリーパンも販売し、
2007年に対戦相手チームの土地の名産品をカリーパンの中に入れる
ことで、「対戦相手を喰っちゃおー!」というコンセプトをもとに作られたのが、「対戦相手を喰っちゃおー!」炎のカリーパンです。

炎のカリーパン より引用)

これが炎のカリーパンの由来。

相手チームごとに中に入るものが違うっていうのがいいですよね。清水だと「みかん」「マグロ」「もつカレー」でしたが、同じ県内の磐田さんとかだと何になるんでしょうかね。……うなぎパイ…?

しかしもつカレー&カレーってそれWカレーってことでは…笑とかいろいろ面白いので楽しいですよね。

 

 サックサクに揚げたパン生地をかじると、中から出てくるのはスパイシーな辛口ルーに、対戦チームの土地の名産品。

毎回具材が違うので、どんなカリーパンになるのかはお楽しみ!
サポーターが列を作って並び、すぐに完売してしまうほど好評です。
ぜひ足を運んでお買い求めになってみてください。


「炎のカリーパン」を食べて、モンテディオ山形を応援しよう!
今後も対戦チームにちなんだカリーパンをリリースする予定です。
お楽しみに!

(同上)

 

ホームページの更新が8月21日でストップしているとかいっちゃ駄目だぞ絶対にだ。

副社長のTwitter見るのが一番早いかもしれません…笑

因みにですが、炎のカリーパン、先日のHanakoのカレー特集*1の「絶品カレーパンガイド。」にて掲載されていました。

普通にHanako読者なんですが(三宅健氏のお陰です)正直本気で目玉出るかと思いました。びっくりした……( ゚д゚)そんなに浸透してるんですねえ。フードコーディネーターの方がカレーパンといえば、で紹介してました。

 

はやく誰か長野博氏に伝えるんだ!是非スタジアムお越しください!

現場からは以上だ!!

ということで私が食べたカレーパンもぼちぼちレビュー。

炎のカリーパン:辛口 

 

取り敢えずスタジアムで購入して速攻で食べたかった辛口からスタート。

想像よりちゃんと辛い。辛口言ってもさあ(笑)とか思ってたの全力ですみませんでした。そんなこと全然なかったです。でもこのからさ大好きです。

中にはいったゴロゴロ野菜、食べごたえも十分。生地はちょっと甘めなのかな。

明友さんは元々揚げ饅頭などの和菓子が中心のお店だからか、ほんのりとした甘みが特徴なのかな~とか。からさと甘さが程よい印象を受けました。

 

芋煮

 辛口だけど多分上記の「辛口」よりもマイルドなタイプ(並)をベースに作っている印象を受けました。

山形と言ったら芋煮会だよね。分かる分かる。冬になると知り合いが山形出身なので話を聞かされます。羨ましい。

中の具材は芋煮を中心に。ちゃんとペーストではなくごろっと入っているイメージ。ネギ入っててびっくりしました。思いの外食べやすく「芋煮」と言わなかったら普通にマイルドなカレーパンとしてもぐもぐと食べられそうです。

 

みかん・山形牛

 みかんブレブレじゃねーか!!と言われそうですが。

どこのみかんを使っているのかはわからないですが、意外と食べてみると普通…?イロモノゲテモノ!と言う印象を与えられそうですが、ハウスバーモントカレーとかリンゴ入ってるじゃないですか。あんなかんじで、ほんのりとした甘みがある印象。酸味は感じられませんでした。こちらも並タイプを使っている印象。

 

山形牛はぎっしり山形牛が入っています。お値段がそれなりにしますが、見合った分量だと思いますし「これなら仕方あるまい」と皆で大試食をしたところ納得しました。

肉厚でカレーフィリングとの相性も良く食べごたえのある味です。王道にシンプルに食べやすい味でした。

 

全部まとめてみると衝撃だったのはある意味一番プレーンの「辛」だったかもしれませんw 

全然関係ないけど:本日の竹内涼真

 

?!!!!!!!となったのは言うまでもない。フィーゴフィーゴさんじゃないですかヤダーなんでこんなところに!?

全力で羨ましい…いやあサッカー少年からここまできてまさかまさかですよ。良かったねえ。

 

 

竹内涼(黒)も今回よう頑張ってました。駆けずり回ってたよ!!!(笑)

この記事の中に盛り込んでいいもんかちょっと悩んだけどフィーゴのように試合を支配して(ほしい)たけうっちー(黒)頑張ってたので皆さんひとつよろしく(主として俳優好きさんに向けて)