読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生日々ハイテンション

見たり聞いたり遊んだりの備忘録

A.B.C-Zが行っていた両国江戸NORENの「両国橋茶房」にいってみたよ

ジャニーズ 食べ物 スイーツ A.B.C-Z 橋本良亮 河合郁人

先日たまたま王様のブランチを見ていて、A.B.C-Zの河合くんと橋本くんが両国に新しく出来た「両国江戸NOREN」にいっていました。そもそもそんなもんが出来ていたのか~とびっくり。そういえば友達が「えびちゃんが!出るから!見て!!」と言っていたのを思い出し、思わず録画ボタンを押してました。

A.B.C-Zに関しては友人がファンでして。そのせいなのか急速に「えっ…なにそれ…この子達頑張って……」という状況に入っております。苦労話が洒落にならないぐらいに「頑張れえ…」といいたくなる感じでした。えるしってるか気づいたらアルバム買ってたのは私だ。

最年長グループという話やグループ名は知っていましたが(V6コンサートにとっつー来てたし)正直そこまで認識していなかったというか何百回もいいますが後輩グループ知らないんだって!!というほとんどV6とかJ-FRIENDSぐらいでとどめてきていたジャニオタとはいい難い自分が、落とされている現状なわけです。

 

両国 江戸NORENに行った橋本良亮くんと河合郁人くんをリアルタイムで見守った結果「食レポ下手くそだな!?」と当人たちが(河合くんが)言っていた抹茶ソフトとほうじ茶ソフトが非常に気になったので、その日に行ってきました。いいんだよ…食レポ長野博に学べばいいんだよ…頑張れ…(笑)

続きを読む

「沈黙 -サイレンス-」を見てきた/神とそばにあるということを考える

映画

遠藤周作の「沈黙」という小説を読んだことが皆さんあるだろうか。

私は父親遠藤周作の小説を学生の頃に読んで超トラウマになったからという理由で渡されたことがあった。中学三年生・夏のことです。今思うと父親が鬼だったなと思いますが当時読んで精神的ダイレクトアタックを超絶受けました。

それから10年以上経過した今。このたび「沈黙 サイレンス」として映画化されました。それも日本人監督ではなく、マーティン・スコセッシという監督の手で。

そういえばオペラでも「沈黙」はできていたとかで。非常に興味深いですね。作り方扱い方が違うのだろうけれど。とても映画は興味深かったです。

www.youtube.com

 

f:id:amanatsu0312:20170126120056j:plain

 

chinmoku.jp

 

決して万人受けする「エンタメ」的なものではなく、どちらかといえば概念とか、そういうのに触れた話だと思います。ということでのんびり感想いきます。学生時代に読んだものを紐解いてる形なので、正直「そうだったっけかなあ」とふわふわしていますが、映画は映画、原作は原作ということで。

 

続きを読む

【遠征ご飯記録】徳島で魚貝を楽しむ!「UROROMAN」

食べ物

「最近めっきりブログ書かなくなったね」と友人に言われて思いついたことしか書いてないこのブログでも読んでる方がまだいるのかとちょっと感動したので勢いでブログ書いてみようと思います。ブログのネタがないなんてことはそんなことはない。多分ない。きっとない。

 

先日、といってももう昨年のことではありますがアウェイ遠征で見に行ってきた「目撃者になる」ということで徳島戦。その際に立ち寄ったお店についてです。

このブログ「最近アイドルのことばっかりじゃん」とか「最近映画のことばっかりじゃん」とか言われそうで本当申し訳ないんですが、一応主として書こうと思って書き始めたのは、多分、サッカーだった…気がするんですが…おかしいなあ…。

なお昨年のキャプテンについては貢献度のこととか色々あるので割愛しますが まぁ大宮戦でよろしくな!! ってことで。野津田選手楽しみにしています。完全にエスパロス状態なので、試合がないって寂しいな~~ってなっている今日このごろです。

 

ということで、徳島戦の感想はこちら。

amanatsu0312.hateblo.jp

立ち寄ったのは「魚貝のビストロ UOROMAN」さん。完全に名前聞いたときは「えっ魚金さんの系列なのかな」って思いました。違うようです。本当申し訳ない。

 

www.hotpepper.jp

 

ということでのんびり行ってみた感想録とか。思い出し思い出しなのでだいぶふわっとしていて申し訳ない。

続きを読む

“担当”という概念について自分なりに考える

コンサート ジャニーズWEST ジャニーズ

先日ジャニーズWESTさんのコンサートに行ってきました。

先日書きましたが重岡大毅くんの溺れるナイフがとてつもなくいい芝居をしていたな~~いいな~えっこの人アイドルなの?そうなの?へええ、普段どういうことしてるんだろう。

という流れから、7人の作る空気感とか「やってみよう」「やってやろう」「このグループで上へ上へ目指していこう」というスタイルに非常に少年漫画のそれを感じ、ダンスのレベルキレキレ度合いとか、関西グループ特有のテンポの良さとか、いろんなのを見てたら、結局居てもたっても居られなくなりました。

きっかけが重岡さんだったのに少年倶楽部やら何やら見たりとかうっかり過去に撮っておいたあさイチとか2015カウントダウンとか普通に見直してて「ああ~ええじゃないかの皆か~」ぐらいの軽いというかふわっとした認識だったのに12月半ばごろにFC入ってたのは私です。

 

ツアー中なのでとりあえずセトリをバラすのもあれですし、とりあえず感じたことはメモしておいてますが、「少年がアイドルになる」「アイドルになる身近な人たち」みたいなものを感じて、未完成が完成形に向かっていく過程はひたすらに楽しかったです。普段行くコンサートのタイプとは全く違っていて、「作っていこう」「やっていこう」が見えたと思います。いやあ別に身近どころかめちゃくちゃ遠いんですけど。なんかクラスにいそうだったな、とかそういう身近さがあるように思えました。いないんですけど!(笑)

 

私が今回見に行ったところの席は驚くべき中間さん席で中間さんに射抜かれた別の友人K氏が何故あの場所にいないのか心から謎に思いました。そういうときって絶対ありますよね。その変わりに必死に見ておこうと見ていました。

で、まぁなんでこの記事書いているのかというと、つい最近サッカー界隈でも話題になったので、「担当」って何だろう。ってことで。

大前提として「皆好き」からのそれぞれ派生していって突出してこの人を見る、というのが担当なのかなあとかあります。

しかしながら、その認識については千差万別で、結果的に「怖い」というイメージが先行しやすいです。例えば別の全然アイドルファンではない知り合いに「ジャニーズのファン(担当)って怖いよね」って言われたり。かつ「同担拒否なんでしょ?などなど。まぁ確かに知らなきゃそうなるよな、って思います。

いわゆる「強火担」=「担当」という考えに直結しやすいらしく、どうにも「@@担です」っていうと全部が全部追いかけて全部が全部野鳥の会して全部が全部見ている、っていう印象があるそうです。

そうでもないよ~~っていう意味合いも込めてこの記事を書き始めています。

世の中には色んなタイプのファンの方がいると思いますが、まぁ個人的には色々あっていいと思うので自分なりの「担当」についてまとめてみようかな、なんて。

 

担当になっちゃう相手なんていわゆる性癖の結果なんだよねっていう話を友人と話していました。

そりゃあこの人に落ちるわ、みたいなね。いわゆる「好きな人」だからそりゃそうだ。

例えば担当とは違いますが「このグループならこの人!」っていうのを考えた時に各グループ並べていった時に自分の趣味趣向がモロバレでめっちゃ面白いので皆さんやってみましょう。V6の三宅さんが好きな某友人I氏は「顔が美しくてプロい人が好き」とおっしゃっていて、その結果蓋を開けたら「で、ですよね!」と納得しました(笑)

なお、別ジャンルの人たちからは「担当」というものについてそういったジャンルの人々から「皆好きでいいじゃん」という言葉をもらいやすいです。ちなみにこれに関しては私も「そうだよなあ」っても思います。

いや、だって皆好きだし。それぞれ好きなんだよ選べないんだよっていう理論もとてつもなくわかります。だってそもそもチームプレーだし……団体競技だし…勿論一人ひとりいてなんぼなんだけど…みたいな。

”DD”(誰でも大好きって意味らしいです)という言葉を私が余り好きではないのはそういう面もあるかな。基本蔑称なのかなーって思うんですがどうなんでしょう。

色んな人がいたっていいじゃない。一途もいればいいし俯瞰して見たい人もいるしいいじゃない。誰でも好きってつまりそれだけ金落としてるってことじゃない。みたいな。まぁ勿論本尊な方々からすれば「俺に!金を!かけろ!」って話なんですけど、身も蓋もない言い方すると(笑)

まぁでも、好きなブランドと一緒で、シャネルも買えばディオールも買うし、プチプラだって楽しいし。みたいなもんなのかなとか思ってます。

 

ってことで、私の場合の「推し」「担当」について。 

自分の場合、分かりやすく言えば サッカーでユニ買う時、背番号買いたくなる人 が担当じゃないかなと思います。このブログ誰向けなのかわからないんですがとりあえず友達に説明するように書いているので、そうじゃない人には「それは違うよ」と言われたらうん……すいません……としか言い様がないんですけど。

ユニフォームって言ってしまえば“チームの象徴”じゃないですか。私はこのチームが好きですよ!!っていうそのもの。

年代ごとに違うのはスポンサーとの兼ね合いやら金銭的な問題色々な諸事情がありますけど。でも基本的にはやっぱり「好きだから」買う。だと思うんですよ。もちろんユニ買うだけが貢献じゃないけど。

まぁそんな中ですが、もともと私にとっては「チーム=うちの子たち」になるわけです。

うちを選んできてくれた子たちはみんなうちの子。皆可愛い。皆がんばってほしい。これが大前提です。この選手いらないなんて子はよほどのことがない限りないし、どこいったって「うちの子ですよろしくね」をいえます。そういううちの選手たちが私は大好きですし、「うちのサポーターは天下一!!」と選手に胸張ってもらえるサポーターでありたいです。

 

ただ、その中で、毎年更新されるユニを前に、「じゃあ背番号どうする?」ってなるわけです。さあ困った。背番号は一人しかつけられないぞ困った困った!

 

「去年はこの選手めっちゃくちゃ頑張ってたしな~でもこの子も好きだしな~ああでもこの選手が特に応援したいかも!」

はい、それが私の中で言う「担当」だったりします。

でも一方で「ああああ決まらない皆好き…皆応援したい…みんなうちの子だ…」っていうのもある。それもまた分かる。そんな時に購入するのが12番だったりするわけですが。それってつまり「箱推し」に似たようなものなのかなって。

まぁ「好きな選手毎年毎年移籍して!!今年も!!つけたら!!選手!!いなくなるかもしれない1!!怖い!!!!12番にしとこ…」って人もいます。私の友人A氏はそのパターンです。平岡さんについては涙をふいてくださいとしか言えない。

その選手がずっと居続ける限りこの選手でありたいって人もいればそうじゃない人もいるわけで、まぁそこらへんはちょっと違うかもしれませんが。

「@@寄りの箱推し」とかにその辺は近いかな。

ユニはこの選手のを買うけど、だからといってこの選手だけを見るわけじゃない。”このチームにいる”彼が好き=@@寄り箱推し みたいな。だから他所(個人活動)しているときも見るけど、でもやっぱり基本はチームありき!(箱推し)っていう……あれなんか言っててわからなくなってきた。

まぁ人によってバラけてるかな~とか。

なにせその時時に見るもので惹かれるものなんて人それぞれですし。

世の中同担拒否さんとかいろんなタイプの人がいるのでちょっとそこら辺まで仔細に渡って私は言うことは出来ないんですが。

同担は拒否ではないけれど解釈の違いで苦手、っていう方もいますからね。人それぞれ。

 

ということで、そこから派生して自分なりにじゃにすとさんを考えてみた。

初見の印象は「ああ、なんか最初4人だったけど7人デビュー決まった子たちらしいよすごいねすごいねー良かったねー」でした。

周りに関ジャニファンの方がいたので聞いてて同じように良かったねとなって泣いていたので「へえ」となったわけです。それからええじゃないかを聞いて「へー」とさらになり、そこで私のうぇすとさんへの認識は途絶えました。

そう、顔すら知らない。誰がいるのかもさっぱり分からない。言ってしまえばジャニーズ色々だすなあすごいなあぐらいでした。

 

なんてったって「ごちそうさん」の杏ちゃんの息子であるかっちゃん役をやった西畑大吾くんは完全にジャニーズWESTだと思ってたぐらいですよ!!(笑)違うのか!!違ったのかごめん!!ってなってました。本当申し訳ない。

何なら「殿、利息でござる」で重岡くんがいることも全く気づいてなかったですよ。いや居るのは友達から試写会見に行った時に「重岡くんがいるらしいよ」っていうのを聞いてたのですが。でも正直重岡くんとへいせいじゃんぷの有岡くんと混在しまくってた挙句に名前を聞いて思い出すのは何故か伊野尾くんだった私は映画見て「えっこの子が重岡くん言うの」という有様でした。 本当その節はすいませんでした。

 

だから感想当時のを振り返ってみても明らかに彼の芝居についてしか見ていないし、ストーリーにおける阿部サダさんとのやり取りも重要として取り上げていたし手紙のシーンは印象に残っているわけでああだこうだ書いているわけですが。

世の中わからんなと心から思います。

 

で、あさが来たで桐山くんをちゃんと知ったわけです。「へえええええ」ってなって、「こういう人もジャニーズにいるのか!井ノ原くんと風間くん枠だ頑張って!」と思ったし、あさが来たは朝ドラーとしてあさイチとして見ていました。ちなみに彼のプレミアムトークもちゃっかり録画してありました。むしろ見ていました。八代目!八代目だよ八代目!!と思っていたので、まさか八代目のいるグループを見に行く日が来るとは思っていませんでした。

私の世界のジュニアに対する認識はジュニア黄金期の8時だJとか裸の少年一部しか記憶にないので(しかも真面目にちゃんと見ていたわけではない)はああああまじかあああとしみじみするかんじです。よのなかふしぎ。

 

まぁそんなこんなでした!(まとまってない)またこの子達に会いに行けたらいいなあと思います。

落ち込んだ時、辛い時会いに来てね、という言葉を言っていたのを聞いて明日から元気に頑張ろうと思えました。そういうところの「現実と夢の間」みたいな空間を作っていく人たちなんだろうなあって思った。ユニゾン・スクエア・ガーデンのシュガーソングとビターステップかな。うん。好きです。

後濱田さんはガチ恋枠だなと思いました。優しい器大きい兄貴肌。びっくりしました。ああ、すごいなあとしみじみ見ていて思う。

小さいお子さんとのほのぼのとした光景は見ていて心温まる光景でしたし上下しっかり見ているところもさすがです。

小瀧さんはニコニコとしてああこれが最年少…まばゆい…と震えたりだとか股下何センチなんだろうとか。藤井くんはドラマでちょこまか見かけるのですが歌っているときと踊っているときと皆と話しているときのギャップみたいなものが可愛いお人だなあと思いました。

 

ジュニアとのコミュニケーションも面白かったし「西畑くん!!あれがかっちゃんか!!かっちゃんだ!!!!」と多分自分の中で唯一わかる関西のジャニーズJr.(実際調べたらもっと分かるかもしれないけど)だったのでどの子だ……とにらめっこしてました。髪型違うから普通にイケメンで「あっイケメンだっ!」って思いました。本気でごめん。

 むしろあってる…?あの子で合ってるよね…?と超不安なんですがもし出てなかったら違う子イケメンだと思ってました あの子は 誰だ …!!!(笑)

 

コンサートツアーがちゃんと終わったらまた書けたらいいなあと思いつつ。

とりあえず初夏までのコンサート、怪我なく終わりますように。中間さんが切り傷をされたというのを聞いてハラハラしましたが、プロフェッショナルとして笑顔で切り抜けたと聞いてすごいなあと思います。私が入ったときは感じさせなかった(大丈夫だったのかなとは思いましたが、まったくそのこと言わなかったし全くそんな素振りなかったし、完全に笑顔で「偶像」を演じきっていて、本当に溜息出るレベルだった)。

でも、やっぱり怪我なく!楽しく!皆で作っていけるといいですね。

 

しかしそれにしたって、知り合いのジャニーズに全く興味がない友人各位にうえすとさんの説明すると桐山くんを軒並み「推せる」と言っておりまして。何が面白いってその友人が「アニメ・ゲーム・声オタ(立花慎之介君結婚おめでとう!)」「サッカーファン&審神者」「食べ歩き友達」という何もつながっていない3人だというオチ。

全員がその中で言う「桐山照史推せる」宣言。

八代目すげえ!って思うのと同時に「趣味:ダイエット 特技:リバウンド」のあっけらかんとしたところはジャンル問わずしてやっぱり素敵だなっていうのが伝わるんだなとしみじみ。

かっこいい三枚目というのは矢張り良いですよね。すごくわかります。

私も桐山くん好きです。というかみんなどっかしら抜けていて、でもちゃんとかっこいい、かわいいを作り上げようとしているというのが素敵だなと思いました。さらなるステージへ是非突き進んでいってくれますように。

今年の目標「知名度を上げる」が達成できますように。ちゃんとしたツアー感想記事はまた後日!お疲れ様でした!

 

……ということで自分用にちょっと雑な箇条書き。

出来事の感想ですが微妙にネタバレも混じってそうなので閉じておきます。

全部ツアーが終わってらDVDも出るだろうしその辺もまとめられたらいいなあ。

続きを読む

レアルvs鹿島を見つつ手越祐也のサッカー観を垣間見た日のこと

ジャニーズ サッカー

Q.クラブワールドカップについて興味がどのくらいありますか?

こんな質問をしたとして、多分サッカーファンの人は興味あるというと思います。

でも、一方で「クラブワールドカップとはなんぞや」という人もいると思いますし、普段追いかけている人でも「はあ、でも好きなのあくまでもJリーグだし。うちの子出ないし」って言う人もいると思います。私がそれです。

 

そもそもクラブワールドカップ何だよって言われると要するにめっちゃ強いところとめっちゃ強いところでやりあって一番強いところ決めるよって試合です

4年に一度のワールドカップが国と国のぶつかり合いだとしたら、クラブワールドカップは各チーム同士のぶつかり合いです。

いい例がぱっと思いつかなかったんですけど 嵐 vs EXO vs One Directionみたいな。いやでもワン・ダイレクションアイドルではないもんな~とか思うのですが。まぁそんなかんじで。うまいこと言えないんですがまぁ要するに「すごい奴らが戦う試合」って程度で覚えておいてくれればいいです。

んで、この大会において以前からやっていた手越祐也くん(NEWS)が今回は副音声をやっているということで見た感想をうっかり書くのを忘れていたのでせっかくなのでまとめてみました。

f:id:amanatsu0312:20161228231455j:plain

続きを読む