人生日々ハイテンション

見たこと・好きなこと・楽しんだことの雑記&備忘録

映画

「ラストレシピ-麒麟の舌を持つ男-」を見てきた

ブレードランナーをみた上で予告編がちょうど流れており、「そういえば原作途中まで読んだ気がするぞ」と思いたち、次の日ご飯が大好きな友人を誘って行ってきました。 嵐・二宮和也主演の「ラストレシピ-麒麟の舌を持つ男-」。 前情報は映画雑誌でパラっと…

「ブレードランナー2049」に合わせて前作もまとめて見てみた

「SF映画で何が好き?」という話になると必然的に「ブレードランナー」と応えられることが多々ある。「攻殻機動隊が好き」と言えば「ブレードランナー見た?」と聞かれることがよくあった。しかしながら、残念なことに私は生涯でブレードランナーを見たこと…

「三度目の殺人」を見てきたよ

映画館で何か映画でも見るかな、と、時間を調べるのが好きです。映画館で見るからこその謎のワクワク感。SFみたいなかんじをいつも思うのですが、どうでしょう。 ということで今回役所広司の「三度目の殺人」を見てきました。 gaga.ne.jp 映画好きの友だちが…

ダニエル・ラドクリフが死体を演じた「スイスアーミーマン」を見てきました

先日三度目の殺人を見てきて「ああ、しんどい」ってなって、更に「ワーニャ伯父さん」を舞台観劇させてもらって「あーしんどい!!」ってなったから開き直ってメッチャクチャ何も考えずに見て笑えるやつが見たいぞ!みたいな気持ちだったんですが。 そんな折…

ポケットモンスターの映画を見てきた/世代を越えて、そして次世代へ

いつの話だ。取り敢えず夏でした。夏映画だからね。夏はポケモン。 ここにきてポケモン映画を何故私が見に行ったかというとまぁ色々理由はあるんですけど、赤/緑が流行したとき直撃世代だった自分としては一番最初のアニメの出会いを此処に来てやり直すとい…

22年目の告白を見た/藤原竜也を起用する理由

「22年目の告白 -私が殺人犯です-」が上映開始されて、最初に話題になったのは「また藤原竜也が人を殺したのか」という話。藤原竜也は人殺してないわいい加減にしろ!!って言いたい気持ちと、そういう、なんというかサイコパスだったり精神的にどこかぶっと…

「昼顔」を見てきました/誰かを蹴落としてもほしい幸せがある

最近記事がジャニーズのことしか書いていなくて自分でも正直ドン引きしていたのですが、突発的映画見に行きたい病にかかり、それじゃあ何をみたものかなと考えた結果、「昼顔」を見に行ってきました。 ところで来週のABChanzooがまさかの岩田光央氏による義…

「無限の住人」を見てきました/生きること、死ぬこと、やっぱり生きること

再三番組のコマーシャル、宣伝にて木村拓哉さんを見る機会が増えたのと、映画館に足を運ぶたびに無限の住人の予告をやっていたことがあり、「ああやるんだったなあ」と思っていたのですが、あいにく私は三池監督との相性があんまり良くないらしくて「うーん…

攻殻機動隊が元の「ゴースト・イン・ザ・シェル」を見てきた

見ていなかった・見たかった映画を見るぞおっしゃー!ということでひたすら映画三昧を続けております。4月7日に公開された上で行くいく詐欺になっていたゴーストインザシェルを見てきました。 先月の今夜はJ's倶楽部*1で戸塚祥太さんが「見てきた~」って…

「帝一の國」を見てきました/若手俳優大集結!素直に笑えるいい映画でした

菅田将暉主演「帝一の國」を映画の日にともなって友人と一緒に行ってきました。 菅田将暉/野村周平/竹内涼真/間宮祥太朗/志尊淳/千葉雄大 がメインに出ているわけですが。 最初にこのキャストが発表されたときに えっすごい。なにこの東映祭り。と衝撃…

「美女と野獣」を見てきました

おとぎ話、ディズニーの物語というのはクラシカルなものから近代、そして現代と三区分ほどされるという話を聞いたことが有ります。 ちなみに私が一番ディズニーのアニメーションでマジで子どもの頃親に「お前もういい加減にしろよ!?」ってぐらいに見ていた…

名探偵コナン「から紅の恋歌」を見てきました

ということで封切りになったことを機に、昨年映画館で見なかったぶん今年はちゃんと映画館でコナンを見るかなあと思いたって映画館にいってきました。 多分コナンを”映画館で見る”、ということがひょっとせんでもめちゃくちゃ久しぶりでして。最後に見に行っ…

「モアナと伝説の海」を見てきた/己の道を生きようとする姿が美しい

1ヶ月遅れですけど、ようやく「モアナと伝説の海」を見てきました。 散々見たい見たいといっていたのにびっくりするぐらい3月忙しくて映画みているものが偏りまくってます。本当はもっと色んなジャンルが見たかったんですけれど。取り敢えず3月のライオンの…

「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」を見てきた/そして物語は次のステージへ

「黒子のバスケ」の原作が終了してからもう1年は余裕でたっているわけですが、未だになんとなく黒子のバスケという作品は今もジャンプで連載しているような錯覚に陥ります。とんだタイムトラベラーです。 ちなみに私のジャンプ全盛期は90年代後半~00年前半…

静岡県静岡市清水区が舞台の「ハルチカ」を見てきました

皆さんは「清水」と言われると何を思い出しますか。 知人各位は大体聞くと「清水エスパルス」と答えてくれます。ありがたいですね!っていうか皆リップサービス究極お上手ですよね。平成の大合併によって静岡市になってますけど清水エスパルスは清水エスパル…

「LA LA LAND」感想録/夢見たいつかの物語

アカデミー賞が話題ですね。個人的には「沈黙」が賞を逃したことがとても残念ですが、国柄とかいろんなものがきっと絡むのだろうとも思いつつ。 勿論LA LA LANDが悪いとは思わないしもともと気になっていたミュージカル映画なので映画の日に併せて友人と見て…

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」を見てきました。

こんにちは、2月1日は映画の日ということで、何か映画をみたいなあと友人と話、今一番見たいものを照らし合わせたら「ララランド」で一致して2月終わりからなので揃って頭を抱えたのですが、今回は「せっかくだから見てみたいねー」と考え、関ジャニ∞の黒担…

「沈黙 -サイレンス-」を見てきた/神とそばにあるということを考える

遠藤周作の「沈黙」という小説を読んだことが皆さんあるだろうか。 私は父親が遠藤周作の小説を学生の頃に読んで超トラウマになったからという理由で渡されたことがあった。中学三年生・夏のことです。今思うと父親が鬼だったなと思いますが当時読んで精神的…

「海賊とよばれた男」を見てきました

岡田准一主演最新作「海賊とよばれた男」を封切り日に行ってきました。 原作未読、情報ほとんど入れていない状態で、わかっているのは山崎貴監督と岡田准一氏のタッグであるということ、というだけのふわっとした知識のみ。 その上で見た感想をポツポツと。 …

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を見てきました/魔法界のムツゴロウさんがやたらイケメンだった

ハリー・ポッターシリーズの派生作品としてこの度「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が映画化されました。 wwws.warnerbros.co.jp 前情報で個人的にめっちゃ大好きエッド・レディメイン(レ・ミゼラブルでめっちゃくちゃ好きになりました)が主…

「ボクの妻と結婚してください」を見てきたけどハンカチじゃなくタオルを持っていけば良かった

エスパルスが昇格したぞー!おっしゃー!という気持ちも色々あるんですが、その記事書いてたら圧倒的に文章が馬鹿みたいに長くなっているので、一足先に見てきた映画についての感想録から始めたいと思います。 「ボクの妻と結婚してください」を見てきました…

「聖の青春」を見てきました/魂を削って一手を生む生き様は美しい

松山ケンイチ主演、実在した天才将棋棋士・「西の村山」怪童・村山聖を描いた”聖の青春”を見てきました。おどろくぐらいにボロ泣きして、心につまされる何かがあり衝動的にブログを書かせてもらいました。何度でもみたい映画です。

「溺れるナイフ」を見たところ、重岡くんの印象がガラリと変わった件

ジャニーズWESTのセンター「重岡大毅」さんという人をちゃんと認識したキッカケになった映画「溺れるナイフ」。 菅田将暉、小松菜奈、重岡大毅、上白石萌音が魂を削って作った少女漫画原作の映画です。 山戸結希について詳しくないし原作未読ながら見た感想…

『ミュージアム』を見てきました

小栗旬主演の「ミュージアム」を見に行ってきました。 名前は聞いたことあるしどんな作品かわからないけど、タイトル的に何か惹かれるものがあり、シネマイレージも溜まってるし折角だし行こうかなと突発見に行ったのですが、まぁ一言で言うと行ってよかった…

『DEATH NOTE デスノート Light up the NEW world』を見てきました/10年ぶりにスクリーンでデスノを見ることについて

「DEATH NOTE」といえばジャンプにおいて「おいおいこれジャンプでやるんですか」って言われてたダークなかんじな少年漫画なわけですが。 ついでにいえば実写映画、アニメ、ドラマ、そしてミュージカルで海外公演も行われるなど色んな意味で話題性を持ってい…

「四月は君の嘘」を見てきました/モノクロからカラフルな世界に飛び出すための前奏曲

結構周りの友人にアニオタが多いのですが、このたび「四月は君の嘘」という漫画が実写映画化することになったということで、前々から名前は聞いていたため「気になる」とボソリといったところ友人に「じゃあ行こうよ」と一言貰い、映画に行ってきました。 原…

「怒り」を見てきました/“怒り”は何処へ向けたものか

「怒り」の試写会が当たりました。 前もってどんなもんかという知識は頭に叩き入れておいたわけですが原作読んで「お、おお……」となっている部分が非常に強く(好みが分断されると思います)個人的には原作については「…で、怒りってなんだったんだろう…」と…

女性が主人公!「ゴーストバスターズ」は実にエンタメ映画でした

\ゴーストバスターズ!/という響きは流石に知っていますがぶっちゃけ前作、前前作といった歴代ゴーストバスターズシリーズを見たことがない人間ではありますがこのたびロードショーとなったので「よおっしこれを機会に見てみよう」ということで、ゴースト…

君がいるから頑張れる/「青空エール」を見てきました

土屋太鳳・竹内涼真主演の「青空エール」を見てきました。 原作を以前から途中まで(2年になって後輩引き連れるところあたりまで)読んでいたのですがこのたび映画化ということで「わーいじゃあ見てこよ」という軽いノリで見てきました。 キャストに惹かれた…

子供と大人の狭間、新海誠の「君の名は。」を見てきました

ダ・ヴィンチでは紹介されているしあちこちの映画雑誌や一般紙でも紹介されているからメールとハガキで送れるやつ片っ端から送ってみたら、試写会のチケットを一枚当てることが出来ました。 相当倍率高かったのかなと思いつつ、「君の名は。」いってきました…