読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生日々ハイテンション

見たり聞いたり遊んだりの備忘録

【ベイマックス】はEDロール含めて最後まで見て欲しい

映画

12月31日だけど映画が見たくなってベイマックスいってきました。

www.youtube.com

 

日本ではハートフルストーリーと言われていますが「Big Hero6」というタイトルで海外ではやっているそうです。取り敢えずそんなことも含めて感想をば。

 

 

このブログ、殆ど私が好きなことを振り返りながら書き散らしているんですが、取り敢えず言いたい。ヒーロー物はやっぱり最高だぜ!と。

ベイマックスについては舞台が「サンフランソウキョウ」となっているのですが、まぁお察しの通り日本です。

 

www.cinemacafe.net

 

完全に池袋!秋葉原!っていうところもありましたし、主人公のヒロ(=Heroともかけられているとは思いますが)とタダシ(=正しい/鉄人28号の正太郎から?)も個人的にはざわざわしましたし、ベイマックスで出てくる大学に関しては東工大っぽいですしね。調べれば調べるほど日本だな~と思うところがあって嬉しいです。

 

togetter.com

 

ベイマックスのデザインについては花園神社の鈴から発想したという話もありますし、相当クリエイターの人たちが試行錯誤を練って作り上げたのが分かるのがベイマックス。

ディズニーって「歌」ありきに思われがちですし、私も正直あんまり3Dのディズニー好きではないのですが(日本アニメが好きなので…)

ベイマックスのストーリーは「憎しみは憎しみしか生まない」というある意味不変的で、それでいてドラえもん等でよく訴えている印象のあるものでした。

まぁ随所随所ご都合主義部分は拭えませんが(どこでそれ渡す時間あったよ!とかね)、それでも、ベイマックスとヒロの友情はドラえもんのび太の友情を凄く思い出させるものでした。大長編ドラえもん好きならおすすめしたいですね。

 

ストーリーについても日本リスペクトだなって思いました。

だってラスボス、アメリカ映画だったらフルボッコしてたと思うもん……それを「復讐では何も生まない」と踏みとどまったのは凄く日本的な印象です。

 

 

気になったのはこの辺。(追記しました)

 

 

 

 

  

 

なんでこんなこと言うかって言うとあの、ホモホモ散々連呼されてお兄ちゃんヤンデレみたいな感じで見かける発言があって「違うんだよ!どっちかっていうとその兄離れなんだよ!」という自分なりの意見でした。

少年の自立、そして周りの誰かが手を貸してくれるという友情、「もう大丈夫だよ、ベイマックス」という言葉が凝縮していると思っているので…。

なんかこう、言いようのないモヤモヤも抱きながら(これは映画っていうよりも一緒に喋った人との印象のせいなんでしょうけどね…)

一番うわーーー!!と一人で内心叫んだのはスタン・リーが出たこと。

それだけでもあの、なんどでも言う。 字幕版でも御覧ください。 

 

「スタン・リー出るのってそんな凄いの?」と言われそうなんですが、スタン・リー出るって個人的には大興奮ですよ。本人が色々な作品に出てるのはわかった上ですがベイマックスに出るとは思っていなかったので……

( スタン・リー - Wikipedia )

何かわかりやすい例がないもんかと思ったけれどいまいちぴんとこなかったので例えが出来なくて悔しいですが、アメコミといったらスタン・リーだと私は思っているのでそれぐらいこの作品に対してディズニーが力いれてくれたのかな~嬉しいなあ~と思っております。

多分もう2回くらい映画見に行ってそうだと思います(笑)

 

 

:追記:

ベイマックスの脚本を担当されたダニエル・ガーソン氏が逝去されました。

 「モンスターズ・インク」「ベイマックス」などの脚本家ダニエル・ガーソンが死去 享年49歳 | 海外ドラマ&セレブニュース TVグルーヴ

お悔やみ申し上げます。